医薬セミナー一覧/情報機構

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
5月
6月
7月
8月〜

化学・電気系 その他各分野
5月
6月
7月
8月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 GmpeopleGmpeople 月刊 化学物質管理Gmpeople
ヘルスケア系ヘルスケア系化学・電気系化学・電気系
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナーの一覧

2016年6月のセミナー


  セミナー価格表示について;
  弊社セミナーの価格表示については税込(8%消費税)とさせて頂いております。

化粧品の海外薬事規制動向2016
★3回継続研修★
6月20日
 
第1回 「EU及びASEAN化粧品規制の最新動向と詳細」
6月21日
 
第2回 「東アジア化粧品規制の最新動向と詳細」
7月11日
 
第3回 「米国化粧品規制の詳細及びその他諸外国の化粧品規制最新動向」
製剤技術継続研修2016
―各工程のトラブルにも耐えうる知識・技術を習得―
6月24日
 
第1回 「打錠用顆粒製造技術とトラブル対策」
7月22日
 
第2回 「錠剤製造技術とトラブル対策」
8月26日
→8月19日
 
第3回 「コーティング技術とトラブル対策」
事業に貢献する“強い特許”の構築ノウハウ
基礎・特許調査・出願戦略・明細書作成・拒絶理由通知など。一連の流れと勘所を掴む★全3回★
6月6日
 
第1回 「特許で事業を守りたい!」 〜特許の基礎から、特許調査の方法、特許出願戦略の立て方まで〜
6月7日
 
第2回 「強い特許を作る!」 〜強い特許明細書を作るための重要ポイント〜
6月22日
 
第3回 「拒絶理由を克服する!」 〜進歩性を上手に主張して審査官を納得させる技術〜
<講師は千葉大学・栗原伸一先生!>知識ゼロからの『統計学入門』3回継続セミナー
6月27日
 
第1回 「統計学」入門
7月25日
 
第2回 「実験計画法」入門
7月26日
 
第3回 「ノンパラと多変量解析」入門
6月3日
 
CEマーキング/RoHS(II)適合のための必須知識とEN50581に基づく技術文書作成ノウハウ
6月3日
 
(製薬工場見学付きセミナー)
試験検査室管理倉庫管理GMP査察対応
6月6日
 
生体計測のポイント
〜測定・解析のポイントと計測データの活用方法〜
6月6、7日
 
やさしい医療生物統計学超入門
6月7、8日
 
<講師と受講者がキャッチボールしてGMPを基礎から学ぶ>
実務に役立つGMP入門セミナー(超初心者向け+小演習)
6月7日
 
甘草栽培法と安定生産
6月8日
 
高薬理活性物質を取り扱う既存設備・装置封じ込め対応運用のポイント
6月8日
 
医療機器開発のための薬機法超入門
6月8日
 
EOG滅菌バリデーションの実施と日常管理のポイント
〜ISO11135/13485等の要求事項を踏まえて〜
6月9日
 
外原規・局方の活用術と化粧品・医薬部外品原料における規格及び試験法設定のポイント
6月9日
 
厚生労働省の調査事業で訪問したインドネシア、フィリピン、マレーシア及び中東の医療・医薬最新事情
医薬品及び医療機器メーカーの海外進出のために―
6月9日
 
乾燥操作の基本と勘所ーExcel演習付ー
6月9日
 
日本の化学物質法規制〜化審法および安衛法・毒劇法他の対応と実務〜
6月9、10日
 
初級者のためのGMP入門講座
6月9、10日
 
医療機器ソフトウェア設計開発リスクマネジメント
〜IEC62304とIEC60601-1/PEMSに適合する技術文書のまとめ方〜
6月9、10日
 
最初の一歩をスムーズに踏み出せる!多変量解析超入門
6月10日
 
(GxP規制下における)クラウド活用CSVセミナー
6月10日
 
体系的に学ぶ薬物動態学と毒性解析の基礎-対話形式で疑問を解決-【定員あり】
6月10日
 
ASEAN諸国当局・薬事制度の現状とACTD作成ノウハウ
6月10日
 
2015年(平成27年)医薬最新重要判例知財実務へのフィードバック
6月10日
 
統計学の考え方と活用方法 』〜入門者の第一歩として〜
6月10日
 
クリーン化技術のノウハウ〜ユーザー視点からのアプローチ〜
6月10日
 
義務化される労働安全衛生法に基づくリスクアセスメントの基礎と重要ポイント
6月13日
 
基礎から学ぶ!「研究開発テーマ」評価法
6月13日
 
クリーンルーム清掃異物から製品を守る
6月13日
 
界面活性剤の分離・分析技術
【GMP入門/GMP文書・SOP・記録書 セット申込可能】
6月14日 (1日で学べる)GMP入門−基本的事項を中心にして応用まで−
6月15日 GMP文書SOP記録書等の作成法
6月14日
 
医療機器臨床開発におけるGCP入門 〜初めて行う医療機器治験のすすめ〜
6月14日
 
危ない広告VS上手い広告 事例で学ぶ化粧品広告の注意点と対策
薬機法×景表法 グレーゾーンは本当にあるのか〜
6月14日
 
過熱水蒸気の基礎と有効利用のポイント【講師4名】
6月15日
 
(EU GMP改訂動向、PIC/S GMPを踏まえた)GDP対応におけるポイント
−流通過程のバリデーション、流通業・倉庫管理業も踏まえて−
6月15日
 
撹拌・混合 』技術の基本知識と実践ノウハウ 〜基礎、装置設計、スケールアップ、トラブル対策〜
6月15日
 
超臨界二酸化炭素の基礎と応用
−基礎的溶媒特性から先端応用技術(分離精製・材料創製・分析・バイオ・エネルギー分野)の最新動向まで−
6月16日
 
GMP調査員から見たGMP管理の問題点元PMDAの講師から学ぶ国際化を踏まえた適切で効果的な対応について〜
6月16日
 
体外診断用医薬品(IVD)の開発(臨床試験と薬事申請)
6月16日
 
医薬品の薬価戦略とマーケティングにおける医療経済・アウトカム研究の活用
HTA時代の製品価値最大化と新たな価値の創出〜
6月16日
 
実践SDS・ラベル作成【演習形式】
〜国連分類、混合物のGHS分類〜[受講後希望者には添削付きの課題を用意]
6月16日
 
粉粒体混合・分散のメカニズムから評価法、トラブル対策まで
6月16、17日
 
機械学習超入門セミナー(2日間)
6月17日
 
(CSVおよびIT・システム、ベンダー担当者のための)
GxP業務概要および業許可・認定管理基準の総合的理解
6月17日
 
GMP文書管理体制の構築のために〜GMP査察官の視点にて〜
6月17日
 
PIC/Sが要求する洗浄バリデーション基準〜実施における留意点〜
6月17日
 
放射線滅菌における滅菌バリデーション
〜他法との比較、滅菌バリデーションの内容および注意点〜
6月17日
 
スーパーフード最前線
〜需要拡大の背景と今後の展望、2020東京オリンピック開催を視野に入れた商品化の可能性を探る〜
6月17日
 
GMP監査実践力向上講座−製造所管理のための監査着眼点−
6月17日
7月1日
 
実践的な新規事業開発セミナー〜新規事業開発担当・技術開発部門が知っておくべき〜
6月20日
 
洗浄』技術〜洗浄の基礎、洗浄剤・洗浄装置の種類と特徴、 洗浄工程の実際と装置選定のポイント、清浄度評価〜
6月20日
 
脳波の計測技術と感性取得手法および製品開発への応用
【RoHS/REACH  セット申込可能】
6月20日 ストーリーで学ぶRoHS指令入門
6月21日 ストーリーで学ぶREACH規則入門
6月21日
 
製造販売業者による製造業者等の監査入門編
6月21日
 
医療機器監督管理条例改訂に伴う中国薬事規制の変化〜登録、臨床試験の現状と課題〜
6月21日
 
食品粉砕、造粒、乾燥操作の実務のポイント〜装置選定、スケールアップ、トラブル対策〜
6月21日
 
植物工場における高付加価値作物の栽培技術とビジネスチャンス【講師4名】
〜機能性植物・ハーブ・薬用植物・イチゴなど注目作物の可能性に迫る!〜
6月22、23日
 
英文メディカルライティングセミナー(2日間)
−英文CSR(治験総括報告書)作成のための実践講座−
6月22日
 
最新の規制要件をふまえたサプライヤのためのCSV〜入門からPIC/S・FDA対応まで〜
6月22日
 
化粧品の製造業者等へのGMP監査マスター
〜監査者は作業室内・文書記録類のどこを主眼に見るのか〜
6月22日
 
医療機器研究開発マネジメント実践
〜研究部門のテーマ設定とマーケティング,プロジェクトマネジメント〜
6月22日
 
GCPシステム監査実践方法
〜Risk based auditを踏まえた監査担当者養成講座〜
6月22日
 
ディープラーニング・リカレントニューラルネットの基礎と応用事例
6月22日
 
バイオマテリアルの基礎と細胞培養基材への展開
〜材料−細胞間の現象等の基礎から、様々な培養基材・三次元組織化技術の開発まで〜
6月23日
 
治験薬に係るすべてのこと教えます
〜治験薬GMPの基礎から出荷・保管・配送・交付まで〜
6月23日
 
商品開発のための「ユーザ―評価
官能評価の基本から、その質をたかめる考え方まで〜
6月23日
 
機械学習 入門 』〜基本知識から実データへの応用まで〜<考え方と可能性を理解する>
6月24日
 
医薬品特許期間延長制度について〜新たな審査基準を踏まえて、延長特許権の効力〜
6月24日
 
医薬品物流業務の3PL(業務委託)化成功のポイント及び監査から考えるGDP対応
〜医薬品をしっかりと患者さんにお届けするために〜
6月24日
 
GQP薬事業務(品質)実践対応
〜製販業の品質保証能力向上・PIC/S GMPとのギャップ対応〜
6月24日
 
国際共同開発契約の基礎と重要ポイント〜ここだけは押さえておきたい勘所に迫る〜
6月24日
 
3Dセンシング技術の基礎と応用〜物体認識を中心として〜
6月24日
 
吸着〜メカニズムから種々の吸着剤・装置の特性、吸着操作、実応用まで〜
6月27日
 
ビジネスモデル・デザインの考え方<新規事業開発を成功させる>−ケーススタディを通して基本を学ぶ−
6月27日
 
レオロジー特許にする方法
6月28日
 
実務的で効率的な医療機器QMSの構築−改正医療機器等法への早期対応−
6月28日
 
米国および周辺国における化学物質規制『化学物質・ワークショップ』
6月28日
 
移動ロボットの自律移動技術、安定化制御技術の基礎から各種分野への応用可能性
GMP入門シリーズセミナー(全3回)
5月26、27日
 
第1回 GMP入門
6月23、24日
 
第2回 GMP文書・記録入門
7月21、22日
 
第3回 バリデーション入門
医療機器海外薬事法規制と申請・登録、市場 <4回シリーズセミナー>
5月19日
 
第一回 「米国、欧州」
5月20日
 
第二回 「BRICS(中国除く)、カナダ、オーストラリア、メキシコ」
6月16日
 
第三回 「韓国・台湾・香港、中国」
6月17日
 
第四回 「ASEAN、中東」
CSV継続研修セミナー(4回シリーズ)
5月26日
 
第一回 「GAMP5」
5月27日
 
第二回 「PIC/S Annex11、Annex15とFDA査察等にみる
データインテグリティへ対応及びERESの解説」
6月23日
 
第三回 「厚労省コンピュータガイドラインの要件とその取組み(Q&A解説を含む)」
6月24日
 
第四回 「CSV文書の作成とCSV監査実習」
GVP・GPSPの基礎〜CTDとRMP、DSURとPBRER(4回シリーズ)
5月24日
 
第一回 「GVPのポイントとその実践」
5月25日
 
第二回 「GPSPのポイントとその実践」
6月21日
 
第三回 「安全性情報のCTD作成とRMP作成ポイント」
6月22日
 
第四回 「DSURとPBRERの作成ポイント」
知財情報戦略講座<理論習得とその実践―スキルアップのための>★全6回★
5月12日
 
第1回 「知財戦略の実践法」(修了)
6月9日
 
第2回 「更なる知財情報戦略手法応用
6月16日
 
第3回 「特許の経済的価値評価
6月23日
 
第4回 「海外知財の解析法
7月7日
 
第5回 「知財DDの実践法
7月14日
 
第6回 「知財情報による必須特許特定/用途開発(特化)手法
化学物質・環境規制ワークショップ2016 第5期 【特 別セミナー】
4月20日
 
第1回 『日本と海外のGHS最新動向』(修了)
5月11日
 
第2回 『中国における化学物質規制の最新トピック 』(修了)
6月28日
 
第3回 『北米・中南米における化学物質規制の最新トピック』
7月29日
 
第4回 『韓国・台湾における化学物質規制の最新トピック』
8月19日
 
第5回 『東南アジアにおける化学物質規制とサプライチェーン管理』
9月2日
 
第6回 『欧州および世界の化学物質規制、最新トピック』

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

雑誌 GMPeople

凍結乾燥

人工知能・機械学習・深層学習

本当に強い特許実務対応

改訂 食品包装材規制

食品・化粧品包装規制

カメラモジュール徹底解説

ハイバリアフィルム

滅菌とバリデーション

CFRP製品応用

化審法申請の実務

機能性植物の可能性

分野別のメニュー

化学・電気系分野別一覧

  電池・エネルギー

  植物工場他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許 INDEX
日本弁理士会 継続研修

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.