GMP入門シリーズ GMP入門、GMP文書・記録入門、バリデーション入門

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
2月
3月
4月
5月〜

化学・電気系 その他各分野
2月
3月
4月
5月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
ヘルスケア系ヘルスケア系化学・電気系化学・電気系
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


講習会収録DVD

★サンプルを用意しました。こちらをご覧下さい。
★実務者のGMP教育訓練に最適! / ★全18巻、各80-90分程度の内容です。
★PIC/S GMPをふまえて解説!

<高木肇先生のGMP入門シリーズ>

GMP入門シリーズセミナー

−GMP入門、GMP文書・記録入門、バリデーション入門−

講師

医薬品GMP教育支援センター 代表 高木 肇 先生

■講師紹介 <略歴>
 元塩野義製薬(株) 製剤技術部次長、エンジニアリング部次長、摂津工場製造第四長などを歴任。
 塩野義製薬にて固形製剤および無菌製剤の工業化研究、製剤包装棟(凍結乾燥製剤棟、アンプル注射剤棟など)の構築プロジェクト遂行、国内外関連会社への技術支援、無菌製剤の製造管理責任者など、製剤開発から工場運営に渡る幅広い任務を経験。

 取得特許  デキストラン類の凍結乾燥方法(特開平8-126685)など3件
 執筆    「凍結乾燥のバリデーション」(共著)、「GMP・バリデーション事例全集」(共著)
       「現場で直ぐ役に立つ 製造指図・記録書作成マニュアル」(共著)、「GMP初級読本」(共著)
       「医薬品の品質ガイドブック」(共著)など

 受賞    中国海南省優秀新製品評議審議委員会一等賞
       日本薬剤学会  製剤の達人
<専門分野・研究>
 ・凍結乾燥技術を始めとする無菌製剤製造技術全般
 ・製造管理(用水管理、空調管理、変更逸脱管理、異物対策、交叉汚染防止策など)
 ・衛生管理(防虫防鼠、清掃・消毒・滅菌・除染)
 ・バリデーション全般
 ・コンテイメント技術(産業衛生、アイソレータ技術)
 ・教育訓練
 ・PIC/S GMP(グローバル対応)
 ・ICH-Qトリオ
<本テーマ関連学協会での活動>
 平成22年 日本薬剤学会 「製剤の達人」受賞 (凍結乾燥技術に関して)

動画サンプル

<1>GMPを理解するために収録されているオリエンテーション部分です。
Flash形式に変換しておりますので、実際の動画はもう少しきれいに表示されます。その他サンプルはこちらから。

発売・収録日時/形式/付録

●発行日 2013年10月1日
  ※収録日(2013年)  第1部 5月23、24日 第2部 6月20、21日 第3部 7月18、19日

●形 式 DVD 77分〜101分×18巻
●付 録 講習会資料

価格

 購入形態   	定価
 各巻個別購入 	 10,000円 + 税
 6巻同時購入  	 50,000円 + 税
 12巻同時購入  	 90,000円 + 税
 全18巻セット購入	 120,000円 + 税

※ご購入の巻数を申込フォーム備考欄に記入下さい。
申込要領はこちらを参照

ポイント

 GMPは適用対象が広く関連法規類も多いことから、GMP担当者には高度の知見や豊富な経験が求められる。
 GMP担当者の経験・知識が不十分であると、査察や監査に適格に対応できないばかりか、製造業者等は受託製造等の機会逸失、あるいは製品回収トラブルを招き、企業イメージを大きく落としかねないリスクを負う。 しかし、最近は団塊世代の退職とともに、GMP担当者を育てる社内教育者が不足している。
 このため、GMP担当者育成の一助として、2日間に渡り、GMP担当者として知っておくべき必須知識とGMPの最新動向、ならびに経験に基づく事例を紹介する。

内容

第1部 GMP入門  第1巻〜第6巻

  <第1巻> 「GMP省令の概要」 78分
  <第2巻> 「品質保証について」 85分
  <第3巻> 「事例集」85分
  <第4巻> 「薬局等構造設備規則」88分
  <第5巻> 「異物・汚染対策」77分
  <第6巻> 「教育訓練、変更管理、逸脱管理」 101分


第2部 GMP文書・記録入門  第7巻〜第12巻

  <第7巻> 「文書に関するPIC/S GMPとのギャップ」 87分
  <第8巻> 「サイトマスターファイルの作成」 94分
  <第9巻> 「医薬品品質マニュアルの作成事例」 86分
  <第10巻> 「製造指図記録書の作成事例」 78分
  <第11巻> 「SOP作成上の留意点」 94分
  <第12巻> 「製造記録の作成」 96分


第3部 バリデーション入門  第13巻〜第18巻
  <第13巻> 「バリデーションの歴史と最新動向」 85分
  <第14巻> 「バリデーションの種類」 91分
  <第15巻> 「バリデーションマスタープラン」 87分
  <第16巻> 「支援システムのバリデーション例」 89分
  <第17巻> 「コンピュータ化システムバリデーション」 81分
  <第18巻> 「洗浄バリデーション」 87分

各巻の紹介

第1部 GMP入門  第1巻〜第6巻

<第1巻> 「GMP省令の概要」 78分
 1.日本の薬務関連法規・ガイド
 2.GMP省令制定の経緯
 3.GMPハードの要請
 4.GMPソフトとは
 5.何をルール化するか
 6.新GMP調査要領と新たな重点調査項目
 7.製造所、作業所、作業室、事業所とは
 8.区画、区分、区別とは
 9.製造業者等とは
 10.製造業者等が実施すべきこと
 11.医薬品、一般用医薬品、新薬(先発医薬品)、後発医薬品、医薬部外品とは
 12.責任者および製造管理者とは
 13.製造管理、品質管理とは
 14.製造部門の業務および品質部門の業務
 15.職員とは


<第2巻> 「品質保証について」 85分
 1.良い医薬品とは
 2.品質とは
 3.外観では良い品質かが分からないから
 4.品質部門(QC)によるチェック
 5.出荷可否判定者によるチェック
 6.自己点検によるチェック
 7.行政によるチェック
 8.自己点検とGMP調査の問題点と品質マネジメントシステムの必要性
 9.GMPは進化している
 10.PIC/S GMP対応時の留意点
 11.原料、中間製品、資材、製品、製剤、包装表示とは


<第3巻> 「事例集」 85分
 1.ロット管理
  1.1 製品のロット構成の考え方
  1.2 原料ロットの考え方
 2.保管管理
  2.1 製品等、資材の受入れ・保管上の注意
  2.2 原料、資材の受入れ・保管上の注意
  2.3 包装資材の受入れ・保管上の注意
  2.4 保管場所の考え方
 3.試験検査
  3.1 試験検査を省略ないし簡略化すするための要件
  3.2 他の試験検査機関を利用する場合の注意事項
 4.出庫管理


<第4巻> 「薬局等構造設備規則」 88分
 1.ハードへの要請概要
 2.保管場所の留意点
 3.内装材・仕上げの留意点
 4.施設専用化の要件
 5.清浄度の設定
 6.3極の空調要件のまとめ
 7.室内除染方法
 8.医薬品剤形と適切な空調システム
 9.アイソレータの留意点
 10.RABS方式とは
 11.室間差圧の設定
 12.日米欧三局方の製薬用水
 13.製薬用水(仕込水)の選択基準
 14.注射用水設備の設計
 15.TOC計および導電率計の留意点


<第5巻> 「異物・汚染対策」 77分
 1.異物、汚染、交叉汚染、混同とは
 2.法規・ガイドラインの汚染防止指針
 3.回収の対象となる医薬品
 4.異物対策
  4.1 原料中の異物対策
  4.2 異物除去(検出)装置
  4.3 異物発生経路の追跡法
  4.4 人由来異物対策
  4.5 プラスチック片対策
  4.6 金属、木、樹脂片対策
 5.防虫対策
  5.1 室内繁殖虫への対応
  5.2 徘徊虫への対応
  5.3 飛翔虫への対応
 6.昆虫相調査の留意点
 7.許容限度基準の設定
 8.交叉汚染防止の基本
 9.望ましい清掃手順
 10.混同防止の基本


<第6巻> 「教育訓練、変更管理、逸脱管理」 101分
 1.GMP省令の教育訓練規定
  1.1 力量とは
  1.2 教育訓練の種類
  1.3 実効性の評価
  1.4 教育訓練責任者の責務
  1.5 スキル登録(資格認定)
 2.GMP省令の自己点検規定
  2.1 自己点検(Self Inspection)と内部監査(Internal Audit)の違い
  2.2 内部監査の留意点
 3.変更管理の種類
  3.1 無→有の変更管理
  3.2 申請許可事項の変更管理
  3.3 基準、手順、社内規格、指図記録書の変更管理
  3.4 施設、設備、機械、機器の変更管理
  3.5 製造と品質の契約事項の変更管理
  3.6 変更管理手続きの書類
  3.7 クラス分けの事例
 4.逸脱、不適合、失敗、異常・故障とは
  4.1 逸脱管理の適用範囲
  4.2 逸脱のクラス分類
  4.3 試験規格外(OOS)の処理の手順


第2部 GMP文書・記録入門  第7巻〜第12巻

<第7巻> 「文書に関するPIC/S GMPとのギャップ」 87分
 1.PIC/S GMPの当局調査はどのように行われるのか
 2.PIC/S 加盟でGMP関連業務は減るのか
 3.PIC/S 加盟にあたっての行政側ポリシー
 4.改正されたGMP調査要領と新たな重点調査
 5.新たに調査前に提出する資料
 6.PIC/S GMPとJ GMPの比較
 7.PIC/S GMP第一章品質マネジメント
 8.品質リスクマネジメントとは
 9.品質マニュアルとGMP文書の関係
 10.PIC/S GMP第二章 人員
 11.PIC/S GMP第四章 文書化
 12.PIC/S GMPの要請する書類のまとめ
 13.工程加工指図書とは
 14.包装指図書とは


<第8巻> 「サイトマスターファイルの作成」 94分
 1.サイトマスターファイル(SMF)とは
 2.SMF提出時・記載時の留意点
 3.SMFへの記載事項
  3.1 企業の品質マネジメント(QMS)
  3.2 供給業者と委受託業者の管理
  3.3 品質リスク管理(QRM)
  3.4 年次レビュー
  3.5 施設(建物)
  3.6 設備機器
  3.7 文書化
  3.8 製造
  3.9 プロセスバリデーション
  3.10 品質管理
 4.SMFとGMP調査事前資料の比較


<第9巻> 「医薬品品質マニュアルの作成事例」 86分
 1.PQSの要素およびGMP要件との関連性
 2.タスクフォースの役割とGMPの関係
 3.マネジメントレビューSOPおよび関連文書
 4.経営陣の責任
 5.品質ポリシー
 6.品質計画/品質目標
 7.資源配置の最適化
 8.監査方法
 9.情報の伝達/共有化
 10.マネジメントレビュー
 11.原材料調達、委託業務、サプライチェーンの管理
 12.製造プロセスの稼働性能及び製品品質のモニタリングシステム
 13.是正措置及び予防措置(CAPA)
 14.評価方法
 15.変更マネジメントシステム


<第10巻> 「製造指図記録書の作成事例」 78分
 1.製造指図書に対する法の要件
 2.製造販売承認申請書と製造指図書原本の関係
 3.PIC/Sの要件
 4.cGMPの要件
 5.製造指図書に記載すべき事項
 6.SOPと製造指図記録書の関係
 7.事例集にみる注意事項
 8.製造指図記録書作成の基本
 9.作成事例
 10.コンピュータによる製造指図例


<第11巻> 「SOP作成上の留意点」 94分
 1.作業行動の3パターン
 2.3種のSOPとその役割
 3.SOPの主目的
 4.SOPの定義
 5.PIC/S GMPのSOP規定
 6.cGMPの規定
 7.SOPへの記載項目
 8.SOPの作成手順
 9.ダメなSOPの例
 10.SOPの留意点
 11.倉庫作業のSOP例
 12.秤量作業のSOP例
 13.液調製作業のSOP例
 14.手洗浄作業のSOP例
 15.査察時のSOP不備指摘事項


<第12巻> 「製造記録の作成」 96分
 1.記録書に期待すること
 2.年次レビューのための記録
 3.PIC/S GMPの要請
 4.記録書の要件/留意点
 5.データの信頼性
 6.生データとは
 7.製造記録書への記録事項
 8.試験記録書の注意点
 9.記録書に関する指摘事例
 10.製造指図記録書への指摘事項
 11.電子記録について
 12.電子記録の問題点
 13.電子記録に必要な措置
 14.電子記録の例


第3部 バリデーション入門  第13巻〜第18巻

<第13巻> 「バリデーションの歴史と最新動向」 85分
 1.バリデーションの歴史
 2.GMPとバリデーションの変遷
 3.ルールベースからプリンシパルベースの品質保証へ
 4.PIC/S GMP ANNEX15(適格性評価及びバリデーション)の概要
 5.バリデーションの新潮流
 6.バリデーション関連法規
 7.改訂バリデーション基準の概要
 8.製品ライフサイクル全域でのバリデーション
 9.継続的なプロセスベリフィケーション
 10.製品品質の照査
 11.変更予定のEUバリデーションガイドライン
 12.バリデーションでよくある誤解
  12.1 性能評価検討との混同
  12.2 工業化研究とバリデーションの混同
  12.3 GEP文書とGMP文書の混同


<第14巻> 「バリデーションの種類」 91分
 1.バリデーションの種類
 2.実施対象の改訂
 3.バリデーションの実施タイミング
 4.適格性評価
  4.1 DQ の事例
  4.2 IQ/OQの事例
  4.3 校正
  4.4 PQの事例
  4.5 ワーストケースとチャレンジテストとは
 5.コンカレントバリデーション
 6.プロセスバリデーション(PV)とは
 7.予測的バリデーション
 8.定期的な再バリデーション
 9.変更時のバリデーション
 10.回顧的バリデーション


<第15巻> 「バリデーションマスタープラン」 87分
 1.バリデーションマスタープラン(VMP)とは
 2.VMPの必要性
 3.VMPへの記載事項
 4.ユーザー要求仕様書の必要性
 5.VMPの目次例
 6.改訂バリデーション基準での取扱い
 7.事例集での解説
 8.バリデーション手順書とVMPの関係
 9.VMPと製品標準書の関係
 10.バリデーション実施計画書
 11.バリデーション実施報告書
 12.バリデーション責任者


<第16巻> 「支援システムのバリデーション例 89分
 1.空調システムバリデーション
  1.1 空調システムのDQ例
  1.2 IQ実施項目例
  1.3 OQ実施項目例
  1.4 校正実施項目例
  1.5 PQ実施項目例
 2.用水システムのバリデーション
 3.導電率・TOCの留意点
  3.1 IQ/OQの事例
  3.2 PQの事例
 4.蒸気滅菌機のバリデーション
 5.乾熱滅菌機のバリデーション
 6.濾過滅菌のバリデーション
 7.分析法バリデーション
  7.1 特異性とは
  7.2 直線性とは
  7.3 真度とは
  7.4 精度とは
  7.5 頑健性とは


<第17巻> 「コンピュータ化システムバリデーション」 81分
 1.CSVが求められる理由
 2.ERES指針とPart11
  2.1 電磁的記録の真正性について
  2.2 電磁的記録の見読性について
  2.3 電磁的記録の保存性について
 3.コンピュータ化システム適正管理ガイドライン
  3.1 ガイドラインの特徴
  3.2 ガイドラインの適用範囲
 4.PIC/S GMP ANNEX 11
 5.CSVに先だって実施しておくこと
 6.運用管理基準書の目次例
 7.運用責任者、開発責任者、検証責任者の業務
 8.ユーザーの業務と供給者の業務
 9.CSVの流れ
 10.システムテスト
 11.OQ/PQでの検証例
 12.カテゴリ分類とカテゴリ別対応例
 13.運用に入ってから実施すること


<第18巻> 「洗浄バリデーション」 87分
 1.洗浄バリデーションの目的
 2.日本の洗浄バリデーション規定
 3.原薬GMPガイドラインの規定
 4.PIC/S GMP ガイドラインの規定
 5.洗浄バリデーション実施計画書の目次例
 6.洗浄バリデーションのタイミング
 7.予測的バリデーションでの実施事項
 8.DQでの実施事項例
 9.IQ/OQでの実施事項例
 10.PQでの実施事項例
 11.洗浄に関する定期的な再バリデーション
 12.洗浄に関する変更時の再バリデーション
 13.洗浄に関するコンカレントバリデーション
 14.洗浄バリデーションの留意点
 15.手洗浄のバリデーション
 16.残留許容値の設定
 17.サンプリング方法の留意点

番号:BA131010

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

医薬品 倉庫・輸送の品質管理

粉砕の実務

脳・生理計測と感性評価

超親水・超撥水

2017年 医薬品GMP監査

失敗から学ぶ植物工場

治験薬の品質管理

二軸押出機

MW 臨床試験関連用語集

ウェアラブルセンシング

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.