セミナー 他社特許 回避 防御 知財 リスク 交渉

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
6月
7月
8月
9月〜

化学・電気系 その他各分野
6月
7月
8月
9月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


セミナー 他社特許 回避 防御 知財 リスク 交渉


*その他 知財・特許 セミナー、書籍一覧はこちら:

弁理士の方へ:<日本弁理士会 継続研修認定対象講座>
当講座は日本弁理士会の継続研修としての認定予定講座です。
研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として3.5単位が認められる予定です。
単位申請をご希望の方は「受講証明書の発行希望の旨」と「弁理士登録番号」をお申し込み時の備考欄にご記載下さい。詳細はこちら


★もし他社から侵害や警告の訴状が来たら?そんな場面での、7つの防御策を授けます!
★方法論だけでなく、対応・判断の仕方や特許係争における交渉の考え方まで事例を交えて徹底解説。
★研究開発部門、知財部門、経営者クラスの方まで。あらゆる方にお勧めの講座です!

他社からの特許攻撃に対する

「最適な防御策」と「交渉」の仕方

講師

中小企業知的財産戦略研究所 所長 生島 博 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

○知的財産に係る企業経験約30年
 ・三菱電線工業株式会社
   知的財産部長、事業企画部長、理事・情報通信事業副本部長、理事・技術副本部長、
   菱星テクノシステム株式会社取締役 歴任
 ・日本知的財産協会 特許委員長
 ・日本国際知的財産保護協会 理事
 ・関東経済産業局 知的財産戦略本部員
 ・特許庁 中小企業等知財支援協議会委員
 ・東京都知的財産総合センター 所長
 ・発明推進協会 知財総合支援窓口業務支援統括 等、ご歴任

○中小企業知的財産戦略研究所 所長
○内閣知的財産戦略本部 タスクフォース委員
○東京理科大学大学院 知的財産戦略専攻 講師
○東京都立産業技術研究センター 知的財産専門相談役
○WIS知財コンシェル 顧問

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2017年8月22日(火) 12:30-16:30
●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)6階 F会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・撮影行為は固くお断り致します。
●講義中のパソコン・携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナー開催にあたって

■はじめに:
 近年、国内はもとよりグローバルな競争が激しくなっています。企業各社は市場にマッチした差別化製品を出し生き残りを図っています。そこで重要なキーになるのが特許等知的財産の活用ですが、他社より特許侵害の警告や訴状が来た場合、どう対応すればいいのでしょうか。対応の仕方が一つ間違うととんでもないことになってしまいます。
 このセミナーでは特許リスクに対する最適な防御策を実例を混じえて説明するとともに相手との最適な交渉の仕方を分り易く説明します。

■受講対象者:
 ・技術者、研究者の実務方からマネージャークラスの方
 ・知的財産の担当者からマネージャークラスの方
 ・他社からの特許攻撃の対応に経験のない方
 ・他社からの攻撃があり対応に困っておられる方
 ・今後のためにも他社特許攻撃対応のすべてを知りたい方
 ・すべての特許対応を知った上でビジネスマネージメントに役立たせたい方
 ・本テーマに関心のある方は特許担当や技術者の方から企画、マネージャー、経営者クラスの方までどなたでも受講可能です。

■必要な予備知識:
 特許について専門知識がなくても、他社からの特許対応を知って自社のビジネス展開に役立たせようと思っておられる方なら予備知識は全く入りません。

■本セミナーで習得できること(一例):
 ・特許担当、技術・研究者として知っておかねばならない特許攻撃に対する対応の仕方すべて
 ・マネージャーとして知っておかねばならない他社特許攻撃に対する判断の仕方
 ・実務者、マネージャーとしての他社特許攻撃に対する交渉の仕方

プログラム

1.知的財産係争の現状
 1)日本の特許訴訟の現状と世界的な訴訟動向
 2)最近の特許侵害事件事例

2.何故知財係争が起こるのか
 1)知的財産の必要性
 2)ビジネスへの活かし方

3.他社からの特許攻撃対応策 ・・・ 道を拓くための7つの策
 1)相手特許の現在のステイタス確認
  −特許存否はどうなっているか?など確認手法の解説。
 2)相手特許の権利範囲の見極め方
  −その特許の権利範囲に自社の製品・技術が果たして入っているのか?範囲見極めのポイント。
 3)相手特許出願日と自社事業開始日の確認
  −権利範囲内でも自社の実施の方が早いのではないのか?先使用権の確認と注意事項の解説。
 4)相手特許を潰せるか検討
  −上記では対応できない時のプラン。無効証拠の調査の仕方。
 5)相手を攻撃できる自社特許の確認
  −潰すだけが全てではない。打ち返す特許が自社にないか?クロスライセンスの検討。
 6)特許技術回避の検討
  −まだ手はある。特許を逃れる技術に変えることが出来るか?技術回避の仕方。
 7)ビジネス上の解決策の検討
  −知財上ではダメでもビジネスとしてなら解決できるかも?
   多方面の角度からのビジネス解決策、経営戦略。

4.特許係争の交渉のあり方、仕方
 1)社内体制のつくり方
 2)相手との交渉術

5.まとめ

<質疑応答・個別質問・名刺交換>

■ご講演中のキーワード:
 知的財産、特許リスク、特許警告、他社特許対応、先使用権、特許無効、特許回避策、特許調査、交渉術、特許クロスライセンス

セミナー番号:AC170812

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

製品品質照査

量子ドット材料

GMP文書

人工知能関連の法的実務

抗菌・防カビ・抗ウイルス

欧米主要国の保険・薬価制度

2017車載カメラ【改定版】

医薬品 倉庫・輸送の品質管理

粉砕の実務

脳・生理計測と感性評価

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.