契約セミナー:知財担当者向け、ビジネスで重要なもの 2017/7/21

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
6月
7月
8月
9月〜

化学・電気系 その他各分野
6月
7月
8月
9月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


契約セミナー:知財担当者向け、ビジネスで重要なもの 2017/7/21


*その他 知財・特許 セミナー、書籍一覧はこちら:

★「秘密保持契約書」「共同研究(開発)契約書」「共同出願契約書」「ライセンス契約書」
 に関して、ビジネスの観点から重要な項目について、ポイントを絞って解説致します。

『知財担当者が知っておきたい契約知識』

〜ビジネスの観点から重要なものを中心に〜

講師

Office IP Edge 代表 弁理士 原田 正純 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

【講師略歴】
宇部興産株式会社にて、工場の開発部門、欧州の営業部門、本社の環境安全部門、本社の知的財産部門など、様々な職種を経験。2006年弁理士試験合格後から知的財産の業務に従事し、常に知的財産をビジネスに結びつけることを念頭に置く。2013年11月に知的財産コンサルティング事務所「Office IP Edge」を開設。「製造業のM&A」、「中小企業の経営コンサルティング」、「知財契約」、「知財権の売買・ライセンス、技術交渉」などの知的財産業務に取り組む。

【専門】知的財産コンサルティング
「製造業のM&A」「中小企業の経営コンサルティング」「知財契約」「知財権の売買・ライセンス、技術交渉」

【本テーマ関連学協会での活動】
・日本弁理士会 関東支部 東京委員会委員長 ・日本弁理士会 会長室員

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

6月12日 細胞培養今昔物語
6月27日 細胞の三次元組織化培養の基礎と種々のアプローチ、応用事例まで〜気鋭の講師5名が徹底解説!〜

日時・会場・受講料

●日時 2017年7月21日(金) 12:30-16:30
●会場 [東京・新宿]新宿エルタワー22階RYUKA知財ホール →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・撮影行為は固くお断り致します。
●講義中のパソコン・携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■はじめに
近年、企業や研究機関において、知的財産に関する契約は、ますます重要性を増しています。しかし、すべての契約チェックに同じように時間をかけることは、担当者の労力を無駄に費やし、非効率となってしまいます。そこで、本講座では、知的財産に関する契約の一般的な注意事項を述べた後で、「秘密保持契約書」、「共同研究開発契約書」、「共同出願契約書」、「ライセンス契約書」に関して、ビジネスの観点から重要な項目にポイントを絞って解説致します。

■受講対象
・新しく知的財産部門に配属された方
・今後、知的財産に関する契約実務に携わる方
・法律の観点よりもビジネスの観点から知的財産に関する契約を把握したい方
・知的財産部門ではないが、知的財産に関する業務の概略を把握したい方

■必要な予備知識
特にありませんが、過去に知的財産に関する契約書を見たことがある方が望ましいと思います。

■本セミナーに参加して修得できること
・担当者として、知的財産に関する契約を効率良くチェックすること
・契約を締結するには、相手方の気持ちも考えなければならないこと
・契約チェックには割り切りも必要なこと

セミナー内容

1. 知財契約の一般的な注意事項

 1)当事者
 2)目的
 3)その他

2. 秘密保持契約書

 1)相手の信頼性
 2)目的外使用の禁止
 3)アクセス制限
 4)情報の返還
 5)有効期間
 6)監査権
 7)その他

3. 共同研究開発契約書

 1)当事者の役割や費用の分担
 2)学会発表
 3)学生の関与
 4)第三者との研究開発の制限
 5)進捗状況の確認
 6)成果の取扱い
 7)事業化する場合の条件
 8)不実施補償、優先的な実施
 9)改良技術の取扱い
 10)その他

4. 共同出願契約書

 1)手続き及び費用の負担
 2)発明者への報奨
 3)派生する出願の取扱い
 4)その他

5. ライセンス契約書

 1)対象製品
 2)対象特許やノウハウ
 3)実施権の形態
 4)実施地域
 5)実施期間
 6)実施内容
 7)再実施権許諾
 8)技術援助
 9)実施料
 10)ライセンシーの報告義務
 11)特許権や実施権の移転
 12)不争義務
 13)非係争義務
 14)権利侵害への対応
 15)その他

6. 契約交渉時に心に留めておきたいこと

セミナー番号:AC170739

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

製品品質照査

量子ドット材料

GMP文書

人工知能関連の法的実務

抗菌・防カビ・抗ウイルス

欧米主要国の保険・薬価制度

2017車載カメラ【改定版】

医薬品 倉庫・輸送の品質管理

粉砕の実務

脳・生理計測と感性評価

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.