混合物 ラベル SDS セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
1月
2月
3月
4月〜

化学・電気系 その他各分野
1月
2月
3月
4月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
ヘルスケア系ヘルスケア系化学・電気系化学・電気系
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


*その他 化学物質関連セミナー 開催予定はこちら:
   ・各国法規制、SDS、GHS他、最新動向を反映。

医薬・機器・化粧・食品系セミナー

★モデルを例に、具体的に分類・ラベル・SDS作成について解説!
★労働安全衛生法改正、GHS、JISなど最新動向を踏まえて!
★基本を学ぶことで、混合物製品のラベル・SDSが作成できるレベルを目指します。


<1日で習得できる> 混合物ラベル・SDS作成講座

講師

中央労働災害防止協会 労働衛生調査分析センター 専門役
日本大学生物資源科学部 応用生物科学科 非常勤講師
農学博士 荒木 明宏 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■主経歴
1977.04-1980.03 中央労働災害防止協会、中国四国安全衛生センター入社:作業環境測定の業務
1980.04-1980.11  同協会 労働衛生検査センター(現労働衛生調査分析センター)、実験検定室配属:化学物質の有害性調査
1980.11-2005.03  同協会 日本バイオアッセイ研究センター配属:変異原性試験業務
2005.04-現在    同協会 労働衛生調査分析センター配属:リスクアセスメント業務

■本テーマに関する業界団体での活動
厚生労働省委託事業によるモデル分類・モデルSDS作成
中央労働災害防止協会主催:SDSの読み方研修、SDS作成研修

■専門分野・研究
化学物質の有害性評価

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

化学物質関連法規制セミナー 一覧へ

日時・会場・受講料

●日時 2017年3月22日(水) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階第2特別講習室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・撮影行為は固くお断り致します。
●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■注意点
※PCをご持参できる方はお持ち下さい(ExcelがインストールされたPC)。ご持参頂かなくとも受講に差し支えございません。

■講座のポイント
 厚生労働省は、平成28年6月1日に改正された労働安全衛生法で、労働現場において特に危険又は健康障害を生じるおそれのある物質640物質にラベル表示とSDSの交付を義務付けており、これらの物質以外の危険又は健康障害を生ずるおそれのある物質について、ラベル表示及びSDS交付による危険有害性情報の伝達を努力義務としています。640物質のラベル表示を義務付けしたことで、表示および通知物質のカットオフ値が変更され、表示における成分名の記載の緩和、譲渡・提供において暴露の可能性のない(法令で定めるもの)について表示が緩和されました。また、640物質のリスクアセスメントが義務化されたことで、SDSに記載されているGHS分類、許容濃度等をリスクアセスメントに利用する必要があることから、事業者は必ずSDSを入手することが必要となりました。なお、平成29年3月1日には27物質が追加され、名称の整理がされて663物質がラベル表示及びSDS交付対象物質となります。
 SDS およびラベル作成の基準として、統合JIS Z 7253:2012「GHSに基づく化学品の危険有害性情報の伝達方法−ラベル、作業場内の表示及び安全データシート(SDS)」、分類 JIS Z7252;2014「GHSに基づく化学物質等の分類方法」が運用されています。これらはいずれもGHS国連文書、第4版に基づきは平成24年と平成26年に改訂されたものです。現在、GHS国連文書は第6版となっており、第4版になかった鈍感化爆発物などの新しい危険有害性が盛り込まれています。JISも5年ごとに見直しが行われることから、2017年度には何らかの動きがあるものと考えられます。
 労働安全衛生法では表示、SDSとリスクアセスメントによる化学物質管理を推進しており、化学品の譲渡提供者は、労働者へのばく露の可能性のある製品すべてについてGHS分類を実施し、危険有害性のある場合はJIS基準のラベルおよびSDSを作成して、提供する必要があります。また、化管法では、混合物のGHS分類に基づくSDSが要求されており、国は混合物のGHS分類(有害性)とラベル作成の自動化ツールを公開しています。

 本講座では、ラベルとSDSの法的な位置づけとGHSとJIS規格について説明します。また、単一物質のGHS分類結果(国または事業者が実施したGHS分類結果)を利用した混合物のGHS分類方法とラベル・SDSの作成方法について、モデル混合物を例に解説し、独自にラベルとSDSを作成できるようになることを目標にします。

■受講後、習得できること
・混合物のGHS分類が理解でき、分類できるようになる。
・エクセルのソート・ペースト機能を利用した混合物のラベルとSDSが作成できるようになる。(エクセルツールは統合JIS対応とし、注意喚起語の編集にCLP規則の優先順位を参照できるようにしました。注意:エクセルツールはGHS分類、ラベル・SDSを自動作成するものではありません)

セミナー内容

1.SDSの法的位置づけとJIS、GHSの概要

2.混合物のGHS分類
  (事業者向けGHSガイダンスに基づき、混合物を例に具体的に説明します)
 ・混合物分類における単一物質の政府分類、事業者分類の利用
 ・混合物の物理化学的危険性の分類
 ・混合物の健康有害性分類基の分類
 ・混合物の環境有害性の分類

3.混合物のGHSラベルの作成
  (例題の分類結果をもとにエクセルツールを用いてラベル作成方法について具体的に説明します)

 ・絵表示、警句、注意喚起語、注意書の選択
 ・注意書の編集

4.混合物のSDSの作成
  (例題の分類結果をもとにSDS作成方法について具体的に説明します)

 ・SDS作成のための情報収集
 ・JIS規定の1〜16項の記載方法(選択ツールの使い方)

<質疑応答>

セミナー番号:AA170384

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

超親水・超撥水

2017年 医薬品GMP監査

失敗から学ぶ植物工場

治験薬の品質管理

二軸押出機

MW 臨床試験関連用語集

ウェアラブルセンシング

2017 車載カメラ徹底解説

基礎からの統計学

細胞培養

最新 UV硬化

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.