レオロジー 入門 DVD

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
10月
11月
12月
2018年1月〜

化学・電気系 その他各分野
10月
11月
12月
2018年1月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


講習会収録DVD

★もっとも簡単にレオロジーの本質を理解できます!
★3000人以上指導した「わかりやすさ」を、是非、体験して下さい

レオロジーなんかこわくない!(DVD)

〜数式のないレオロジー入門〜(2011)

発売/収録日時

発売  2011年10月
収録日時 2011年6月23、24日  詳細、申込方法はこちらを参照

価格

購入形態定価
各巻個別購入10,000円 + 税
全6巻セット購入47,600円 + 税
2巻以上同時申込の場合1巻につき、9,000円 + 税

※ご購入の巻数を申込フォーム備考欄に記入下さい。

講師

日本ペイント株式会社 技術統括部 スーパーバイザー 上田 髏 先生
*日本レオロジー学会 理事・副会長
*日本化学会 理事
*コロイドおよび界面化学部会 幹事

動画サンプル

上田先生の自己紹介その他を収録。(DVD未収録:12分06秒)

形式/付録

形式 各巻DVD1枚。収録時間49〜80分ほど
付録 講習会資料

ポイント

■講演ポイント  レオロジーは必要だと思うが、敷居が高くてと思っている人たちに、レオロジーの目的や、どのように測定し、どんなことが解るかについて、数式をなるべく出さずに感覚で解るように解説する。
 また、今回は、単にレオロジーを知りたいという人だけではなく、講座の中で少しづつ入れていた「研究に対する心構え」、「課題形成を行うための心構えと特にその手法の紹介」も行っており、両者を混合する形で講義の構成を組 み直し、6章に分割した講義形式に変更した。

■受講後、習得できること
 ・レオロジーの基礎
 ・粘度測定
 ・粘弾性測定
 ・研究に対する心構え
 ・課題形成の方法

■これまでの参加者の主な感想
 ・2日間ですが、短く感じました
 ・実際の仕事に役立つ話が多く、大変参考になりました
 ・質疑応答の時間を多くとっていただいたのが良かったです。
 ・とても面白く、良かった。講義のプロだと感じた。
 ・レオロジーについては勿論、研究者の心構えや考え方等も交えていただき、大変勉強になりました。
 ・受講前と受講後で、まったく考え方が新たになりました。
 ・わかりやすかったです。とにかく実践が大事ということがわかりました。
 ・次回は、部下・周囲の部署にも参加させたい。
 ・こんな講師が、社内にいれば大変ありがたいと感じた。
 ・いろいろな意味で、目からウロコでした。帰ったらいろいろ試してみようと思います。

各巻の紹介

1.レオロジーとは2.溶液のレオロジー測定
3.原因追及のための試み4.固体の粘弾性測定
5.溶液の粘弾性測定と非線形6.課題形成のために


1.レオロジーとは (収録時間:53分)
  ・レオロジーの目的
  ・時間温度換算則
  ・ニュートンの法則とフックの法則
  ・マックスウェルとフォークト

2.溶液のレオロジー測定 (収録時間:69分)
  ・定常流測定とは
  ・流動曲線(チクソトロピーとダイラタンシー)
  ・キャッソンプロット
  ・流動曲線で何ができるか

3.原因追及のための試み (収録時間:62分)
  ・物の見方と右脳の働き
  ・食品のテクスチャーとレオロジー
  ・化粧品開発のレオロジー
  ・係わりある周辺測定(動的表面張力)

4.固体の粘弾性測定 (収録時間:80分)
  ・動的粘弾性測定とは
  ・動的粘弾性で何がわかるか
  ・合成波による周波数同時測定
  ・静的粘弾性(クリープと応力緩和)

5.溶液の粘弾性測定と非線形 (収録時間:49分)
  ・溶液粘弾性測定の治具と測定条件
  ・リサージュ図と非線形
  ・硬化過程と内部応力
  ・コックスメルツ則と粘弾性カルテ

6.課題形成のために (収録時間:65分)
  ・頭の中を空っぽにする(マンダラ図法)
  ・頭の中を描きだす(特性要因図/Mind Map)
  ・課題形成(なぜなぜとなんの為に)
  ・おまけ(二匹のカエル、天才秀才凡人)

番号:BA111001

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

機械学習・人工知能

高分子添加剤

2018カメラモジュール

GCPシステム監査

塗膜をよくするテクニック

WLO技術・応用・市場

医薬品GMP監査員必携

データインテグリティ要件と解説

リチウムイオン二次電池

製品品質照査

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.