FinTech特許 知財 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
5月
6月
7月
8月〜

化学・電気系 その他各分野
5月
6月
7月
8月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2018/2/2更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


FinTech特許 知財 セミナー


*その他 知財・特許 セミナー、書籍一覧はこちら:

*その他 機械学習・ディープラーニング・人工知能: 関連セミナー、書籍はこちら:

弁理士の方へ:<日本弁理士会 継続研修認定対象講座>
当講座は日本弁理士会の継続研修としての認定講座です。
研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として外部機関研修として3.5単位が認められます。
単位申請をご希望の方は「受講証明書の発行希望の旨」と「弁理士登録番号」をお申し込み時の備考欄にご記載下さい。詳細はこちら


FinTech特許取得のコツを半日速習!AI技術・ブロックチェーン技術もわかりやすく解説。
国内で急増しているFinTech特許訴訟と訴訟リスク低減方法についても解説します。

<基礎から学べる>

FinTech特許・知財セミナー

〜AI×FinTech, ブロックチェーン×FinTech特許権利化の勘所〜

講師

河野特許事務所 東京サテライト 所長 弁理士 河野 英仁 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

【講師略歴】
1999年弁理士登録。米国・中国 現地での実務経験多数。
2009年日本国際知的財産権保護協会(AIPPI)「コンピュータ・ソフトウェア関連およびビジネス分野等における保護」に関する研究会委員。
2011年東京都知的財産総合センター中国・東南アジア向け専門相談員等各所で活躍。

【専門】コンピュータ/ソフトウェア関連特許・米国特許・中国特許

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2018年7月19日(木) 12:30-16:30
●会場 [東京・東新宿]新宿文化センター4階第2会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■はじめに
ベンチャーキャピタルによる2017年におけるFinTech投資は2016年の$13.8Bを大幅に上回る$16.6Bとなりました。スマートフォンの世界的普及、AI(人工知能)・ブロックチェーン技術の普及により今までにない新たなFinTechサービス・ビジネスが続々と提供されています。この新たなFinTechビジネスを競合他社の参入から守るためにはどうすればよいでしょうか。FinTechはその名の通りベースに「技術」があります。技術がある以上、特許を通じてFinTechビジネスを守ることができます。本セミナーでは米国ベンチャー企業・金融機関を中心としたFinTech特許・ビジネス紹介を通じて、FinTech特許取得のコツを学びます。また近年急速に普及しているAI技術・ブロックチェーン技術をわかりやすく解説し、AI×FinTechビジネス、ブロックチェーン×FinTechビジネスの特許の取り方、さらに日本で急増しているFinTech特許訴訟と訴訟リスク低減方法についても解説します。

■受講対象
・金融/非金融を問わず、FinTechにご興味のある方

■本セミナーに参加して修得できること
・Fintechビジネス
・特許の知識習得

セミナー内容

1. 2018FinTechトレンド

・分野別FinTechトレンド
・米国、欧州、アジア地域のFinTech投資
・世界の25FinTech Unicorns

2. FinTechビジネスを特許でカバーするには

・ビジネスモデルと特許〜ビジネスモデル特許の誤解〜
・FinTechビジネスについて特許を取得するための条件
・事例で見るFinTech特許とビジネス
・米国/英国スタートアップを中心とした独創的なFintech特許の解説と、Fintech企業のビジネス内容を解説

3. FinTech特許訴訟に備える

・マネースクウェア・外為オンライン特許権侵害訴訟
・freee vs マネーフォワード特許権侵害訴訟
・特許権侵害リスクを低減するには

4. AI×FinTech

・AI技術の基礎知識
・世界のAI特許動向
・AI技術を用いたFinTech特許の紹介とAI×FinTech企業のビジネス紹介

5. ブロックチェーン×FinTech

・ブロックチェーン技術の解説
・ブロックチェーン技術を用いたFinTech特許の紹介
・IoTデバイスとスマートコントラクトを用いたFinTechビジネス

質疑応答

セミナー番号:AC180738

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

生体情報センシングデバイス

2018年版 CLP対応ラベル・SDS

規格試験

マテリアルズ・インフォマティクス

2018 車載カメラ徹底解説

セルロースナノファイバー

製造業IoT/AI

医療機器QMS

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.