化学 データサイエンス セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
8月
9月
10月
11月〜

化学・電気系 その他各分野
8月
9月
10月
11月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2018/8/16更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

○ビッグデータ時代の昨今, データサイエンスの必要性は益々高くなっています!
○人工知能・ケモメトリックス・インシリコ・計算毒性学などのキーワードもおさらい!
○化合物(化学)を扱う上で必要となる基本技術を1から習得しましょう!

化学データサイエンティスト養成講座
<入門・基礎セミナー>

講師

株式会社インシリコデータ 代表取締役 薬学博士 湯田浩太郎 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
1979年3月 東北大学薬学部大学院薬学研究科 薬品合成化学 博士過程終了
博士論文「抗腫瘍性多環式アルカロイドの合成研究」
1979年7月〜1981年8月 
米国ペンシルバニア州立大学化学科 P.C.Jurs研究室 リサーチアソシエイト
研究テーマ「パターン認識による発癌性予測」
1981年9月 豊橋技術科学大学 第5工学系
研究テーマ:「NMRデータベースの構築」
1983年12月〜2009年6月
富士通株式会社 化学・製薬関連企業研究所の研究システム構築とコンサルタント
2009年7月〜2010年3月 
(独)国立環境研究所勤務 安全性予測システム関連業務に従事
2010年5月28日
株式会社 インシリコデータ 設立
取締役社長に就任

■専門および得意な分野・研究
・医薬化学 (Medicinal Chemistry)
・構造-活性相関 (Structure-Activity Relationships)
・化学多変量解析/パターン認識 (Chemical Multivariate & Pattern Recognition)
・計算機化学 (Computer Chemistry)
・計算毒性学 (Computational Toxicology)

■本テーマ関連学協会での活動
・構造活性相関シンポジウム幹事:1995年〜
・神戸大学クリニカル・ゲノム・インフォマティクス 人材養成ユニットでのADMEシミュレーション講義実施
・大阪大学臨床医工学融合研究教育センター 招聘教授 2005年〜2011年3月
・サイバー絆研究所 (Institute for Cyber Associates) 理事 2012年〜
・日本実験動物代替法学会 企画委員会委員 2013年〜
・CBIJournal 編集委員、評議員 2013年〜
・CBI学会、「計算毒性学」研究会 主査 2014年〜

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

『統計解析』 関連セミナー・書籍一覧へ
『GLP/研究開発/非臨床試験』 関連セミナー・書籍一覧へ

日時・会場・受講料

●日時 2018年10月24日(水) 12:30-16:30
●会場 [東京・駒込]滝野川会館3階303 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
 ビッグデータの時代となり、このビッグデータを処理/解析して新たな展開に役立てるデータサイエンティストの人材養成が喫緊の課題となっている。
 現在最先端の科学技術分野として化合物関連では、創薬、化合物毒性評価、機能性化合物デザイン、環境保全等様々な分野が展開されている。これら総ての分野でビッグデータを扱った研究の必要性が高まっている。
 化合物関連のデータサイエンスでは、前記の様々な分野での専門知識が必要であることに加え、化合物を扱う必要性から、化合物(化学)とデータサイエンスとの融合に関する様々な技術を知る必要がある。この結果、化合物を扱う分野でのデータサイエンティストは、単なるデータサイエンスでカバーする基本技術に加え、化合物とデータサイエンスとの融合技術の理解も必要となる。
 ここでは、このような技術を「化学データサイエンス」と命名し、この研究を実施する人を「化学データサイエンティスト」と呼ぶ。

■受講後、習得できること
・化学データサイエンスの全体概要を知る
・化合物関連研究分野でのビッグデータ活用法をイメージできる
・化合物関連研究分野でのコンピュータの利用技術を理解できる
・化学関連研究分野での人工知能技術の歴史や概要を知る
・インシリコ創薬、化合物デザイン、計算毒性学、ケモメトリックス等の概要を知る

■本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・医薬品開発関連規制
・CSV(コンピュータシステム・バリデーション)
・化審法、REACH、TSCA
・ボロニア宣言(3R’s: Reduction, Refinement, Replacement)

■講演中のキーワード
・データサイエンティスト
・ビッグデータ
・ケモメトリックス
・計算毒性学
・インシリコスクリーニング/創薬
・多変量解析/パターン認識
・化学関連人工知能

セミナー内容

1.化学分野の情報
  ・化学データ(アナログ)のデジタル化
  ・単数/複数化合物:SDファイル、蛋白ファイル
  ・一元一項対応

2.化合物検索
  ・完全一致検索
  ・部分構造検索
  ・三次元化合物検索

3.化合物入力時
  ・クリーン機能
  ・誤構造式入力チェック
  ・共鳴、互変異性体、-NO2等

4.二次元化合物の3次元化合物変換
  ・CONCORD,Corena
  ・MM利用
  ・MO利用

5.ケモメトリックス入門
  ・「ケモメトリックス」とは
  ・化学データの種類
  ・化合物に由来する化合物データ(パラメータ)

6.人工知能概論と化学分野の人工知能
  ・人工知能の歴史
  ・人工知能の二大手法(ルールベース型と機械学習型)
  ・ニューラルネットワークの展開

7.様々なコンピュータシステムの解説
  ・化合物データベースシステム
  ・化合物データ解析システム
  ・その他の化合物関連研究支援システム

8.化合物関連分野での様々なデータサイエンス適用事例
  ・創薬関連(インシリコスクリーニング、インシリコ創薬、ドラグリポジショニング)
  ・化合物毒性関連(脱毒性デザイン、毒性評価/予測)
  ・機器スペクトルデータを用いた解析
  ・医療分野への適用事例

<質疑応答>

セミナー番号:AA181035

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

洗浄の実務

GMP基礎教育

EV熱マネジメント技術

バイオインフォマティクス

数値限定発明

製造販売後安全管理対応

エポキシ樹脂

生体情報センシングデバイス

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.