人工知能(AI)の知財・契約 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
9月
10月
11月
12月〜

化学・電気系 その他各分野
9月
10月
11月
12月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


人工知能(AI)の知財・契約 セミナー

人工知能知財・契約(11月15日)のみ参加↓

AI・IoT法規制(11月8日)/人工知能知財・契約(11月15日)両日参加↓


*その他 知財・特許 セミナー、書籍一覧はこちら:

弁理士の方へ:<日本弁理士会 継続研修認定対象講座>
当講座は日本弁理士会の継続研修としての認定予定講座です。
研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として3.5単位が認められる予定です。
単位申請をご希望の方は「受講証明書の発行希望の旨」と「弁理士登録番号」をお申し込み時の備考欄にご記載下さい。詳細はこちら


★学習済みモデルやデータの権利取得・保護に向け、知的財産上留意すべきこととは?
 従来のシステム開発契約ソフトウェアライセンス契約との違い及びそれをふまえた対応とは?
 より実務的な内容に踏み込んで解説します。

人工知能(AI)ビジネスにおける

知財・契約実務

講師

西村あさひ法律事務所 弁護士 パートナー  福岡 真之介 先生
西村あさひ法律事務所 弁護士  仁木 覚志 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

(福岡先生)
*ご略歴:
 96年東京大学法学部第一類卒業。98年弁護士資格取得。01年西村あさひ法律事務所に所属、現在に至る。06年デューク大学ロースクール卒業(LL.M.) 、06年-07年シュルティ・ロス・ゼイベル法律事務所(米国)勤務、07年-08年ブレーク・ドーソン法律事務所(オーストラリア)勤務。
*ご専門および得意な分野・研究:
 IT、IoT、AI、ロボット、データ関連の法務
*主な著書:
 『IoT・AIの法律と戦略』[共著](商事法務・2017)

(仁木先生)
*ご略歴:
 大阪大学工学部において半導体物性を専攻したのち、1994年から2001年まで(株)IHIにおいて航空機エンジンの開発に従事。2006年に弁護士登録のち、2014年までパナソニック(株)の知的財産権部門に所属し、主にM&Aを担当。2014年5月より西村あさひ法律事務所に所属し、現在に至る。
*ご専門および得意な分野・研究:
 システム、通信、半導体、機械・燃焼・空力・材料等の技術にかかわるM&A、係争案件

→このセミナーを知人に紹介する

11月8日 『人工知能(AI)・IoTにかかわる法規制及び対応と戦略』とセットで受講が可能です。
講義内容はこちら→


日時・会場・受講料

●日時 2017年11月15日(水) 12:30-16:30
●会場 [東京・新宿]新宿エルタワー22階RYUKA知財ホール →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料
 『人工知能知財・契約(11月15日)』のみのお申込みの場合
  1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
 『AI・IoT法規制(11月8日)』と合わせてお申込みの場合
   (同じ会社の違う方でも可。※二日目の参加者を備考欄に記載下さい。)
  1名60,480円(税込(消費税8%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき49,680円 ⇒割引は全ての受講者が両日参加の場合に限ります

      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・撮影行為は固くお断り致します。
●講義中のパソコン・携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

 人工知能の開発・利用が盛んに進められています。機械学習(ディープラーニングを含む)をする人工知能については、従来のプログラムとは異なる特徴があり、知的財産の処理やシステム開発契約などにおいて新たな法律問題が生じています。また、人工知能はデータを使って学習させる必要があるため、データを取得・利用するにあたって様々な法律問題を解決しなければなりません。
 これら人工知能に関する法律問題は、技術が進化するスピードも速いため、法律による対応が間に合っていないのが現状です。また、そもそもどのような法律問題があるのかについてさえ知らない方も多いと思われます。人工知能をこれからの成長エンジンと位置づけている会社にとって、人工知能の開発・利用競争において、自社の権利を的確に保護することや将来の紛争を回避することが重要なことは言うまでもありません。
 本セミナーでは、人工知能に関する法律問題について、現状の法制度において権利の取得・保護やその利活用にあたり実務的にどのように対応していくべきなのか、特に人工知能に関する知的財産権の取扱いや人工知能関連の契約を中心に解説します。
 尚、人工知能及びIoTにかかわる法規制・対応及び企業戦略などについて、総論的な幅広い知識を習得したいとお考えの方につきましては、前週11月8日(水)の「人工知能(AI)・IoTにかかわる法規制及び対応と戦略」講座の受講を併せてお勧めします(内容は、一部重複する部分がございます)。

○受講対象:
 人工知能の開発に携わっている方、人工知能を使ったビジネスに携わっている方

○受講後、習得できること:
 1.AI自身の知的財産権についての理解と保護方法
 2.AIの学習用データの適切な取扱い
 3.AIが作成する知的財産についての理解と対応方法
 4.AIについての知財戦略と開発戦略
 5.AIのシステム開発契約の留意点
 6.AIのソフトウェアライセンス契約の留意点

セミナー内容

1.AIと知的財産権
 1)AI自身の知的財産

  ・著作権
  ・特許権 ‐ソフトウェア特許、特許侵害の対応
  ・営業秘密
 2)学習済みモデルの取扱い方法
  ・学習済みモデルの権利関係
  ・派生学習済みモデルの権利関係
  ・蒸留モデルの権利関係
 3)学習用データの取扱い方法
  ・第三者の著作権があるデータの取扱い−著作権法30条の4、47条の7
  ・データベースの著作物
  ・個人情報が含まれている場合
 4)AIが生成する成果物の知的財産権
  ・著作権
  ・特許権
 5)AIによる第三者知的財産の侵害

2.AIに関わる契約
 1)AIのシステム開発契約

  ・権利の帰属
  ・学習用データ
  ・学習済みモデル
  ・派生学習済みモデル
  ・ファインチューニング
  ・開発により発生した知財の権利処理
  ・蒸留への対処
  ・拘束条件付取引
  ・ノウハウの保護
  ・OSS
  ・免責規定
 2)AIのソフトウェアライセンス契約
  ・学習済みモデル
  ・派生学習済みモデル
  ・ファインチューニング
  ・蒸留への対処
  ・拘束条件付取引
  ・免責規定

3.AIについての知財戦略・開発戦略
 1)AI自体の権利保護戦略
 2)データについての知財戦略


   <質疑応答>

人工知能知財・契約(11月15日)のみ参加↓

AI・IoT法規制(11月8日)/人工知能知財・契約(11月15日)両日参加↓

セミナー番号:AC171163

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

高分子添加剤

GCPシステム監査

塗膜をよくするテクニック

WLO技術・応用・市場

医薬品GMP監査員必携

データインテグリティ要件と解説

リチウムイオン二次電池

製品品質照査

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.