知財戦略 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
2月
3月
4月
5月〜

化学・電気系 その他各分野
2月
3月
4月
5月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2018/2/2更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


知財戦略 セミナー

弁理士の方へ:<日本弁理士会 継続研修認定対象講座>
当講座は日本弁理士会の継続研修としての認定予定講座です。
研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として3.5単位が認められる予定です。
単位申請をご希望の方は「受講証明書の発行希望の旨」と「弁理士登録番号」をお申し込み時の備考欄にご記載下さい。詳細はこちら


効果的な知財戦略の策定法と推進方法を具体的に解説します!

知財戦略の策定法と強化・推進のポイント

講師

上柳特許事務所 所長 弁理士 上柳 雅誉 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

元:セイコーエプソン 株式会社 常務取締役 知的財産本部長。
長年に渡り知的財産業務に携わる。同社 特許室部長、理事 知的財産室長、常務取締役 知的財産本部長、知財顧問 等をご歴任になり現職。

【その他、現在のご役職】
独立行政法人 工業所有権情報・研修館(INPIT)監事
日本ライセンス協会 副会長
一般社団法人 知的財産教育協会 知財検定試験委員

受賞歴:
2015年1月  平成26年度 知的財産教育協会表彰
2015年4月  平成26年度 知財功労賞 特許庁長官表彰

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2018年4月12日(木) 12:30-16:30
●会場 [東京・船堀]タワーホール船堀4階403会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

戦術のみで、戦略のない知財活動は、忙しいばかりで、効果は上がらず、社内(組織内)からもなかなか認められません。このような活動を続けても、知財競争力は上がらず、社内的地位も変わりません。自社の事業環境や事業戦略に立脚し、特に目標を明確にした知財戦略を構築し社内に浸透させることにより、広く社内を巻き込んだ強力な活動を可能にします。1年先は無理でも5年先には知財を武器として活用する知財オリエンテェド企業に変貌させることができます。その手法とともに、IoT、第4次産業革命時代に突入する中、欧米企業や新興国企業に対抗するためのこれからの知財戦略をお話しします。

■この講座を受講して習得できること:
 ・企業(組織)における知財戦略の意義
 ・知財戦略の概要
 ・知財戦略の構築方法
 ・新興国の知財状況とその背景
 ・我が国企業の敗因
 ・欧米企業や新興国企業に対抗するこれからの知財戦略
 ・利益率を上げるためのオープン&クローズ戦略
 ・IoT、第4次産業革命と知財戦略
 ・企業内(組織内)での効果的な知財戦略の推進方法

セミナー内容

1.技術開発と知財

2.知的資産経営と知財戦略
   1)経営が知財に求めるもの
   2)知財戦略の策定方法

3.コーポレート(全社)の知財戦略
   1)ポートフォリオ戦略
   2)知財活用戦略
   3)新規事業創出支援
   4)知財活動基盤強化

4.事業領域ごとの知財戦略と発明現場の知財管理
   1)事業(テーマ)領域ごとの知財戦略の策定
   2)発明現場の知財管理と推進

5.新興国の知財状況
   1)模倣品状況と対策
   2)国家戦略としての知財戦略

6.我が国企業の置かれた状況と敗因

7.これからの知財戦略8ヶ条
   1)コア部分を知財権と秘匿で守り抜く
   2)事業ポジションと知財戦略
   3)商品形態と知財戦略
   4)事業形態と知財戦略
   5)将来予測を先取りした出願戦略
   6)活用を前提とした保護手段
   7)パテントクリアランスの確実な実施
   8)契約マネジメント力の強化

8.利益率を上げるオープン&クローズ戦略
   1)オープン&クローズ戦略の概要
   2)オープン&クローズ戦略の推進方法
   3)IoT、ソリューションビジネスにおける知財戦略

9.全社を巻き込んだ知財戦略の推進

10.まとめ

<質疑応答>

セミナー番号:AC180464

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

マテリアルズ・インフォマティクス

セルロースナノファイバー

製造業IoT/AI

医療機器QMS

LC-MS/MS定量分析

機械学習・人工知能

高分子添加剤

2018カメラモジュール

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.