知財活動、経営戦略、知財ポートフォリオ、ランドスケープ、知財意識付け、パテントマップ

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
6月
7月
8月
9月〜

化学・電気系 その他各分野
6月
7月
8月
9月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2018/6/18更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


知財活動、経営戦略、知財ポートフォリオ、ランドスケープ、知財意識付け、パテントマップ

★社内で知財意識付けにお困りの方、成果に結びつけられる知財活動を実践したい方へ部門毎、ケース別の知財活動の進め方からその可視化まで、豊富な事例とワークショップを交えて解説致します。

社内における知財教育と風土構築の進め方
及び意識の不足によるリスク

講師

山本特許法律事務所 特許グループ 弁理士 博士(薬学) 駒谷 剛志 先生
                   ※正式には「駒」は馬偏に「勺」と書きます

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
1969年 大阪生まれ
1992年 東京大学薬学部卒業(同年薬剤師国家試験合格(登録済、現漢方薬生薬認定薬剤師))
F. Hoffmann-La Roche研究員 (スイス、バーゼル)を経て
1998年 東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程修了(博士(薬学))
同年  山本秀策特許事務所入所
2000年 弁理士登録
2004年 侵害訴訟代理付記登録
2012年 英国知財専門誌Pharmaceutical Patent Analyst Editorial Board(現任)
2012年 国際知的財産保護協会(AIPPI)特別委員会(Special Committee;
現常設委員会(Standing Committee))Q94委員(現任)
2013年 知的財産管理技能士登録(1級、特許)
2013年 大阪大学大学院技術アセスメントコースG-TEC2013修了(首席)
2014年 山本特許法律事務所 (改組・転籍)
2014年 大阪大学大学院ベンチャーアセスメントコースG-TEC2014修了
2014年 知的財産管理技能士登録(1級、ブランド)
2015年 同(1級、コンテンツ)
2016年 認定薬剤師登録(漢方薬生薬)
2017年 AIPE知財アナリスト認定
    AIPPI常設委員会(Standing Committee)Q166(GRIP-TK委員)(現任)
    日本製薬医学会・EU PharmaTrain認定 製薬医学コース修了
    大阪大学国際医工情報センタークリニカルリサーチプロフェッショナルコース修了
2018年  UNITTライセンスアソシエート研修修了(応用)

■専門および得意な分野・研究:
知的財産権実務(特許、特許延長登録、商標、意匠、実用新案、品種登録、微生物寄託等の出願、権利取得、中間処理、審判、訴訟(侵害訴訟含む)、外国出願、調査、コンサルタント)、デューデリジェンス、知財アナリシス、知財教育、知財関連の薬事業務調査・コンサルタント、薬事申請(FDA等)支援、研究開発コンサルタント、ベンチャー・起業の知財ベースのコンサルティング

■本テーマ関連学協会での活動:
日本弁理士会、アジア弁理士協会(APAA)、国際知的財産保護協会(AIPPI)、日本薬学会、日本薬剤師会、米国科学振興会(AAAS)、日本知財学会、知的財産管理技能士会、日本製薬医学会、大学技術移転協議会(UNITT)

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2018年8月31日(金) 12:30-16:30
●会場 [大阪・天満橋]エル・おおさか501会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■はじめに
 企業経営者にとって、経営課題に対して成果を上げられる知財活動でなければ意味がない。したがって、経営課題に対して成果を上げられる知財活動を理解することが必要である。
 そして、成果を上げられる知財活動のためには、社内における知財教育と風土構築を着実に行う必要があり、日常化する必要がある。
 知財活動を成果に結びつけるためには、社内全体が知財活動を意識できるように構成する必要がある。

■ご講演中のキーワード:
知財活動、経営戦略、知財ポートフォリオ、ランドスケープ、知財管理、営業秘密

■受講対象者:
 アカデミアやスタートアップ・ベンチャーはもとより、中小企業、大手企業など、知財活動を必要とするすべての方と日本における「知財活動」意識の啓もうに取り組みたいと考えています。

■必要な予備知識:
特に不要ですが、知的財産管理技能士3級以上の知識があると好ましいです。

■本セミナーで習得できること:
・社内・組織内における知財活動の現状評価
・社内・組織内における知財活動の構築
・社内・組織内における知財活動の実践
・特許・知財のマップ・ランドスケープに基づく、知財戦略・ポートフォリオ構築
・事業戦略に知財戦略を組み込むことができる
・知財デューデリジェンス(知財DD)に耐えうる組織の構築

セミナー内容

1.はじめに
 1.1 知的財産権制度
 1.2 知財戦略と知財ポートフォリオ
 1.3 知財活動と日本の組織・海外の組織
 1.4 最近のトレンド〜AI/IoTや複合分野
 1.5 小括

2.武器としての知的財産権〜各国最新判例に基づく戦略
 2.1 特許権
 2.2 意匠・デザイン
 2.3 商標
 2.4 ノウハウ・営業秘密
 2.5 新しいタイプの知的財産権(例えば、データベース)
 2.6 社内体制と知的財産権

3.知財活動のあるべき姿
 3.1 知財意識不足によるリスク
 3.2 知財戦略と経営戦略・個別戦略
 3.3 知財活動の目的と意義
 3.4 知財と企業価値
 3.5 理想的な知財活動

4.現状分析と改善提案
 4.1 現状の分析とあるべき姿との対比
 4.2 知財の課題分析
 4.3 知財活動
 4.4 知財の成果
 4.5 経営課題・成果への組み込み
 〜起点は経営者の事業意思や事業投資であり、「知財ありき」ではないことの認識

5.事例から学ぶ知財活動の構築と実践
 5.1 事例紹介
  5.1.1 事例紹介@ 大手企業の例@
  5.1.2 事例紹介A大手企業の例A
  5.1.3 事例紹介B中小企業の例
  5.1.4 事例紹介Cベンチャーの例
  5.1.5 事例紹介Dアカデミアの例
 5.2 事例紹介における知財活動メニュー例
 5.3 問題点の整理
 5.4 知財活動の実践〜社内への教育と風土構築
  5.4.1 経営層へ向けた知財活動
  5.4.2 技術者、開発陣へ対する知財教育活動
  5.4.3 知財部員へ対する知財教育活動
 5.5 知財活動の見える化 と効果測定
 5.6 ワークショップ(実際にロールプレイで)

6.まとめ

終了後 <個別相談・名刺交換 など>

セミナー番号:AC180899

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

数値限定発明

エポキシ樹脂

生体情報センシングデバイス

2018年版 CLP対応ラベル・SDS

規格試験

マテリアルズ・インフォマティクス

2018 車載カメラ徹底解説

セルロースナノファイバー

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.