BPR 殺生物性製品規則 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
2月
3月
4月
5月〜

化学・電気系 その他各分野
2月
3月
4月
5月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
ヘルスケア系ヘルスケア系化学・電気系化学・電気系
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


*その他 化学物質関連セミナー 開催予定はこちら:
   ・各国法規制、SDS、GHS他、最新動向を反映。

医薬・機器・化粧・食品系セミナー

初めてのBPR(3月24日)のみ参加↓

初めてのREACH(3月23日)/初めてのBPR(3月24日)両日参加↓

★最新動向含め最低限知っていなければならない内容を、無理なく短時間で押えられるセミナーです!
★前日、「初めてのREACH」セミナーも、是非併せてご参加下さい。


初めての欧州BPR(殺生物性製品規則)(超入門セミナー)

講師

東京都市大学 環境学部 客員教授
(株)日立製作所 国際標準化推進室 主管技師長
工学博士 市川 芳明 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

*関連の学会・協会等での活動
IEC TC111(環境規格委員会)国際議長,ISO TC/268/SC1 (スマートコミュニティインフラ)国際議長,ISO14006(エコデザインマネジメント)エキスパート,ISO14067(カーボンフットプリント)エキスパート,CENELEC(欧州電気規格委員会)オブザーバー,ISO TC207 リエゾンオフィサー

→このセミナーを知人に紹介する

3月23日 『初めてのREACH(超入門セミナー)』とセットで受講が可能です。
講義内容はこちら→


<その他関連セミナー>

化学物質関連法規制セミナー 一覧へ

日時・会場・受講料

●日時 2017年3月24日(金) 12:30-16:30
●会場 [東京・船堀]タワーホール船堀3階307会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料
『初めてのBPR(3月24日)』のみのお申込みの場合
  1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円

『初めてのREACH(3月23日)』と合わせてお申込みの場合
   (同じ会社の違う方でも可。※二日目の参加者を備考欄に記載下さい。)
  1名60,480円(税込(消費税8%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき49,680円 ⇒割引は全ての受講者が両日参加の場合に限ります

      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・撮影行為は固くお断り致します。
●講義中のパソコン・携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講演ポイント
 98/8/EC「殺生物性製品指令」が1998年5月に発効している。しかし,2012年6月27日に大幅な改正がなされ,同名の法律が,ただし,指令ではなく,より厳しい規則として公布された。
 既に自動車会社など大手の企業がサプライヤーへの説明会を開催し,日本企業に影響が波及しつつある。ELV指令,RoHS指令,REACH規則と同等のコンプライアンス対応が求められている。BPR規則の特徴的なところは,データ共有の義務など,REACHに類似した思想を随所に取り入れていることである。とりわけ注意すべきことは,すべての殺生物性製品が「認可」(REACHでは最も厳しい規制措置)の対象であるということ,さらに,規制の対象に成形品も含まれることから,多くの産業にその影響が広がっている。
 加えて,BPR規則が旧法を大幅に改定したことを緩和するための移行措置のほとんどは2017年で期限が切れてしまう。日本企業で自社の製品がサプライチェーンの最終場面で欧州に持ち込まれる可能性のある方々は,一刻も早くBPRを正確に理解し,自社のビジネス上のリスク管理を徹底することが必要である。
 本講演では難解な殺生物性製品規則をテーマ別にわかりやすく整理し,短い時間で要点が理解できるように解説する。

■受講後、習得できること
・BPR規則の全体構成と概要
・殺生物性製品の概念
・処理された成形品の概念
・法的要求事項
・手続や申請の方法の概要
・企業が調査すべき項目と調査の方法
・企業としてなすべきこと

セミナー内容

1.BPR(殺生物性製品規則)の全体概要
 1.1 主要な概念と定義
 1.2 BPRの全体構成
2.殺生物性製品に関する規定
 2.1 製品タイプ
 2.2 認可手続き
 2.3 申請データ
3.活性物質に関する規定
 3.1 活性物質の承認
 3.2 承認の除外
 3.3 代替候補活性物質
 3.4 申請データ
 3.5 データ共有
 3.6 更新
 3.7 見直しプログラム
4.物質のリスト
 4.1 活性承認物質リスト
 4.2 第95条リスト
 4.3 付属書 Iリスト
 4.4 見直しプログラムリスト
 4.5 代替候補活性物質リスト
5.処理された成形品に関する規定
 5.1 上市の制限
 5.2 免除と移行措置
6.日本企業の対応のポイント

*質疑応答は、セクション毎に随時受け付けます。

初めてのBPR(3月24日)のみ参加↓

初めてのREACH(3月23日)/初めてのBPR(3月24日)両日参加↓

セミナー番号:AA170391

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

医薬品 倉庫・輸送の品質管理

粉砕の実務

脳・生理計測と感性評価

超親水・超撥水

2017年 医薬品GMP監査

失敗から学ぶ植物工場

治験薬の品質管理

二軸押出機

MW 臨床試験関連用語集

ウェアラブルセンシング

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.