SDS 国内SDS セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
1月
2月
3月
4月〜

化学・電気系 その他各分野
1月
2月
3月
4月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
ヘルスケア系ヘルスケア系化学・電気系化学・電気系
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

【毎回大好評6回目】
・新たにSDSに係る業務に携わるけどSDSって何?
・SDSに係る業務に携わって日が浅く、GHSってまだよくわからない?
・SDSに携わってはいるが、キチンと教わっていないから、勉強しなおしたい

<一日で習得できる> 
国内SDSの法体系と混合物のラベル・SDS作成講座

講師

株式会社成田セイフティデータサポート 代表取締役 伊藤功 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
米国モンサント社、オランダアクゾ社等の日本法人およびJVを含め10社ほどの化学会社を中心とした企業にて製造、品質管理、技術開発、技術サービス、工場管理、物流管理、MSDS作成、協力業者管理、化学物質管理、化審法・安衛法登録に従事。
 
2002年8月より株式会社住化分析センターにて化審法・安衛法登録、危険性・安全
性評価、SDS作成、GHS分類、化学品規制コンサルタント業務に従事。
複数の化学物質の危険性、安全性に係る国及び団体のプロジェクトに参画。

2012年6月 株式会社住化分析センター 理事 化学品安全事業部長
2014年12月株式会社住化分析センターを退社
2015年1月 株式会社成田セイフティデータサポート設立

 中小の企業を主な対象として化学品規制コンサルタントとして、SDS作成・化学品規制コンサルタント、国連危険物輸送勧告の提案、化審法既存・新規調査、より実際に則した提案型コンサルタント業務、インハウスセミナーを含めた講演、社内教育を展開しています。

■専門および得意な分野・研究
化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)
日本の化学品関連規制、安全性、危険性調査・コンサル 
GHS分類、国連危険物輸送勧告の試験・分類
SDS作成、調査。コンサル
物流デザイン、コンサル

■本テーマ関連学協会での活動
国連危険物輸送勧告セミナー(2016年10月6・7日 化工日主催) 
プロセスセイフティー、ベトナム商工省関係者への講演
(2015年11月19日JAICA主催)

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

化学物質関連法規制セミナー 一覧へ

日時・会場・受講料

●日時 2017年2月24日(金) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階第3グループ活動室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・撮影行為は固くお断り致します。
●講義中のパソコン・携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント 
本講座は
・新たにSDSに係る業務に携わるけどSDSって何?
・SDSに係る業務に携わって日が浅く、GHSってまだよくわからない?
・SDSに携わってはいるが、キチンと教わっていないから、勉強しなおしたい
と言うような方をターゲットに、SDSの目的、GHSの目的と問題点、日本におけるSDSの法的要求、法律による要求の違いを始め、GHSの分類法、混合物の分類から、SDS・ラベルの作成方法までをお教えする講座です。
 JIS規格やGHS分類の本を読んでもよくわからないことや、問題点など、本やSDS作成テキストなどでは分からないことを重点的にお教えする講座としています。
 事前にお受けする質問も共有できるものはできる限り講座に反映させ、個別のご質問は個別に回答し、実例を交えた演習と個別対応する課題提出(希望者)への添削、助言のフォローで参加された方沿ったセミカスタマイズな講座を提供します。


■受講後、習得できること 
・SDS、GHSの背景、目的の理解
・日本におけるSDS作成に係る法的要求
・GHS項目内容と、分類方法
・SDS作成のための有害性調査方法
・混合物のSDS作成、ラベル作成方法

■本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・労働安全衛生法 
・毒劇物取締法 
・化管法
・JIS Z 7252、JIS Z 7253
・事業者向けGHS分類ガイダンス(平成25年度改訂版)
・化学品の分類及び表示に関する世界調和システム(GHS) 改訂第6版
・国連危険物輸送に関する勧告 改訂19版
・IATA航空危険物輸送規則書
・危険物船舶輸送及び貯蔵規則
・緊急時応急措置指針[改訂第4版]
 
■講演中のキーワード
  SDS、 ラベル、 混合物、 GHS分類、 正式輸送品名  UN番号

セミナー内容

■講演プログラム 

T.SDSとGHS

 1.SDSとGHS概論(15分)
  1)GHSの目的と経緯
  2)GHSと国連危険物勧告の関係
  3)危険物輸送における国際的体系 
 2.日本におけるSDS関連法令(15分) 
    SDS要求三法の要求内容と今回の労働安全衛生法改訂について
3.GHS分類各論(45分)
4.有害性情報の調査方法(15分)
  1)NITE公表のGHS分類の活用
  2)NITE公表のGHS分類の注意事項
  3)用語の説明

U.混合物のGHS分類と、SDS・ラベル作成ノウハウ
 1.混合物のGHS分類及び演習(30分)
  1)混合物のGHS分類方法
  2)混合物のGHS分類(演習)
2.SDSとラベルの作成ノウハウ (30分)
   1)SDS作成の手順
   2)SDS各項目の構成
   3)各項目のフレーズ事例と選択基準
 3.事例を交えたSDS・ラベル作成演習と作成における注意事項(30分)
   1)各法律で要求されるラベル追加記載(毒劇法、消防法、イエローカード)

 4.質疑応答 (30分)

 5.宿題 : SDS、ラベルの作成、 講師へ直接メール送付で 添削回答する
         参加者で希望者(提出者)のみ、
受付期間:講習参加後1ヶ月(添削回答は受付後約1ヶ月)

<追加情報>
事前質問を受け付け、多くの方に共有すると思われる質問は、講演内容に反映する。
固有の質問と思われるものは、質問された方にメールにて個別に回答する。
個別回答を希望される方はメールアドレス等を質問書に記載願う。
個別回答は、状況によるが講演後に回答する。質問された方が個別回答を希望されても、講師の判断で共有と思われるものは、個別の情報を除いて講演に反映する場合もあり、この場合個別回答を行うか、講演内容をもって回答とするかは状況により判断。
講演後の講演内容或は講演により新たに質問がある場合は後日e-メールでの質問も受け付け、個別回答します。
宿題は、提案した宿題に基づきSDS・ラベルを作成したものを提示いただくか、或は参加者の企業で実際に作成使用している或は購入している製品のSDS・ラベル情報等を提示いただき、それらについて添削、助言を個別に実施、或は個別の疑問・質問に回答する。(期限は2017年3月15日まで提出いただいたものに、3月末ごろまでに回答)

セミナー番号:AA170243

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

超親水・超撥水

2017年 医薬品GMP監査

失敗から学ぶ植物工場

治験薬の品質管理

二軸押出機

MW 臨床試験関連用語集

ウェアラブルセンシング

2017 車載カメラ徹底解説

基礎からの統計学

細胞培養

最新 UV硬化

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.