技術者の知財教育 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
7月
8月
9月
10月〜

化学・電気系 その他各分野
7月
8月
9月
10月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2018/7/3更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


技術者の知財教育 セミナー

*その他 機械学習・ディープラーニング・人工知能: 関連セミナー、書籍はこちら:

弁理士の方へ:<日本弁理士会 継続研修認定対象講座>
当講座は日本弁理士会の継続研修としての認定予定講座です。
研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として外部機関研修として5単位が認められる予定です。
単位申請をご希望の方は「受講証明書の発行希望の旨」と「弁理士登録番号」をお申し込み時の備考欄にご記載下さい。詳細はこちら


★企業担当者は他者に打ち勝つため、特許に対しどのようなことを把握し意識しておくべきか、実務をふまえ解説!
特許意識をいかに伝え浸透させていけば良いのか、知財教育の考え方や実際の取り組みについてもお話します。

技術者知財意識

その養成・仕組みつくり

〜技術者の強みを活かす特許出願戦略実現のために〜

講師

知財コンサルタント&アナリスト  菅田 正夫 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

*ご略歴・ご活動:
 キヤノン株式会社にて、上流系技術開発(a-Si系薄膜、a-Si-TFT-LCD、薄膜材料〔例:インクジェット用〕など)に従事後、技術企画部門(海外の技術開発動向調査など)をへて、知的財産法務本部特許・技術動向分析室室長(部長職)など、技術開発戦略部門を歴任。
 現在は、知的財産権のリサーチ・コンサルティングやセミナー業務に従事する傍ら、「特許情報までも活用した企業活動の調査・分析」、さらには活動の幅を広げ、知財情報をベースとする連載執筆など、知財アナリストの知見を活かした業界動向分析を多分野にわたり行っている。

*寄稿:
 2010年「企業活動における知財マネジメントの重要性―クローズドとオープンの観点から」
 『赤門マネジメント・レビュー』 9(6), 405-436
 http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR9-6.html
 2011年〜「知財コンサルタントが教える業界事情」(第6回以降担当)
 http://www.itmedia.co.jp/keywords/mono_ipconsultant.html
 2012年〜「知財で学ぶエレクトロニクス」
 http://www.itmedia.co.jp/keywords/fpro_electronics_ip.html
 2014年6月28日 弁理士の記念日講演会
 『3Dプリンタ技術の新潮流 〜温故知新で知財とともに次世代ビジネスに挑む〜』(大阪)
 「基調講演2:3Dプリンタの技術開発動向と知的財産戦略」
 https://system.jpaa.or.jp/patents_files_old/201412/jpaapatent201412_118-127.pdf
 「パネルディスカッション」
 https://system.jpaa.or.jp/patents_files_old/201412/jpaapatent201412_136-147.pdf
 他多数

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2018年9月6日(木) 10:30-16:30
●会場 [東京・新宿]新宿エルタワー22階RYUKA知財ホール →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

 企業の方々は、知的財産の重要性をすでにご存知であり、企業競争力の源泉であることもご理解されていることと思います。しかしながら、多くの企業では、技術開発とその後の製品出荷が連続的になってしまいます。そのため、知的財産(とりわけ特許出願)をなんとなく社内的問題と考えてしまい、ついつい後回しにしてしまう事例も多いことと思います。
 ノウハウとして守られていればまだしも、「製品開発の技術成果である特許や意匠」の出願を遅らせたり、出願することなく放置させたままにすれば、「競合他社に対する市場での製品の競争力」が失われるリスクが大きくなります。「技術開発とは、課題を探索して解決すること」であり、「特許明細書とは、技術開発者によって、新たに見出された技術課題の解決策が具体的に示されたもの」です。
 このように、特許権の取得に至って初めて研究開発の目的が達成され、他社に対する優位性が得られることを全社的に意識付け、実際の取り組みを進める必要があります。
 しかし実際には、知的財産の重要性そのものは理解しているものの、つい後回しにしてしまうだけではなく、「各部門や担当者」と「知財意識の希薄な経営層や技術者など」との間には意識の乖離も見られ、各部門・社内への知財意識の浸透・知財教育に苦慮するケースも数多く見受けられます。
 特に昨今「知財センスを備えた技術開発」を行う必要性が高まってきており、それに伴う社内体制が求められていますが、このような状況では先行する他社との差は開く一方となってしまいます。
 そこで本セミナーでは、知財になじみのない技術者・初級者の方などが特許に対しどのようなことを把握し意識しておくべきか、技術開発を行う際の特許に対する留意点やその実務を解説します。
 また知財意識の希薄な方に向け、それらをいかに伝え浸透させていけば良いのか、その考え方や取り組みについてもお話します。

 実際の取り組みの一例として、発明創出・部門連携に向けた、「自社の技術開発の仕組み」への「発明メモ」の活用があります。
 ・定期的な決められた時間を設け(たとえば、毎週30分でも)、
 ・技術者が日常的な活動の中で取り組んでいる「技術課題の発掘」と、
「その解決策の探索」を見つめ直す習慣つくりをめざすことをお勧めします。
 技術開発部門の方々には、
 ・「簡単な文章化やポンチ絵を残す」ことを、個人と組織の習慣として根付かせ、
 ・知財部門や外部特許事務所の協力を得て、「技術開発に先立つ特許出願」を実践する
ことを提案させていただきます。
 知財部門の方々には、自社における「組織的な知財への取り組みに関する、仕組みつくりのヒント」を得ていただきたいと思います。
 そして、技術開発者と知財担当者をつなぐ、「簡単な文章化やポンチ絵」は、
 ・「根底にある技術思想」や「技術開発者の思い」を伝えきれるものになっているか?
 ・「10〜20年後までを意識」したら、どのような提案にすべきか?
を常に意識して作成する必要があります。
 このような具体的な取り組みを通じ、「知財センスを備えた技術開発」 のための社内体制の構築に向けた方策を示します。
 技術開発部門や知財部門のマネジメントを担う方々には、
 ・知財の重要性を経営層に理解してもらうには、何をどう伝えたら良いか?
 ・自他部門のメンバーの知財意識を高める工夫
について、自社でも実現可能な工夫のヒントを持ち帰っていただきたいと考えています。

○お願いの件:
 前もって「ご質問事項」などをお送りいただければ、可能な範囲で「配布資料」に反映させていただきます。ご参加の方々との対話を通じて、セミナーをより充実したものにしたいと思っています。

○受講対象:
 ・特許を意識した研究開発活動を行いたいとお考えの研究開発者・技術者の方
 ・知財意識を社内に浸透させる必要があるが、どのような内容をいかして伝えていけば良いのか苦慮されている知財担当の方・さらには、社内の知財意識向上に日頃悩まれている経営層の方
 ・技術者の知財教育に携わる方
 など

○受講後、習得できること:
 ・技術者が知っておくべき発明・特許出願の知識
 ・発明の創出法・戦略的な特許出願のすすめ方
 ・技術開発の仕組みに知財の考え方をどのように組み入れるか
 ・技術者に発明創出・特許出願を促すための工夫について
 ・社内のメンバーに知財の重要性を理解してもらい、その知財意識を高める工夫のヒント
 など

セミナー内容

1.はじめに
 1.1 企業活動と知的財産
 1.2 企業における特許出願とは?

2.企業における特許とは?
 2.1 「企業が取得すべき特許」とは?
 2.2 企業が取得すべき「強い特許」とは?
 2.3 企業の取得すべき「最強の特許」とは?
 2.4 企業における特許の役割
 2.5 特許をもてば、何ができるのか?

3.企業における「戦略的特許出願」とは?
 3.1 パテントポートフォリオマネジメントが第一歩
 3.2 企業では、「コスト意識」をもつことが重要!
 3.3 企業における「戦略的特許出願」の在り方
 3.4 「戦略的外国特許出願」とは?
 3.5 知的財産権:「技術進化の方向性」まで支配可能!
  参考)条件付き期間限定無償開放の実態は・・・
 3.6 「企業が保有すべき特許件数」の目安
 3.7 知財権ミックス戦略の意義

4.常に特許を意識した技術開発に取り組もう
 4.1 技術だけでは,企業間競争に勝てない!
 4.2 特許:価値と強みを維持する工夫
  参考)ICT分野の特許の実態
  参考)デジタル化*ネットワーク化 v. 特許の実態
 4.3 常識を疑え! 医薬品業界にも,大量特許出願はある!
  参考)医薬品業界:バイオ医薬品が台頭
  参考)医薬品市場:バイオ薬品の比率
 4.4 医薬品業界:知的財産戦略の指針は?
 4.5 さまざまな業界に広がる知財訴訟の波
 4.6 「改良発明」が事業を守る!
  参考)「他社参入障壁の構築」とその維持

5.技術者なら、特許の発明者になろう!
 5.1 企業における特許の役割:再確認
 5.2 企業:発明と発明者
 5.3 技術者なら、後世に名前を残そう!

6.技術開発着手に先立つ特許出願を考えてみよう
 6.1 特許を意識した技術開発
 6.2 「特許先行出願型設計/開発」への転換
 6.3 特許情報 v. 技術開発動向
 6.4 技術者の力量 v. 特許出願から公開までの1.5年ブランク
 6.5 特許情報のもつ二面性(技術情報・権利情報)
  参考)特許情報:更なる有効活用
 6.6 「知的財産の役割」に変化が起こっている!
 6.7 「特許出願件数が少ない」のはなぜか?

7.週に一度は、特許のことを考える時間をつくろう
 7.1 キヤノン:特許重視の企業文化
 7.2 「先人の取り組み」に学ぶ
 7.3 キヤノンの取り組み:他企業との差異は?
 7.4 自社技術を守る仕組み
 7.5 特許で自社技術を守る仕組み
 7.6 特許出願戦略:攻守それぞれの立場から
 7.7 自社技術をどう守る?
  参考)特許出願の要否:「判断基準書」を手に審議を!
 7.8 「ノウハウ」をどう扱うべきか?
  参考)「先使用権の主張」にはリスクが伴う!
  参考)先使用権制度を活用すべきか否か?
  参考)特許? それとも ノウハウ?
  参考)特許出願をどう進めたら良いか?
  参考)事業戦略と知財戦略の連携策
 7.9 「企業が保有すべき特許件数」の目安
 7.10 知財交渉:特許の質だけでなく、量も問われる

8.競合の特許明細書を読んで、技術開発のヒントを得よう
 8.1 企業活動:特許情報をどう活かす?
 8.2 ビジネスモデルのデザイン:特許情報を活用
 8.3 特許情報:「ビジネス情報源」にする読み方
 8.4 特許情報分析:「3×3シート」を活用
 8.5 「3×3シート」:競合との競争力比較にも活用
 8.6 特許明細書:効率的な読み解き方
  参考)コンセプト提示:意思決定者に投資を促す
 8.7 「ビジネスモデルキャンパス」を活用
 8.8 ビジネスモデルデザイン v. 特許情報
 8.9 「求められているもの」を「形」にする

9.「開発すべき技術課題」と「その解決策」を、発明者メモに残そう

 9.1 発明視点からみた、特許明細書の4要素
 9.2 発明創出法:特許明細書から学ぶ
 9.3 技術課題の解決手段:新たな技術課題を内在
 9.4 新たな課題に相当するか/否か?:判定法
 9.5 新規性と進歩性:主張方法は?
  参考)「進歩性」という表現そのものが誤り!
 9.6 進歩性の主張:従来技術との距離

10.「発明メモ」こそ、知財部門/外部特許事務所との連携ツール
 10.1 「発明メモ」を描いてみよう!
 10.2 「発明メモ」を描く意義は?
 10.3 「発明メモ」で、忘れてはならないこと!
 10.4 「発明メモ」のできあがり!
 10.5 特許権獲得につながる発明創出方法

11.知財意識を向上させる「知財の仕組み」つくり
 11.1 発明推進マネジメントの要諦
 11.2 気楽に「発明提案書」を書こう!
 11.3 企業/事業と知財部門
 11.4 社内取り組み:「強い特許」を生み出す工夫
 11.5 「アイデアを活かした,質の高い提案書」を作成
 11.6 キヤノンの知財人材育成:すでに新人研修にも変革あり
 11.7 「提案型知財部門」への意識改革が進展
 11.8 今後の日本企業の 知財部門が求める人材

12.「後発でも、勝てる特許出願戦略」とは?
 12.1 「後発でも、勝てる特許出願戦略」とは?
 12.2 先行特許への戦略的対抗策
 12.3 「先行企業特許網の傘下」に食い込め!
  参考)後発でも特許査定:残るは訴訟リスクのみ!
 12.4 「数値限定特許」の活用:リスクも伴う!
  参考)数値限定特許の要諦
  参考)数値限定特許:特許係争事例
 12.5 「先行企業とは無縁の代替技術」を手にする!
 12.6 「先行特許網傘下の特許」を多数出願

13.まとめ 〜夢こそが想像力/創造力を刺激!〜

  <質疑応答>

セミナー番号:AC180961

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

EV熱マネジメント技術

バイオインフォマティクス

数値限定発明

製造販売後安全管理対応

エポキシ樹脂

生体情報センシングデバイス

2018年版 CLP対応ラベル・SDS

規格試験

マテリアルズ・インフォマティクス

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.