発明 発明創造 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
6月
7月
8月
9月〜

化学・電気系 その他各分野
6月
7月
8月
9月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


発明 発明創造 セミナー


*その他 知財・特許 セミナー、書籍一覧はこちら:

弁理士の方へ:<日本弁理士会 継続研修認定対象講座>
当講座は日本弁理士会の継続研修としての認定講座です。
研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として3.5単位が認められます。
単位申請をご希望の方は「受講証明書の発行希望の旨」と「弁理士登録番号」をお申し込み時の備考欄にご記載下さい。詳細はこちら


【発明】の方法、ノウハウを学び取る!


特許・知財担当者のための

発明創造方法

〜個人ワーク/ディスカッションつき〜

講師

特許業務法人 平田国際特許事務所
 弁理士(特定侵害訴訟代理付記) 遠藤 和光 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

医療機器メーカの(株)日立メディコの14年間はX線CT、MRIの機構部の設計・開発に従事し、その間に約30件の発明をし、社内で多数の表彰を受けている。特許事務所での特許業務歴は27年、弁理士歴は18年であり、日本弁理士会のソフトウェア委員会で3年、特許委員会で2年、中小ベンチャー企業支援委員会で1年の活動を経て今はビジネスアイデアを特許可能にデザインするビジネスアイデア特許化コンサルタントとして活動している。また、一般社団法人特許の虎の相談員として毎月都内で発明教室の講師を20回以上勤めている。

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

7月6日 ブロックチェーンの基本的な仕組みとビジネスの機会

日時・会場・受講料

●日時 2017年7月27日(木) 12:30-16:30
●会場 [東京・新宿]新宿エルタワー22階RYUKA知財ホール →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・撮影行為は固くお断り致します。
●講義中のパソコン・携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーに際して

■本セミナーのポイント
発明は、企業活動において極めて重要な取り組みです。ところが、体系的な発明の方法・やり方はあまり語られることがありません。本セミナーでは特許・知財担当者を対象に、発明を創り上げるための考え方、具体的な手順・方法について、豊富な事例を交えて解説します。また座学だけでなく、途中と最後に「課題」に取り組んでいただきます。セミナーで得た内容の定着を図るとともに、その実践力を養います。

■受講対象者は?
特許・知的財産関連業務に従事している方
 ・企業内の特許・知財部門の方
 ・大学、研究機関にて特許業務に従事している方 など

■受講して得られる知見、ノウハウは?
 ・発明創造の方法、ノウハウ

※定員に達し次第、申込を締め切らせて頂きます。お申込はお早めに。
※問い合わせ先 03-5740-8755
※よくあるお問合せ http://www.johokiko.co.jp/qanda/

セミナー内容

1. 知っておきたい3つの発明創造法
 1.1 発明とは何か、を理解すれば発明創造法が見えてくる
 1.2 「ニーズ型」の発明創造法(ペーパークリップ)
 1.3 「シーズ型」の発明創造法(ポストイット)
 1.4 「ウォンツ型」の発明創造法(ダイエットスリッパ)

2. 課題の見つけ方
 2.1 いろいろな視点から考える
 2.2 視点を変えると今ある一つのモノから複数の発明が生まれる

3. 7つの発明創造テクニックとその事例
 3.1 「付加」による発明創造テクニック(LED内蔵手摺り等)
 3.2 「組合せ」による発明創造テクニック(メガフォン型翻訳機等)
 3.3 「変更」による発明創造テクニック(痛くない注射針等)
 3.4 「置換」による発明創造テクニック(雪見だいふく等)
 3.5 「分離」による発明創造テクニック(停止ボタンを離した目覚まし時計等)
 3.6 「削除」による発明創造テクニック(ひもなしマスク等)
 3.7 「適用」による発明創造テクニック(1/fゆらぎを採用した扇風機等)
 3.8 その他(スマホで制御する光るスニーカ等)

4. 講師オリジナルの「タイプ別発明創造シート」を使って個人ワーク
 ・講師が使い方を解説した後、10分程度各自で書き込みして発明の創造にチャレンジしていただきます。
 ・本シートは進呈しますので、持ち帰って深掘りしていただければと思います。

5. 人工知能、IoTなど注目すべき技術の活用事例と発明創造のポイント
 5.1 注目すべき技術(VR ,AI,ロボット,ICT,新製品,IoT)
 5.2 VR(VR墓参り、自宅でVR家具配置等)
 5.3 AI(人工知能スタイリスト等)
 5.4 ロボット(会話できるロボット掃除機等)
 5.5 ICT(位置連動情報配信サービス等)
 5.6 新装置(ドローン配送サービス等)

6. IoTの活用事例と発明創造のポイント
 6.1. 目的別分類
 6.2 モノの状態を知る活用事例(IoT電球・IoTポット等)
 6.3 モノを制御する活用事例(エサ供給装置等)
 6.4 ウェブサービスを利用する活用事例(IoTボタン等)

7. スマートフォン連携事例と発明創造のポイント
 7.1 目的別分類
 7.2 モノ又は人の状態を知る事例(歯のみがき方をチェックできる歯ブラシ等)
 7.3 モノを制御する事例(スマホで操作できるカメラ等)
 7.4 スマホのサービスを利用する事例(手書きをテキストに変換するノート&ペン等)

8. 発明創造のためのグループディスカッション
 ・ある案件(当日発表)について3、4人のグループで30分程度話し合いながらアイデアを出し合っていただきます。
 ・その後、グループの代表者が発明内容を1つ発表し、講師が講評します。
 *ご自身がアイデアを出せなくても他社の担当者の意見を聞くことは大いに参考になります。

<質疑応答・名刺交換・個別相談>

セミナー番号:AC170721

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

製品品質照査

量子ドット材料

GMP文書

人工知能関連の法的実務

抗菌・防カビ・抗ウイルス

欧米主要国の保険・薬価制度

2017車載カメラ【改定版】

医薬品 倉庫・輸送の品質管理

粉砕の実務

脳・生理計測と感性評価

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.