特許 IPランドスケープ FTO調査

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
1月
2月
3月
4月〜

化学・電気系 その他各分野
1月
2月
3月
4月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2017/11/22更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

*その他 知財・特許 セミナー、書籍一覧はこちら:

弁理士の方へ:<日本弁理士会 継続研修認定対象講座>
当講座は日本弁理士会の継続研修としての申請中の講座です。
研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として3.5単位が認められる予定です。
単位申請をご希望の方は「受講証明書の発行希望の旨」と「弁理士登録番号」をお申し込み時の備考欄にご記載下さい。詳細はこちら


特に新規事業を始められる方、M&Aを検討されている方必聴!
【知財マネジメント】を徹底解説!
知財の側面から、事業の分析・評価が出来るようになります。

知財ポートフォリオ・IPランドスケープの
分析、評価、見方および手法

〜アカデミア、ベンチャー・スタートアップ、起業家、新規事業、M&A担当者はもとより、ベンチャーキャピタル(VC)、金融機関等、特許等知的財産の評価に携わる方が留意すべき点〜

講師

山本特許法律事務所 特許グループ 弁理士 薬学博士 駒谷剛志 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご経歴
1969年 大阪生まれ
1992年 東京大学薬学部卒業(同年薬剤師国家試験合格(登録済、現漢方薬生薬認定薬剤師))
F. Hoffmann-La Roche研究員 (スイス、バーゼル)を経て
1998年 東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程修了(博士(薬学))
同年  山本秀策特許事務所入所
2000年 弁理士登録
2004年 侵害訴訟代理付記登録
2012年 英国知財専門誌Pharmaceutical Patent Analyst Editorial Board(現任)
2012年 国際知的財産保護協会(AIPPI)特別委員会(Special Committee;
現常設委員会(Standing Committee))Q94委員(現任)
2013年 知的財産管理技能士登録(1級、特許)
2013年 大阪大学大学院技術アセスメントコースG-TEC2013修了(首席)
2014年 山本特許法律事務所 (改組・転籍)
2014年 大阪大学大学院ベンチャーアセスメントコースG-TEC2014修了
2014年 知的財産管理技能士登録(1級、ブランド)
2015年 同(1級、コンテンツ)
2016年 認定薬剤師登録(漢方薬生薬)
2017年 AIPE知財アナリスト認定
    AIPPI常設委員会(Standing Committee)Q166(GRIP-TK委員)(現任)
    日本製薬医学会・EU PharmaTrain認定 製薬医学コース修了
    大阪大学国際医工情報センタークリニカルリサーチプロフェッショナルコース修了

■ご専門および得意な分野・研究
知的財産権実務(特許、特許延長登録、商標、意匠、実用新案、品種登録、微生物寄託等の出願、権利取得、中間処理、審判、訴訟(侵害訴訟含む)、外国出願、調査、コンサルタント)、デューデリジェンス、知財アナリシス、知財教育、知財関連の薬事業務調査・コンサルタント、薬事申請(FDA等)支援、研究開発コンサルタント、ベンチャー・起業の知財ベースのコンサルティング

■本テーマ関連学協会でのご活動
日本弁理士会、アジア弁理士協会(APAA)、国際知的財産保護協会(AIPPI)、日本薬学会、日本薬剤師会、米国科学振興会(AAAS)、日本知財学会、知的財産管理技能士会、日本製薬医学会、大学技術移転協議会(UNITT)

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2018年3月16日(金) 12:30-16:30
●会場 [東京・東陽町]江東区産業会館2階第6展示室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
アカデミアやスタートアップ・ベンチャーに限らず、新規事業を行う際やM&Aの際には知財マネジメントは必須である。その際、特許等の知的財産情報の調査、およびそれに基づいて策定される知財ポートフォリオは、どのような形式で作成するにせよ、重要な成果物である。
最近は、単純な特許マップの作成にとどまらず、IP(知財)ランドスケープに代表されるように、非特許情報・金融情報等を取り混ぜ様々な視点の分析、評価が開発され、実際の事業展開に利用されている。
本講座では、その分析手法を紹介し、評価、見るポイントを最新のツールや知見をもとに紹介する。

■受講後、習得できること
・特許マップ・IPランドスケープの作成、分析、評価の習得
・特許マップ・IPランドスケープに基づく、知財戦略を立てられる
・知財ポートフォリオの策定し、評価することができる
・事業戦略に知財戦略を組み込むことができる
・投資先の事業を知財の側面で分析・評価できる

■本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・特許法等知財関連法、ガイドライン

■講演中のキーワード
特許、知財(知的財産)、IPランドスケープ、戦略・評価、ベンチャー・スタートアップ、FTO(クリアランス)調査

セミナー内容

1.知的財産と起業・事業化の関係
  1−1 知的財産権制度について
 1−2 知的財産権制度は、他人の成果へのフリーライドの規制であり参入障壁
 1−3 起業・事業化のための知的財産と権利
 1−4 知財権のコストと実効性
 1−5 知財と資金調達

2.知財評価の実際
 2−1 知財評価の基礎
 2−2 知財の調査・分析手法
 2−3 知財の評価〜IPランドスケープ
 2−4 知財評価の成果物の見方
 2−5 具体例で学ぶ知財評価
 2−6 知財評価ベースの研究開発の効率化・精緻化

3.知財評価の手法とこつ:非専門家が注意すべき点、専門家に任せるべき点
 3−1 知財の評価基準
 3−2 FTO(Freedom-to-Operate;クリアランス)調査とその実際
 3−3 非専門家でも見るべき点
 3−4 専門家に任せるべき点
 3−5 知財評価の依頼のポイント・タイミング

4.知財評価とDue Diligence(DD)
 4−1 そもそもDue Diligenceとは?
 4−2 企業価値、その評価手法と知財DD〜M&A・ライセンシング・投資
 4−3 知財DDとシナジープレミアム・リスク評価
 4−4 知財DDの総合的活用
 4−5 ベンチャーキャピタル(VC)、金融機関がみるべき点

5.まとめ
 5−1 アカデミア/スタートアップ・ベンチャー系の留意点
 5−2 establish系企業担当者(新規事業・M&A)の留意点
 5−3 支援側(ベンチャーキャピタル(VC)、金融機関)の留意点

<終了後、質疑応答>

セミナー番号:AA180331

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

セルロースナノファイバー

製造業IoT/AI

医療機器QMS

LC-MS/MS定量分析

機械学習・人工知能

高分子添加剤

2018カメラモジュール

GCPシステム監査

塗膜をよくするテクニック

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.