セミナー:<統計学における>検定の考え方・使い方(超入門)

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
4月
5月
6月
7月〜

化学・電気系 その他各分野
4月
5月
6月
7月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/4/5更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


セミナー:<統計学における>検定の考え方・使い方(超入門)

*その他 知財・特許 セミナー、書籍一覧はこちら:

★データの妥当性について客観的に判断したいとお考えの方へ!
 統計の専門家ではない立場から、習得にあたり理解に苦労すると思われる点などをふまえ、用語等の基本的な知識からわかりやすく解説します。

統計学における>

検定考え方・使い方【超入門】

〜データをどう解釈するか,どの検定法をどんな時に使うか〜

講師

京都大学 大学院工学研究科 助教 博士(工学)  内藤 豊裕 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年5月31日(金) 12:30-16:30
●会場 [東京・船堀]タワーホール船堀4階401会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

 日常の業務において,実験で得られた数値や,他者から示されたデータの結果について,その妥当性を判断できず苦慮されている方も多いと思われます。また,高校の学習指導要領も文理共通の必修科目に“仮説検定”の追加が予定され,そろそろ統計の勉強を始めたいと考えている方もいるかと思います。
 しかし,統計学の教科書を読んでも難しく理解できない・または何となく理解できた気はするが実際にどう活用したら良いかわからないといった方も,また多いのではないでしょうか?
 私は,手元のデータを比較している際に,理論的にデータの意味を解釈するために,趣味で統計を勉強し始めました。
 本セミナーでは,統計の専門家ではない立場から,私が勉強している中で理解に苦労した点をふまえ,検定の概念や区間推定などについて初級者にも理解しやすい様,用語等の基本的な知識からわかりやすく解説します。みなさんが統計学の教科書を読む際に,理解の手助けとなるようなイメージを共有したいと思います。また,基本的な検定にExcelなどのソフトを使用した際に出力される結果の読み方についても説明します。

○受講対象:
 統計学を最近勉強し始めた方,忘れてしまって復習をしたい方,統計を勉強していて区間推定や仮説検定でつまずく方を対象としています。
 特に,
 ・実験データの誤差の取り扱い方を学びたい方
 ・示されたデータを客観的に判断・比較したい方
 ・統計的な考え方によって品質等を管理したい方

○受講後、習得できること:
 ・示されている誤差の意味を理解し,誤差について正しく表記できる
 ・基本的な検定の考え方について理解し,適切な検定を行える
 ・区間推定の考え方を習得する
 ・ソフトから出力された数値の意味を理解できる

セミナー内容

1.入門書でも出てくる数学のおさらい
 1)総和,確率の計算,組み合わせ問題,積分
 2)二項定理

2.記述統計学(手元のデータの特徴を理解する)
 1)基本の統計量(平均,分散,標準偏差)
 2)データをばらつかせる偶然誤差
 3)正規分布とその性質

3.区間推定の考え方・使い方(手元のデータからデータ全体の特徴を推測する)
 1)母集団と標本
 2)標本平均の分布(標本平均もばらつく)
 3) 信頼区間の導入(真値はどこにあるのか?)
 4)大数の法則(標本は多い方がいい)
 5)不偏分散の導入(標本の数が少ない場合の推定)
 6)“誤差”の定義

4.各種検定の考え方・使い方(手元のデータを基準や他のデータと比較し,有意差があるか判定する )
 1)身近な検定(検定では何をしているのか?)
 2)z 検定の考え方
  a)両側検定
  b)片側検定
 3)t 検定の考え方
 4)対応のある2群の比較
 5)対応のない2群の比較
  a)等分散を仮定する場合
  b)分散が等しくないと仮定する場合
 6)検定における注意点
  a)検定における過誤(検定だって間違える)
   ・検出限界に関する2種類の考え方
  b)多重性の問題(検定の繰り返しはいけません)
   ・多重比較法の紹介
  c)5%は低い確率か?
 7)χ2検定
 8)F検定
 9)一元配置分散分析

  <質疑応答>

セミナー番号:AC190586

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理


半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

2019 車載カメラ徹底解説

量子コンピュータ

これから化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.