造粒 DVD

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
1月
2月
3月
4月〜

化学・電気系 その他各分野
1月
2月
3月
4月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2017/11/22更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


講習会収録DVD

★基礎と、起こりがちなトラブル事例を学ぶ!
★(受講者の感想) 基礎的なことを、より理解できた。課員への教育材料としたいと思う。他。

造粒の基礎と各造粒法のトラブル対策DVD
−最適造粒へのポイントと操作条件の設定方法−

講師

富山県薬事研究所 明 長良 先生
製薬企業にて製剤研究担当後、フロイント産業(株)技術開発研究所において化成品開発部長、工場長、および製剤機械の開発に携わる。

動画サンプル

発売/収録日時

発売  2010年1月29日
収録日時 2009年8月27日(木) 10:30-16:00

定価/付録/形式

40,000円 + 税  付録 講習会資料
形式 DVD2枚、約230分  詳細、申込方法はこちらを参照

ポイント

*造粒機には固有のメカニズムがあり、粉末とバインダーの関わり方が異なるので、造粒物の形状もさまざまである。
 撹拌造粒では重質の粒子が、流動層造粒では形質の粒子が形成される。
 用途に応じて使い分けられるが、特有の造粒トラブルも発生する。
 しかし、トラブルには液と固の関係から観た共通点があり、今回は造粒の基本から各造粒法のトラブル対策を検討する。

収録内容


1.初めての造粒
 ・ 手圧法実験から製造承認申請手続きまで
 ・ わが国における医薬品の形態
 ・ 実験機、パイロットプラント、実生産機による実験の必要性
 ・ 物性測定(みかけ密度、安息角、粒度分布、粒子硬度など)

2.造粒のコツを科学的に検証する
 ・ 液体架橋による造粒の理論
 ・ 固液充填構造より各種造粒法のメカニズムを知る
 ・ 塑性限界と造粒物性

3.撹拌造粒法のメカニズムと造粒方法
 ・ 重質粒子、打錠用顆粒を製する方法
 ・ 撹拌造粒法における適正バインダーの設定方法

4.その他の造粒法

番号:BA100102

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

セルロースナノファイバー

製造業IoT/AI

医療機器QMS

LC-MS/MS定量分析

機械学習・人工知能

高分子添加剤

2018カメラモジュール

GCPシステム監査

塗膜をよくするテクニック

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.