東南アジア 特許調査 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
2月
3月
4月
5月〜

化学・電気系 その他各分野
2月
3月
4月
5月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2018/2/2更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

*その他 知財・特許 セミナー、書籍一覧はこちら:

弁理士の方へ:<日本弁理士会 継続研修認定対象講座>
当講座は日本弁理士会の継続研修としての認定講座です。
研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として5単位が認められます。
単位申請をご希望の方は「受講証明書の発行希望の旨」と「弁理士登録番号」をお申し込み時の備考欄にご記載下さい。詳細はこちら


★各国知財庁の特許検索サイトの上手な活用法とは?


東南アジア・インド特許調査
(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)

講師

アジア特許情報研究会 中西 昌弘 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■主経歴
1980年〜 オリンパス光学工業(株)入社
       約25年は事務機関連製品開発に従事
2010年〜 医療機器知的財産部門にて知財情報分析に従事
2011年〜 アジア特許情報研究会に所属し、新興国チームのリーダーとして新興国特許情報の調査研究を実施
     JPO・JETRO主催会議での講演/WIPO主催新興国特許庁ワークショップでの講演/民間会社主催セミナーでの講演活動
     INFOPROシンポジウム発表
     JAPIO YearBook(2015〜2017) 執筆

■専門・得意分野
各国知財庁・DOCDB・PatentScope等の知財庁サイトから入手可能な情報の分析活動
研究対象国
・特許情報インフラが整備された東アジア(CN・KR・TW)以外のアジア諸国
・中東・アフリカ・中南米

■本テーマ関連の学会・協会・団体等
アジア特許情報研究会

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2018年3月14日(水) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階第3グループ室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■セミナーポイント
 この数年日本企業の東南アジアへの進出が目覚ましく、市場としてのみならず開発・生産拠点としての重要性が増して、諸国の特許(知的財産)情報を調査する必要性に迫られている。しかし東南アジアや南アジアの特許情報へのアクセス性は、中国・韓国・台湾等の東アジア諸国と比較すると、非常に難しいと言わざるを得ない。
 経済の流れを追うがごとく、各社から販売されている商用特許データベースでも、東南アジア諸国の特許情報の収録が強化されている。しかし高額なオプションを別途契約する必要があったり、収録が「疎ら」であったりというのが実情である。
 当セミナーでは各国知財庁が運営する無償の特許検索サイトを利用して、南アジア・東南アジア諸国の特許を調査する方法、および各国知財庁検索サイトの諸問題を紹介する。

■受講後、習得できること
・各国知財庁から無償で公開されたサイトを使って、諸国の特許を検索する方法が習得できます
・どの国では、どの程度のレベルでクリアランスを確保できるのかがわかります
・商用データベースをお使いの方は、その商用データベースがどの程度の収録率なのかを推定する情報が得られます

セミナー内容

1.はじめに
 1.1 非新興国(JP・US・EP)の侵害防止調査
 1.2 新興国の侵害防止調査では?

2.各国データベース操作・実態

 2.1 各国知財庁DBの前に
 2.2 ID インドネシア
 2.3 MY マレーシア
 2.4 PH フィリピン
 2.5 SG シンガポール
 2.6 TH タイ
 2.7 VN ベトナム

3.まとめ

<質疑応答>

セミナー番号:AA180369

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

マテリアルズ・インフォマティクス

セルロースナノファイバー

製造業IoT/AI

医療機器QMS

LC-MS/MS定量分析

機械学習・人工知能

高分子添加剤

2018カメラモジュール

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.