セミナー:新規事業開発のための特許情報分析法

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
1月
2月
3月
4月〜

化学・電気系 その他各分野
1月
2月
3月
4月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
ヘルスケア系ヘルスケア系化学・電気系化学・電気系
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


セミナー:新規事業開発のための特許情報分析法


*その他 知財・特許 セミナー、書籍一覧はこちら:

弁理士の方へ:<日本弁理士会 継続研修認定対象講座>
当講座は日本弁理士会の継続研修としての認定講座です。
研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として5単位が認められます。
単位申請をご希望の方は「受講証明書の発行希望の旨」と「弁理士登録番号」をお申し込み時の備考欄にご記載下さい。詳細はこちら


新規事業開発に必要となる戦略論の基礎知識から役立つ情報源まで!
★実際のケーススタディを用い、新規事業開発のための情報分析演習を行います!

<自社の状況・目的に応じた>

新製品・新事業開発のための

特許情報分析手法

〜独自分類軸・評価指標策定および各種情報の分析・活用〜

【 Excel演習付:定員15名 】

講師

ランドンIP合同会社 シニアディレクター(日本事業統括部長)  野崎 篤志 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

*ご略歴:

 慶應義塾大学大学院理工学研究科およびK.I.T.虎ノ門大学院ビジネスアーキテクト専攻修了(工学修士・経営情報修士)。日本技術貿易・IP総研を経て、現在ランドンIP・シニアディレクター(日本事業統括部長)。知財情報をベースとした技術動向分析、R&D戦略・知財戦略立案サポートおよびパテントマップを用いたアイデア創出支援といったリサーチ・コンサルティング業務や、経営層から実務者まで幅広い層への研修・教育業務に従事する傍ら、ウェブサイトe-Patentやメールマガジンなど複数のメディアを通じて積極的に情報発信を行っている。著書に特許情報分析関連のベストセラー「特許情報分析とパテントマップ作成入門」(発明推進協会)の他、「特許情報調査と特許検索テクニック入門」(発明推進協会)、「欧州特許の調べ方」(編著、情報科学技術協会)などがあり、論文・寄稿なども多数。東京理科大学大学院 知的財産戦略専攻 MIP 非常勤講師。

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2017年1月27日(金) 10:30-16:30
●会場 [東京・新宿]新宿エルタワー22階RYUKA知財ホール →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・撮影行為は固くお断り致します。
●講義中のパソコン・携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

*演習で使用するパソコンは弊社で準備致します。

 本セミナーでは新製品・新事業開発に焦点を当てて、どのような特許情報分析および一般情報調査・分析が必要となるのか、講義+演習(Excel演習+インターネット検索)形式で習得いただきます。新製品・新事業開発に必要となる戦略論の基礎知識、分析フロー、FI・Fタームなどの既存特許分類ではない独自分類・評価指標の設定手法、そして新製品・新事業開発に役立つ情報源などを講義し、実際に講師が準備したケーススタディを用いて新製品・新事業開発プランを練るための情報分析演習を行っていただきます。特に、業界・業種の違い、業界内におけるポジション、製品・技術ライフサイクルなども考慮した新製品・新事業開発時の戦略提言へつなげることができるスキルを身に着けていただきます。
 一方向的な講義だけではなく、ミニ演習やディスカッションも盛り込んだ双方向的な講義としますので、みなさまの積極的なご参加をお待ちしております。
 (備考)本セミナーで用いる演習用Excelデータは当日USBで配布します。また本セミナー用の特別サイトから後日ダウンロードすることも可能なので、セミナー受講後もそのデータを使って復習していただけます。

○受講対象:
 ・「ある」ものではなく、まだ「ない」ものを見出す手法を学びたい方
 ・自社のコア技術をベースとした新製品・新事業開発をミッションとされており、特許情報を始めとした知財情報を活用したい方
 ・日ごろから特許情報分析を行っているがIPC・FI・FタームおよびCPC等の既存の特許分類での分析ではなく、自社独自の視点に基づいた分類軸・評価指標を設定して分析およびその分析結果から提言へつなげたい方
 ・MS Excelを用いた特許情報分析・パテントマップ作成スキルを身につけたい方(本講座ではMS Excelを用いた演習を実施しますが、セミナー内容自体はパテントマップ作成ツールを利用されている方にも適用可能です)

○受講後、習得できること:
 ・新製品・新事業開発のための特許および一般情報(市場情報・企業情報など)分析デザインおよび具体的な分析の進め方
 ・既存の特許分類のみに拠らない独自分類軸や評価項目による特許情報の可視化
 ・MS Excelによるデータ整理・加工およびパテントマップ作成テクニック

セミナー内容

1.はじめに

2.特許情報分析の基礎事項

 A)特許情報分析の目的と種類
 B)特許情報分析フロー
 C)分類軸・評価項目の設定
 D)独自分類軸・評価項目の設定と分類展開方法
   ★演習★

3.MS Excelを用いたマップ作成の基礎事項
 A)Excel関数・機能の基礎知識
 B)ピボットテーブルによる集計およびマップ作成
   ★演習★
 C)基本的なマップ作成(時系列、ランキング、件数分布など)
   ★演習★

4.新製品・新事業開発時における情報分析
 A)新製品・新事業開発の状況
 B)新製品・新事業開発に必要とされる戦略論の基礎知識
  @戦略論の基礎:3つの基本戦略、3C、PEST、バリューチェーン
  A業界・業種による出願構造の違い
  B業界・業種内ポジション・競争地位による出願構造の違い
  C製品・技術ライフサイクルごとの出願構造の違い
 C)新製品・新事業開発に必要となる情報およびその情報源
   ★演習★
 D)新製品・新事業開発時における情報分析パターンとフロー
  @参入目途(2〜3年後、5〜10年度、20年以降)
  A市場が存在する場合/市場が存在しない場合
  B自社コア技術が適用可能な場合/自社コア技術に補完必要な場合
 E)新製品・新事業開発ケーススタディ
   ★演習★
 F)新製品・新事業開発オプションの検証
  @市場面からの検証
   ★演習★
  Aビジネスモデル面からの検証
  Bリスク面からの検証

5.まとめ&質疑応答

セミナー番号:AC170181

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

超親水・超撥水

2017年 医薬品GMP監査

失敗から学ぶ植物工場

治験薬の品質管理

二軸押出機

MW 臨床試験関連用語集

ウェアラブルセンシング

2017 車載カメラ徹底解説

基礎からの統計学

細胞培養

最新 UV硬化

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.