フロー・マイクロ合成 医薬品 製造

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
1月
2月
3月
4月〜

化学・電気系 その他各分野
1月
2月
3月
4月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2017/11/22更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

○マイクロリアクターのメリット・デメリットとは?
○フロー・マイクロ合成の原理, GMPの考え方, 活用方法, 技術導入の流れに至るまで!
○最新情報と医薬・化学分野での活用事例を踏まえ、分かり易くご説明します!

-最新活用事例から検討する-
フロー・マイクロ合成技術医薬品及び原薬製造プロセスへの応用
〜連続生産への試み・導入の方法論・国内外の最新動向など〜

講師

塩野義製薬株式会社 グローバルイノベーションオフィス
主幹研究員 工学博士 高山正己 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
1987年3月 京都大学工学部合成化学科卒業
1989年3月 京都大学大学院工学研究科合成化学専攻修士課程修了
1992年〜1995年 京都大学大学院 工学研究科 受託研究員
1995年 京都大学博士(工学)取得
1994年4月 同社 創薬研究所
2005年4月 同社 創薬研究所 グループ長
2013年4月 現職

■専門および得意な分野・研究
医薬品化学,有機合成化学,フロー合成化学

■本テーマ関連学協会での活動
近畿化学協会 合成化学部会 フロー・マイクロ合成研究会 幹事

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2018年4月23日(月) 12:30-16:30
●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)1階A会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
 フロー・マイクロ合成技術の医薬品研究の活用および原薬製造の連続化に関する最新事例を紹介する。医薬品合成研究者,CMC製薬研究者,医薬品中間体の受託企業の研究員等を対象に、フロー・マイクロ合成の原理から活用のポイントを、初心者にもわかりやすく説明する。特に事例紹介だけではなく、弊社のケースを振り返って、実際に導入を考えている企業のフロー・マイクロ合成技術の導入までの方法論にも言及したい。最後に、医薬品研究の将来への展望を述べるとともに、世界で活発に行われている国家プロジェクト,コンソーシアムに関しても紹介する。

■受講後、習得できること
・フロー・マイクロ合成の基礎知識
・医薬品合成研究におけるフロー・マイクロ合成技術の使いどころ
・原薬製造におけるフロー・マイクロ合成技術の活用法
・フロー・マイクロ合成技術の医薬品研究における活用の方向性

■本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・危険物取扱法
・GMP

■講演中のキーワード
光反応, ケミカルライブラリー合成, 自動合成, コンテナファクトリー, 連続生産

セミナー内容

1. フロー・マイクロ合成技術の概要
 1.1 マイクロリアクターとは
 1.2 バッチとフローの定義
 1.3 フローの特徴
 1.4 メリット,デメリット

2. 医薬品,原薬製造プロセスへの展開
 2.1 連続生産(フロー合成含む)に対するPMDAの考え方
   2.1.1 連続生産とは
   2.1.2 国内又は医薬品業界における検討状況
 2.2 医薬品生産現場でのフロー合成技術の活用
   2.2.1 連続生産へのチャレンジ
   2.2.2 フロー合成でcGMP下でAPIを生産した事例
   2.2.3 危険反応・特殊反応に対する部分的な適用
   2.2.4 マルチパーパスのコンテナファクトリーの導入

3. 各分野での活用事例(医薬品化学)
 3.1 化合物の自動ライブラリー合成
 3.2 中員環ライブラリーの合成
 3.3 光化学・電極反応への活用
 3.4 創薬研究の自動化へのチェレンジ
 3.5 合成ルート・反応条件の自動検索へのチェレンジ
 3.6 合成受託企業のメリット

4. 最新動向(コンソーシアム,国家プロジェクトなど)
 4.1 国内の動向
 4.2 世界の動向

5. 社内への技術導入の流れと弊社の事例

6. 今後の展望

<質疑応答>

セミナー番号:AA180447

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

セルロースナノファイバー

製造業IoT/AI

医療機器QMS

LC-MS/MS定量分析

機械学習・人工知能

高分子添加剤

2018カメラモジュール

GCPシステム監査

塗膜をよくするテクニック

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.