神経障害性疼痛 非臨床試験 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
8月
9月
10月
11月〜

化学・電気系 その他各分野
8月
9月
10月
11月〜

  ・10月名古屋開催セミナー
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/7/3更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

■神経障害性疼痛の病理、ターゲット分子や関連症状を理解
■必要な動物モデル・薬効薬理試験の選定
■神経障害性疼痛治療薬の基礎・臨床試験結果から見た新薬像

神経障害性疼痛の発症機構や病態、
動物モデル・薬効薬理試験の選定ならびに
開発動向から見た今後の創薬戦略

講師

ニューロサイエンス創薬コンサルティング 代表
(CNS&Pain Therapeutics 薬効薬理コンサルタント) 薬学博士 砥出 勝雄 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

【これまでのご経歴】
 内外資系の製薬会社で約36年間創薬研究に従事(神経障害性疼痛や変形性膝関節症など慢性疼痛治療薬およびAlzheimer病、Parkinson氏病、統合失調症、鬱、不安、睡眠障害治療薬など)。この過程では欧米の製薬会社や大学との共同研究を通じグローバルな視点で創薬研究にも取り組む。さらに、国内外の複数の大学において客員研究員や客員教授などにも従事し、アカデミアとのネットワーク構築や創薬の基盤となる基礎研究にも取り組んだ。

【現在の主な仕事内容】
 慢性疼痛疾患および中枢神経系疾患領域の創薬の実務経験を通じ実践的ノウハウの蓄積をベースに2014年10月よりこれらの治療領域で創薬コンサルティングを開業した。 この4年間、ポートフォーリオ充足に向けた開発戦略の立案、薬効薬理試験を主とした病態や各ターゲットに基づいた創薬戦略の提案や評価結果の解析、評価法の実践、副作用の解析など多面からコンサルテーションを多数遂行し、創薬研究を支援している。さらに2016年より、日本神経精神薬理学会では総務委員会の委員として学会運営活動、2017年4月より近畿大学で非常勤講師として、学生の教育にも携わっている。

【関連学会でのご活躍など】
 加盟学会 : 日本薬理学会評議員、日本神経精神薬理学会評議員および総務委員会委員、
        日本神経化学会評議員、国際疼痛学会(IASP)会員など。
 研究活動 : これまで投稿論文、総説執筆、国内外での招待講演、特別講演、シンポジストなど多数の実績。
創薬コンサルティング開業以降も国内外関連学会への参加、シンポジスト、コメンテーター、座長など。
さらに、国内外の研究者との交流、論文や創薬開発状況の調査や執筆、講習会講師など積極的に活動中。

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

『GLP/研究開発/非臨床試験』 関連セミナー・書籍一覧へ

日時・会場・受講料

●日時 2019年9月9日(月) 12:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん5階第3講習室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■はじめに

この10年間で難治性の神経障害性疼痛治療薬としてプレガバリンやデュロキセチンが登場、今春、前者と同様の作用機序を有するミロガバリンが承認された。一方、多数の新規作用機序を有する化合物が前臨床試験を経て臨床段階へとステージが進むがプライマリーエンドポイントが満たせずドロップアウトするケースも続いている。新規疼痛治療薬創生に向け、上記3剤や開発段階の化合物の基礎研究や臨床試験の結果を解析、ブレークスル―の糸口について述べたい。

■受講後、習得できること

1)神経障害性疼痛の発症機構、ターゲット分子ならびにその病態として痛みや関連症状の理解
2)臨床効果のエンドポイントにミートするために必要な動物モデル・薬効薬理試験の選定
3)神経障害性疼痛治療薬の基礎・臨床試験結果から見た新薬像

セミナー内容

1. はじめに
   1.1 痛みの分類と疼痛治療薬
   1.2 治療必要数 (NNT) および有害必要数 (NNH)のupdate
    〜 神経障害性疼痛治療薬のメタアナリシスより
   1.3 臨床試験におけるprimary/secondary efficacy endpointsのまとめ
1. 疼痛関連分子の発現部位および制御機構に関する最近の知見 
   2.1 疼痛発症機構と制御機構から見た各種疼痛治療薬の位置づけ
   2.2 アロディニアと痛覚過敏(末梢性過敏および中枢性過敏)
   2.3 後根神経節、脊髄後角、グリア細胞、免疫細胞に発現する疼痛ターゲット分子
   2.4 疼痛関連用語のまとめ

3. 神経障害性疼痛の分類 〜 神経障害性疼痛の病態や症状
   3.1 神経障害性疼痛全般について
   3.2 帯状疱疹後神経痛
   3.3 糖尿病性神経障害
   3.4 抗がん剤誘発神経障害
   3.5 がん性疼痛
   3.6 術後痛
   3.7 線維筋痛症

4. 神経障害性疼痛治療薬創生に向けた薬効評価項目や動物モデルの選定およびその留意点
    〜 臨床への適正なトランスレーションに向けて
   4.1 神経障害性疼痛の症状 〜 痛み、しびれ、感覚鈍麻など
   4.2 神経障害性疼痛治療薬開発に必要な薬効薬理試験や動物モデル
     ?帯状疱疹後神経痛、糖尿病性神経障害、抗がん剤誘発神経障害、
      がん性疼痛、術後痛、線維筋痛症など
   4.3 動物試験における新たな取り組みの必要性
     ?現在、市場にある薬剤との差別化
     ?現在開発中の疼痛治療薬の薬効薬理試験結果から臨床効果の予測性
      〜 primary/secondary efficacy endpointsの面より
   4.4 開発過程で副作用により中断した原因
   4.5 動物試験における副作用検証のための試験

5. 最近の神経障害性疼痛治療薬開発およびそれらの新薬像
   5.1 糖尿病性神経障害
     最近の承認薬や臨床試験を終了した化合物との有効性の比較
      〜 プレガバリンとの基礎および臨床効果の比較
     イオンチャネル阻害剤や各ターゲットによる化合物の開発ステージ
     各ターゲット分子による症状改善薬と病態進行遅延薬の創薬戦略
      〜 臨床第2相試験のprimary efficacy endpointの捉え方

   5.2 抗がん剤誘発神経障害
     臨床試験の際の予防薬と症状改善薬の治療戦略
      〜 痛み、異常感覚などprimary/secondary efficacy endpointsの捉え方  
   5.3 海外における新規作用機序を有する化合物や既存薬の適応拡大から見た新薬像
     糖尿病性神経障害治療薬
     抗がん剤誘発神経障害治療薬
     線維筋痛症治療薬
     オピオイド系化合物の最新情報 〜 作用メカニズムから見た新薬像
   5.4 神経障害性疼痛疾患の診断やバイオマーカーの現状と新たな取り組み
      〜 分子イメージング、神経生理学や病態生理学的手法の面より

セミナー番号:AA190901

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.