化粧品広告 薬機法 表示

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
9月
10月
11月
12月〜

化学・電気系 その他各分野
9月
10月
11月
12月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

どこまでがセーフでどこからがアウト?
事例を交え、化粧品広告の"現場"で必要な知識を伝授します。

知識から実践へ!事例で学ぶ、すぐに使える化粧品広告術

講師

さくら共同法律事務所 弁護士 薬剤師 村上貴洋 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご経歴(詳しくは、さくら共同法律事務所の下記HPをご覧下さい。)
平成14年3月 東京大学薬学部卒業
平成14年4月 薬剤師国家試験合格
平成14年4月〜平成15年3月 東京大学大学院薬学系研究科生命薬学専攻修士課程
平成15年4月〜平成17年7月 株式会社マツモトキヨシ勤務
平成17年8月〜平成24年11月 有限会社北斗調剤薬局勤務
平成23年11月 司法試験予備試験合格
平成24年9月 司法試験合格
平成24年11月〜平成25年12月 司法修習
平成25年12月 東京弁護士会弁護士登録
平成25年12月〜 さくら共同法律事務所入所
http://www.sakuralaw.gr.jp/profile/murakami/index.htm

■ご専門および得意な分野・研究
薬機法(特に、68条の広告規制と個人輸入の実務に精通)

■本テーマ関連学協会でのご活動
東京弁護士会 消費者委員会 PL・食の安全部会における講演
東京都西部薬剤師会における講演

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

『化粧品・医薬部外品・食品』 関連セミナー・書籍一覧へ

日時・会場・受講料

●日時 2017年11月24日(金) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階第3グループ活動室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・撮影行為は固くお断り致します。
●講義中のパソコン・携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
まず、皆さん意外と知らない、化粧品広告規制の法的知識を簡単に学んで頂きます。その上で、化粧品の広告として許される表現の一覧を見て頂き、その中でも問題となる個々の表現を解説していきます。最後に、実際に不適とされた化粧品広告を見て頂くことで、抽象的から具体的に、理論から実務に、知識から実践へとすぐに活かして頂ける講義内容となっております。

■受講後、習得できること
・化粧品広告規制の法的知識の習得
・合法的に許される化粧品広告の学習
・問題となる化粧品広告の学習
・実際に不適とされた化粧品広告の学習

■本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律。医薬品医療機器等法)
・医薬品等適正広告基準
・化粧品の使用上の注意事項の表示自主基準
・景品等表示法(不当景品類及び不当表示防止法)

■講演中のキーワード
・薬機法
・医薬品医療機器等法
・化粧品
・広告
・表示

セミナー内容

1.意外と知らない 化粧品広告規制の法的知識
 1.1何故、効能効果はうたえないの? ――薬機法68条
 1.2「広告」って何? ――「広告」3要件
 1.3歯みがき粉も「化粧品」? ――「化粧品」の定義
 1.4「薬用化粧品」って普通の化粧品とどう違うの? ――「医薬部外品」の定義

2.「肌にはりを与える」は許される? 合法的化粧品効能効果一覧
 2.1表で見る(1) 「薬用化粧品」の効能効果一覧
 2.2表で見る(2) 「化粧品」の効能効果一覧
 2.3表以外の効能効果は許されないの? ――メーキャップ効果・使用感の表示

3.詳説! 医薬品等適正広告基準(化粧品に関する部分を抜粋)
 3.1成分表示(1) 「特記成分」
 3.2成分表示(2) 「有効成分」
 3.3保証表現(1) 「安全性は確認済み!」 ――保証表現の禁止
 3.4保証表現(2) 歴史的表現
 3.5保証表現(3) 臨床データ等の例示
 3.6保証表現(4) 使用前後の図画・写真等
 3.7保証表現(5) 使用体験談等
 3.8保証表現(6) 身体への浸透シーン
 3.9保証表現(7) 低刺激性の表示
 3.10保証表現(8) 「よーくきく!」 ――強調表現
 3.11保証表現(9) 「世界○○か国で使用!」
 3.12最大級表現(1) 「最高のききめ!」 ――最大級表現の禁止
 3.13最大級表現(2) 新発売はいつまで?
 3.14最大級表現(3) 「強力・・・」「強い・・・」「比類なき安全性」「絶対安全」
 3.15使用上の注意 化粧品の使用上の注意事項の表示自主基準
 3.16ひぼう広告・比較広告
 3.17医療関係者等の推せん・公認
 3.18懸賞・賞品による広告 「オープン懸賞」は許される?
 3.19不快・不安・迷惑広告 連呼は5回まで?(連呼広告)
 3.20品位の保持 語呂合わせに注意!
 3.21その他(二重価格・割引率等の広告)

4.化粧品表示の限界 ――不適表示・広告事例集
「こじわの気になる部分に」
「しわ、たるみ・・・」
「日焼けした後は・・・」
「リフト力・・・」
これらは、全部NG事例の一例です!

セミナー番号:AA171133

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

高分子添加剤

GCPシステム監査

塗膜をよくするテクニック

WLO技術・応用・市場

医薬品GMP監査員必携

データインテグリティ要件と解説

リチウムイオン二次電池

製品品質照査

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.