セミナー 特許出願 知財戦略 特許戦略 明細書 ノウハウ 特許網

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
1月
2月
3月
4月〜

化学・電気系 その他各分野
1月
2月
3月
4月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
ヘルスケア系ヘルスケア系化学・電気系化学・電気系
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


セミナー 特許出願 知財戦略 特許戦略 明細書 ノウハウ 特許網


*その他 知財・特許 セミナー、書籍一覧はこちら:

弁理士の方へ:<日本弁理士会 継続研修認定対象講座>
当講座は日本弁理士会の継続研修としての認定講座です。
研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として5単位が認められます。
単位申請をご希望の方は「受講証明書の発行希望の旨」と「弁理士登録番号」をお申し込み時の備考欄にご記載下さい。詳細はこちら


★知財の重要性を意識している技術者・研究者の方や、
 新任〜中堅の知財部の方、社内の知財教育を担当している方などにオススメ!
★知っておくべき基礎知識から、強くて良い特許網を構築するための勘所まで!
 事例や判例を多数交えながら解説します。

特許出願・知財戦略の基礎と重要ポイント

〜特許を意識した研究開発の進め方から、

強い特許の構築法、戦略事例まで〜

講師

宇都宮大学 客員教授 山村 正明 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
 1975年 大阪大学大学院基礎工学研究科博士課程修了
 1975年 花王株式会社 研究所 配属
 1983年 同社 研究室長
 1998年 同社 特許部長
 1999年 同社 知的財産センター部長
 2005年 宇都宮大学 教授 知的財産センター長
 2013年〜 宇都宮大学客員教授

■ご専門および得意な分野・研究
 知的財産権/産学連携/界面活性剤の応用開発/商品開発

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2017年2月24日(金) 10:30-17:00
●会場 [東京・新宿]新宿エルタワー22階 RYUKA知財ホール →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・撮影行為は固くお断り致します。
●講義中のパソコン・携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナー開講にあたって

■はじめに:
 ライバル企業との競争が激しい分野においては、自分の研究開発の成果や自社の発明・考案を特許権として保護し、戦略的に活用することが不可欠です。
 本セミナーでは、事例や判例を多数取り入れて、分かりやすく特許制度の概要や明細書作成上の留意点を解説する実践的なセミナーです。

■受講対象者:
 中堅研究・技術者、研究リーダーなどの知財の重要性を意識している人、知財部門に異動して数年の人、社内の知財教育を担当・関心のある人に適したセミナーです。

■必要な予備知識:
 特に必要はございません。

■本セミナーで習得できること(一例):
 ・知財制度の基礎から最新の知識
 ・特許の登録要件の重要なポイント
 ・審査官の審査のポイント
 ・特許権の技術的範囲と効力の理解
 ・明細書等作成のポイント
 ・判例から見た最近の進歩性判断
 ・ノウハウ保護の留意点
 ・共有特許の留意点と契約のポイント

プログラム

【第1章 特許制度の要点】

1.出願から満了までの流れ
 1)国内優先権制度
 2)分割出願制度

2.特許権の効力
 1)差止請求権
 2)損害賠償請求権と不当利得返還請求権
 3)補償金請求権
 4)特許権の効力の制限

3.特許要件
 1)審査官の審査の仕方
 2)選択発明
 3)進歩性と容易想到性

4.技術的範囲の解釈
 1)要旨の認定と技術的範囲の解釈における明細書の参酌
 2)定義的表現と例示的表現
 3)均等論

5.特許侵害
 1)直接侵害,間接侵害、均等侵害
 2)先使用権
 3)消尽

6.共有特許の留意点と契約のポイント


【第2章 強くて良い特許網の構築】

1.強くて良い特許網

2.出願活性化の仕掛け

3.発明の展開
 1)物の特許と方法の特許
 2)川上製品と川下製品

4.明細書等作成の留意点
 1)3つの視点
 2)請求項のポイント
  a)サポート要件違反
  b)明確性要件違反
  c)内的付加と外的付加
 3)明細書のポイント
  a)実施可能要件違反
  b)好ましい態様と中位概念
  c)ポジティブ表現

5.ノウハウ保護の留意点
 1)ノウハウ保護と出願の選択
 2)ノウハウ保護の留意点


【第3章 事例にみる特許戦略】

1.判例から見た進歩性
 1)阻害要因
 2)動機付け
 3)事後分析的思考の排除
 4)「試みをしたはず」の示唆
 5)解決課題の設定

2.判例から見た明細書等記載要件
 1)サポート要件
 2)明確性要件
 3)実施可能要件

3.身近な製品の特許戦略事例

4.戦略的クレーム
 1)用途発明クレーム
 2)パラメータクレーム
 3)機能クレーム
 4)プロダクト・バイ・プロセスクレーム

5.知財裁判の実際「切り餅事件」

<質疑応答・個別質問・名刺交換>

■ご講演中のキーワード:
 特許戦略、特許網、登録要件、容易想到性、進歩性、記載要件、技術的範囲、ノウハウ、共有特許、契約、判例

セミナー番号:AC170226

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

超親水・超撥水

2017年 医薬品GMP監査

失敗から学ぶ植物工場

治験薬の品質管理

二軸押出機

MW 臨床試験関連用語集

ウェアラブルセンシング

2017 車載カメラ徹底解説

基礎からの統計学

細胞培養

最新 UV硬化

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.