ストレスチェック 計測

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
1月
2月
3月
4月〜

化学・電気系 その他各分野
1月
2月
3月
4月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
ヘルスケア系ヘルスケア系化学・電気系化学・電気系
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


ストレスチェック 計測

今、ストレスを定量的に測定できる可視化技術が必要とされています。
本セミナーでは、医学的なエビデンスに基づいたストレスの仕組み,計測・評価方法,
その回復支援方法に関して,最新の研究動向を解説します。

ストレスとがんの
可視化・計測とその回復支援技術


〜唾液マーカーの最前線〜

講師

信州大学 大学院 総合理工学研究科
生命医工学専攻 教授 博士 (工学) 山口 昌樹 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

【講師略歴】
1987年信州大学大学院修士課程修了,同年ブラザー工業鞄社,中央研究所に勤務。’94年信州大学大学院博士後期課程修了 (博士(工学))。’95年東京農工大学工学部助手,’99年富山大学工学部助教授,’08年岩手大学工学部教授,’15年信州大学教授,現在に至る。
生体工学,バイオミメティクス,ストレス科学の研究に従事。’98年度NEDO提案公募事業総括代表研究者,’01年日経BP技術賞受賞。’04年大学発バイオベンチャー企業有限会社バイオ情報研究所創業。’08年ライフサポート学会製品賞受賞。’13-15年度文部科学省概算要求特別経費「生体機能の理解にもとづく災害ストレス支援技術の推進事業」研究代表者。原著論文113編,国際会議発表89編,著書26編,成立特許国内21件・海外4件等。

【専門】
生体工学,バイオミメティクス,ストレス科学

【本テーマ関連学協会での活動】
ライフサポート学会 評議員
Sensors and Materials誌 Editorial Board Member
日本エビデンスベーストコスメティクス協会 科学顧問

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2017年2月13日(月) 12:30-16:30
●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)6階E会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・撮影行為は固くお断り致します。
●講義中のパソコン・携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■はじめに
ストレスがあふれ高齢社会に進む現在,身体のみならず心の健康を保ち,質の高い生活を維持するためには,ストレスを定量的に測定できる可視化技術が必要です。「労働安全衛生法」という法律が改正され,2015年12月から事業所にストレスチェックが義務付けられました。何のために法制度化されたのでしょうか。本当に効果的なストレスの可視化方法というのは,開発されているのでしょうか。本講座では,医学的なエビデンスに基づいたストレスの仕組み,計測・評価方法,その回復支援方法に関して,最新の研究開発動向を交えながら,将来展望します。また,現在人にとって最も大きなストレスであるがんについて,その可視化技術を紹介し,メディカルツーリズムなどへの展開を提案します。

■受講対象
製造メーカー,ヘルスケア,保険業,小売業,化粧品,香料メーカー,旅行業界,健康保険組合など

■本セミナーに参加して修得できること
「労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度の概要」,
「ストレスの可視化方法の実際」,「ストレスの回復支援方法」という3本柱について知ることができる。
また,ストレス産業への参入の切り口のヒントが得られる。

セミナー内容

1. 厚労省のストレスチェック制度

 1.1 ストレスとは
 1.2 ストレスチェック制度
 1.3 あなたは高ストレス社員か?

2. ストレスを感じる仕組み

 2.1 からだの仕組み −神経系,内分泌系,免疫系の機能−
 2.2 個人差はどこから来るのか 
   (1)アロスターシス,(2)エピジェネティクス

3. ストレスの計測

 3.1 物理計測と高度先進医療
   (1)心拍,(2)脳血流など
 3.2 化学計測 
   (1)神経系,(2)内分泌系,(3)免疫系のストレスマーカー
 3.3 うつ病マーカー

4. ここまで使える −唾液ストレスマーカーによるストレス評価事例の紹介−

 4.1 唾液採取のキット・方法
 4.2 評価事例 
   (1)エクササイズ,(2)運転・乗り物,(3)アミューズメント,(4)香り(天然香料,合成香料)
 4.3 米国の唾液ストレスマーカービジネス

5. がんの可視化・計測

 5.1 新しいがんマーカーの研究開発動向
 5.2 サイトカインのマルチ分析によるStage I の診断可能性

【質疑応答】

セミナー番号:AC170297

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

超親水・超撥水

2017年 医薬品GMP監査

失敗から学ぶ植物工場

治験薬の品質管理

二軸押出機

MW 臨床試験関連用語集

ウェアラブルセンシング

2017 車載カメラ徹底解説

基礎からの統計学

細胞培養

最新 UV硬化

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.