セミナー バイオマテリアル 細胞培養基材 細胞培養 三次元組織化 医用材料 三次元培養

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
1月
2月
3月
4月〜

化学・電気系 その他各分野
1月
2月
3月
4月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
ヘルスケア系ヘルスケア系化学・電気系化学・電気系
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


セミナー バイオマテリアル 細胞培養基材 細胞培養 三次元組織化 医用材料 三次元培養

バイオマテリアル(2月28日)のみ参加↓

細胞培養(2月27日)、バイオマテリアル(2月28日)両日参加↓

【わかりやすいと大好評の北九大 中澤教授のセミナーが時間を延長しパワーアップ!】
○タンパク質吸着・細胞接着などの基礎現象や基材と細胞の関係性から、
 種々の表面処理技術や細胞のパターニング技術、そして細胞の三次元組織化培養まで!
○開発のポイントや最新動向も学べる1日速習セミナー!

バイオマテリアルの基礎と細胞培養基材への展開

〜材料−細胞間の現象等の基礎から、

様々な培養基材・三次元組織化技術の開発まで〜

講師

北九州市立大学 国際環境工学部 環境生命工学科 教授 中澤 浩二 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
 1997年 九州大学大学院 工学研究科 博士後期課程 修了(博士(工学))
 1997年 九州大学大学院 工学研究院 化学工学部門 助手
 2002年 北九州市立大学 国際環境工学部 環境化学プロセス工学科 助教授
 2008年 同学 環境生命工学科 准教授
 2012年 同学 教授、現在に至る

■ご専門および得意な分野・研究:
 生物工学、生体材料、細胞組織工学

■本テーマ関連学協会でのご活動:
 再生医療学会、バイオマテリアル学会、化学工学会など

→このセミナーを知人に紹介する

2月27日 『1日速習!細胞培養 超入門セミナー』とセットで受講が可能です。講義内容はこちら→


日時・会場・受講料

●日時 2017年2月28日(火) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階 研修室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料
 『バイオマテリアル(2月28日)』のみのお申込みの場合
   1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
    *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円

 『細胞培養(2月27日)』と合わせてお申込みの場合
 (同じ会社の違う方でも可。※二日目の参加者を備考欄に記載下さい。)
   1名71,280円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
    *1社2名以上同時申込の場合、1名につき60,480円⇒割引は全ての受講者が両日参加の場合に限ります。
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・撮影行為は固くお断り致します。
●講義中のパソコン・携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナー開講にあたって

■はじめに:
 近年、再生医療や細胞培養分野の技術発展は目覚しく、バイオマテリアルの改良や開発が活発に進めされている。しかしながら、細胞は材料特性によって異なる挙動を示すことから、バイオマテリアルの開発には材料−細胞間で起こる現象を理解することが重要である。
 本講座では、バイオマテリアルの様々な応用分野のなかでも「細胞培養基材」に焦点を絞り、材料と細胞間で起こる反応や材料表面特性と細胞の関係を解説するとともに、近年みられる様々な培養基材の特徴、細胞の三次元培養技術について紹介する。

■受講対象者:
 ・細胞培養基材の開発に取り組もうとしている方
 ・材料開発をされているが、細胞のことがよくわからない方
 ・本テーマに興味のある方

■必要な予備知識:
 この分野に興味のある方なら特に必要は無い

■本セミナーで習得できること(一例):
 ・バイオマテリアルの基礎知識
 ・材料−細胞間相互作用に関する基礎知識
 ・細胞培養基材の設計に関する知識

■過去セミナーを受講された方の声(一例):
 ・基礎的なことから応用・最先端研究まで、幅広い知識が得られ非常に為になりました。
 ・研究をはじめたばかりですが、材料とタンパク質・細胞等の相互作用のメカニズムなど
  基礎的なことから詳しく知る事ができ良かったです。
 ・トピックスでもある三次元培養・組織化の知識も得られました。
 ・中澤先生のご説明が非常にわかりやすく理解が進みました。
  アップデート版があればまた受けたいです。
 ・質問もしやすい雰囲気で、丁寧にご回答も頂き満足です。

などなど……ご好評の声を多数頂いております!

プログラム

1.細胞培養基材の概要
 1)細胞培養の意義とアプリケーション
 2)細胞特性に影響を与える環境因子
 3)細胞の分類と特徴
 4)細胞の培養方法
 5)培養基材の種類と特徴
 6)培養基材に求められる特性

2.タンパク質の吸着現象
 1)材料表面で起こる初期現象
 2)培養培地に含まれるタンパク質
 3)タンパク質の吸着現象
 4)タンパク質の置換と変性現象
 5)材料表面特性とタンパク質吸着の関係

3.細胞の接着現象
 1)細胞接着現象の概要
 2)細胞接着分子「インテグリン」の役割
 3)細胞外マトリクス(細胞接着タンパク質)
 4)細胞接着タンパク質と細胞の相互作用
 5)材料表面特性と細胞接着

4.培養基材と細胞の関係
 1)細胞特性に影響を与える環境因子
 2)微細構造表面と細胞の関係
 3)ガス透過性基材と細胞の関係
 4)基材硬さと細胞の関係
 5)培養基材の評価パラメーター

5.細胞非接着表面の設計
 1)細胞非接着基材の意義
 2)非異物(抗血栓性)表面設計の基本概念
 3)親水性/疎水性表面
 4)不活性タンパク質吸着表面
 5)分子鎖運動性表面
 6)生体膜類似構造表面

6.細胞のパターニング・アレイ化培養
 1)パターニング・アレイ化培養の意義
 2)細胞のパターニング技術
  a)スポッティング法
  b)フォトおよびソフトリソグラフィー
  c)インテリジェントマテリアルの利用
 3)パターニング培養から見えてくる生命現象
  a)スポットサイズの効果
  b)パターン形状の効果

7.細胞の三次元組織化培養
 1)細胞の三次元組織化培養
  a)組織化培養の意義
  b)代表的な組織化技術
  c)組織化培養の課題
 2)スフェロイド培養(演者の取り組み)
  a)スフェロイド培養の意義
  b)代表的なスフェロイド形成技術
  c)マイクロチップ技術によるスフェロイド培養
  d)ES/iPS細胞のスフェロイド培養とその特性

<質疑応答・個別質問・名刺交換>

■ご講演中のキーワード:
 バイオマテリアル、細胞培養基材、細胞接着、タンパク質吸着、細胞外マトリクス、材料表面特性、三次元組織化、スフェロイド

バイオマテリアル(2月28日)のみ参加↓

細胞培養(2月27日)、バイオマテリアル(2月28日)両日参加↓

セミナー番号:AC170230

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

超親水・超撥水

2017年 医薬品GMP監査

失敗から学ぶ植物工場

治験薬の品質管理

二軸押出機

MW 臨床試験関連用語集

ウェアラブルセンシング

2017 車載カメラ徹底解説

基礎からの統計学

細胞培養

最新 UV硬化

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.