ファインバブル・マイクロバブル セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
10月
11月
12月
2020年1月〜

化学・電気系 その他各分野
10月
11月
12月
2020年1月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/10/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


ファインバブル・マイクロバブル セミナー

*その他 植物工場・アグリビジネス 関連セミナー、書籍一覧はこちら:

マイクロバブルの基本的な挙動・物性とは?ファインバブルの効果を引き出すポイントとは?ファインバブルの洗浄効果は?
 ファインバブルを正しい理解のもとで用いるための基礎知識を解説、数々の疑問を解消します。

ファインバブル技術

基礎知識活用展開

〜各種物性・特性・機能と装置技術、測定評価法、活用事例など〜

講師

国立大学法人鹿児島大学 学術研究院理工学域工学系 化学生命・化学工学専攻 助教 工学(博士)  五島 崇 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
 慶應義塾大学にてファインバブル研究の第一人者である寺坂宏一教授の指導の下で流動層やマイクロ気泡塔の研究に従事し博士号を取得。富士フイルム株式会社に就職後は生産技術センターに所属し、マイクロ化学プロセス技術の開発に従事。鹿児島大学にて助教として採用され地域バイオマスの資源化プロセス技術の開発に取り組んだ後、ファインバブルの発生装置の開発、特性や特徴の評価法の提案や産業利用に向けた基礎検討などファインバブルに係る研究を幅広く手掛け、現在に至る。

■ご専門および得意な分野・研究:
 気泡工学/流動層工学/マイクロ化学工学

■本テーマ関連のご活動:
 化学工学会反応工学部会反好会 幹事
 化学工学会ソノプロセス分科会 幹事
 九州環境エネルギー産業推進機構 学術会員

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年11月25日(月) 12:30-16:30
●会場 [東京・御茶ノ水]中央大学駿河台記念館4階410 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名38,000円 + 税、(資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき28,000円 + 税
 ※消費税につきましては講習会開催日の税率にて課税致します。
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

 昨今、ファインバブルと呼ばれる大きさが100μm以下の微細な気泡が様々な機能を液体に付与することができることから、環境、農業、食品、水産や医療等をはじめとする各種分野での研究開発や産業利用が注目されている。
 ファインバブルは気泡のサイズによりマイクロサイズのマイクロバブルとナノサイズのウルトラファインバブルの2種類に分類される。
 最近では数週間から数カ月の寿命があるウルトラファインバブルへの関心が高いが、研究者や利用者の声に耳を傾けると、「発生装置を買ったのに効果がない」「データの再現性が確保できない」「本当にウルトラファインバブルが液中に存在するのか」など懐疑的な意見もあり、ファインバブル技術の普及に向けた問題の一つとなっている。
 本セミナーでは、ファインバブルの研究や利用を正しい理解のもとで進めていただくために、ファインバブルの基礎物性、特性や機能および装置技術、測定評価法および活用事例などファインバブル技術の全般について基礎的な解説をおこなう。

○受講対象:

 分野を問わずファインバブルに携わる方やこれから利用される方、また技術に関心がある方等々

○受講後、習得できること:
 ・ファインバブルの基礎知識
 ・ファインバブルの活用事例
 等

セミナー内容

1.はじめに
 1.1 ファインバブルの歴史

2.ファインバブルの特徴と特性
 2.1 マイクロバブルの上昇速度
 2.2 マイクロバブル流の摩擦抵抗の低減
 2.3 マイクロバブルの自己加圧効果
 2.4 マイクロバブルの溶解・収縮
 2.5 ファインバブルの比表面積
 2.6 ファインバブルの表面電位と静電気的作用
 2.7 ファインバブルの疎水性相互作用
 2.8 ファインバブルの活性酸素種やOHラジカルの生成
 2.9 ウルトラファインバブルの分散安定性
 2.10 ファインバブルの残存寿命

3.ファインバブル発生技術
  〜発生原理・装置の特徴とその差異、使い方等〜

 3.1 マイクロバブル発生装置
 3.2 ウルトラファインバブル発生装置
 3.3 効果を引き出すための装置の選定・設計方法

4.ファインバブル計測技術とその評価法
  〜粒子径・粒子数や特性・機能等〜

 4.1 ファインバブルのバルク液物性計測・評価法
 4.2 マイクロバブル計測・評価法
 4.3 ウルトラファインバブル計測・評価法

5.ファインバブルの化学工学的アプローチ
 5.1 気液間物質移動
 5.2 ガス吸収
 5.3 吸着と浮上分離
 5.4 洗浄

6.ファインバブルの活用事例と適用のポイント
 6.1 農業、水産業
   ・農作物(水産物)の成長促進
   ・鮮度保持
 6.2 環境
   ・工場排水処理
 6.3 洗浄
   ・トイレ洗浄
   ・ウエハー洗浄
   ・野菜・食品
   等

  <質疑応答>

セミナー番号:AC191184

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.