特許情報分析手法 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
5月
6月
7月
8月〜

化学・電気系 その他各分野
5月
6月
7月
8月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 GmpeopleGmpeople 月刊 化学物質管理Gmpeople
ヘルスケア系ヘルスケア系化学・電気系化学・電気系
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


特許情報分析手法 セミナー

*その他 知財・特許 セミナー、書籍一覧はこちら:

弁理士の方へ:<日本弁理士会 継続研修認定対象講座>
当講座は日本弁理士会の継続研修としての認定講座です。
研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として各3.5単位が認められます。
単位申請をご希望の方は「受講証明書の発行希望の旨」と「弁理士登録番号」をお申し込み時の備考欄にご記載下さい。詳細はこちら


本セミナーでは、知財の基本的な知識や特許データベースの使い方を確認した上で、
目的に応じた知財の解析手法と解析事例をご紹介します。

初心者の方にも分かりやすくご説明致します。

国内外の特許情報分析手法

〜知財データベースの活用とパテントマップ解析〜

講師

正林国際特許商標事務所 調査チーム 顧問 弁理士 石井 琢哉 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

【講師略歴】
財団法人日本気象協会にて、地球温暖化の将来予測、防災システムの構築、太陽光、人工降雨プロジェクト等の業務を担当する。一時、国土交通省国土技術総合研究所の研究員として出向。2012年から正林国際特許商標事務所にて、機械、電気、食品等を中心に多分野の調査、知財デューデリジェンスを経験。

◆資格:弁理士、技術士(総合技術監理/建設)、気象予報士、AIPE認定知的財産アナリスト

【本テーマ関連学協会での活動】
MOT-IP(技術知財経営支援センター)

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2016年5月30日(月) 12:30-16:30
●会場 [東京・新宿]新宿エルタワー22階RYUKA知財ホール →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・撮影行為は固くお断り致します。
●講義中のパソコン・携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■はじめに
知財戦略は事業戦略や研究開発戦略と連携して三位一体で検討されるべきものであり、特許情報解析から得られる結果は、各戦略に有益な情報をもたらし企業経営戦略を推進する際の重要な役割を果たします。特許情報解析の目的は、技術動向の把握、競合会社の開発動向調査、新規用途探索のための調査、特許活用先又は技術提携先の探索、重要特許の自動抽出など多岐にわたり、それぞれの目的に応じた解析方法があります。本講座では、知財の基本的な知識や特許データベースの使い方を確認した上で、目的に応じた知財の解析手法と解析事例をご紹介しながら、特許情報解析を分かりやすく解説します。

■受講対象
企業の研究開発者、企業の知的財産部の方、経営企画部の方

■本セミナーに参加して修得できること
特許データベースの使い方、特許情報の分析(動向分析、競合分析、トレンド分析、提携先候補の探索、重要特許の探索)

セミナー内容

1.知財情報の基本事項の確認

1) 特許制度の概要
2) 特許分類


2.特許データベース

1) 各国特許庁データベース
2) 海外特許の商用データベース


3.基本的な特許情報解析手法の紹介

1) パテントマップ解析
  (1) 件数ランキングによる分析
  (2) 時系列解析
  (3) マトリクス解析
  (4) 発明者分析
  (5) 特徴技術の抽出
  (6) サイテーション解析
  (7) 競合企業の解析

2) テキストマイニング
  (1) 特徴語解析
  (2) クラスタリング
  (3) 2次元マップ

4.目的別の特許情報の解析手法と事例の紹介

1) 技術動向の把握
2) 競合会社の開発動向調査
3) 新規開発テーマ探索のための調査
4) 特許活用先又は技術提携先の探索
5) 重要特許の抽出(棚卸特許の選定)
6) 事業性評価のための特許情報の解析


<質疑応答>

セミナー番号:AC160540

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

雑誌 GMPeople

凍結乾燥

人工知能・機械学習・深層学習

本当に強い特許実務対応

改訂 食品包装材規制

食品・化粧品包装規制

カメラモジュール徹底解説

ハイバリアフィルム

滅菌とバリデーション

CFRP製品応用

化審法申請の実務

機能性植物の可能性

分野別のメニュー

化学・電気系分野別一覧

  電池・エネルギー

  植物工場他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許 INDEX
日本弁理士会 継続研修

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.