セミナー 暗黙知 技術伝承 技術継承 技能伝承 ナレッジマネジメント 製造業

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
2月
3月
4月
5月〜

化学・電気系 その他各分野
2月
3月
4月
5月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/2/6更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


セミナー 暗黙知 技術伝承 技術継承 技能伝承 ナレッジマネジメント 製造業

★生産現場、研究開発など様々なシーンで課題となっている技術伝承…本セミナーでは、伝承の最大のポイントと言える“暗黙知”にフォーカスして詳解!
★暗黙知の種類などの基礎から表現・整理の仕方、実際に伝承する際の立案・計画、マニュアル・プログラム作成、指導法まで。
★ものの見方や発想など核心的な部分も交えて解説します!

ベテランの暗黙知をとらえ伝承する方法論

〜暗黙知の説き起こしから整理の仕方、

効果的に暗黙知を伝承する方法まで〜

講師

技術・技能教育研究所 代表取締役 森 和夫 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
 職業能力開発総合大学校教授、助教授、講師(〜2000年)、徳島大学教授(〜2004年)、東京農工大学教授(〜2006年)、2006年に技術・技能教育研究所を創設し現職、2018年に一般財団法人 職業教育開発協会代表理事。

■ご専門および得意な分野・研究:
 職業能力開発、産業教育学、労働科学で、技術・技能教育に関する研究開発とコンサルテーションを展開している。博士(工学)、主な研究開発成果は、「指導技術訓練システムPROTS」「職務分析手法CUDBAS」「技能分析手法SAT」「技術・技能伝承システム」「現場力向上NAVIシステム」などがある。

■代表著書など:
 「技術・技能論」「Skilled Labor on High-Tech Age」(大妻女子大学人間生活文化研究所,2017・2018)、「能力開発の実践ガイド」(日本能率協会コンサルティング、共著、2013)、「人材育成の見える化」上巻/下巻(JIPMソリューション、2008)、「3時間でつくる技能伝承マニュアル」(JIPMソリューション、共著、2007)、「技術・技能伝承ハンドブック」(JIPMソリューション、2005)、「技の学び方・教え方」(中央職業能力開発協会、2002)など。研究論文、報告書、雑誌記事、発刊図書数は300点以上にわたる。

■ご受賞歴:
 (1992年)労働問題リサーチセンター、沖永賞(論文部門)受賞「生産技術教育の方法理論」、(2001年)日本規格協会、標準化文献奨励賞受賞「技術・技能伝承マニュアルのつくり方」など

■本テーマ関連学協会でのご活動:
 所属学会は日本産業教育学会、学会誌編集委員(2010〜2016)、※日本人間工学会、人類働態学会、日本教育心理学会などで活動。

技術・技能教育研究所WEBサイト⇒こちらをクリック

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年4月10日(水) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん5階 第4講習室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナー開催にあたって

■はじめに:
 職場には長い間の経験によって獲得された技術・技能はベテランに蓄積されます。これらを活用して、生産が行われています。「ベテランの職員が保有する技術・技能は伝承していかなければならない」と考える方は多くいますが、伝承を始めて見ると簡単にはいかないことに気づきます。この活動は思いつきや見よう見まねで進めることでは成果は出ないものです。なぜなら、その多くは言葉に表現しにくい暗黙知が介在しているからです。
 技術・技能伝承を効果的に進めるには、理にかなった方法の採用が重要です。このセミナーでは暗黙知とは何かから説きおこし、暗黙知の特徴、暗黙知の整理の仕方、暗黙知を伝える方法までを体系的に学習します。技術・技能伝承、技術・技能人材の育成に関わる方々、指導者の方々に受講をお勧めします。

■受講対象者:
 技術・技能伝承に従事している方、これから従事する方、関心のある方ならどなたでも受講できます。業界を問わず幅広い分野の受講が可能です。
 後継者養成を進めているが表現できない暗黙知があり課題を抱えている方、研究開発の技能伝承に取り組んでいるが、暗黙知が多く、伝承に困っている方、この他、暗黙知継承の進め方や指導法を身につけたいとする方にお勧めします。

■必要な予備知識:
 この分野に興味のある方なら、特に必要はありません

■本セミナーで習得できること(一例):
 ・技術・技能伝承の方法論を知る
 ・暗黙知の性質と取り扱いについて知る
 ・暗黙知明確化の方法が実践できる
 ・人の動作や考え方を表現できる

セミナー内容

1.暗黙知伝承の必要性

2.暗黙知を捉える

 2.1 暗黙知とは何か、どう伝えるか
 2.2 暗黙知の4種類・4階層の仮説
 2.3 作業概念の形成を考える

3.技術・技能伝承を進める3つのステージ
 3.1 保有能力の把握と伝承計画の立案
 3.2 技能分析とマニュアル作成
 3.3 技術・技能指導技法

4.暗黙知の明確化の実際(演習)
 4.1 技術・技能分析の考え方・整理の仕方
 4.2 技術・技能分析の方法演習
 4.3 分析から伝承教材に展開する方法演習
 4.4 暗黙知指導の方法

5.技術・技能伝承活動のフローチャートとプログラム
 5.1 活動のフローチャート
 5.2 技術・技能伝承活動の展開プログラム

6.暗黙知伝承の核心とは
 6.1 暗黙知伝承とは「本質を追究すること」
 6.2 暗黙知伝承は「ものの見方、考え方」を伝えること
 6.3 ものごとの多面的理解と多角的発想
 6.4 研究開発の暗黙知とは何か、伝承しうるか

<質疑応答・個別質問・講師と名刺交換>

■ご講演中のキーワード:

 技術・技能伝承、暗黙知の明確化、暗黙知の階層、暗黙知の種類、技術・技能分析、暗黙知指導のポイント

セミナー番号:AC190403

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

  雑誌発・各社の事例セミナー3/19

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

量子コンピュータ

これから化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.