セミナー ヘルスケア 遠隔医療 ウェアラブル 医療 iot ai

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
1月
2月
3月
4月〜

化学・電気系 その他各分野
1月
2月
3月
4月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
ヘルスケア系ヘルスケア系化学・電気系化学・電気系
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


セミナー ヘルスケア 遠隔医療 ウェアラブル 医療 iot ai


*その他 知財・特許 セミナー、書籍一覧はこちら:

★要注目の「ヘルスケア・遠隔医療分野」をビジネスとして勝ち抜くためのヒントがここに!

ヘルスケア・遠隔医療分野における

最先端動向・情報分析とビジネスモデル検討

〜発明塾式「エッジ情報」から得られる多くの「気づき」〜

講師

TechnoProducer株式会社 代表取締役 楠浦 崇央(くすうら たかひさ) 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

 京都大学工学部機械系学科卒、同大学院工学研究科エネルギー応用工学専攻(現:エネルギー科学研究科エネルギー変換工学専攻)修了。
 1997年から川崎重工業株式会社にて大型オートバイのエンジン開発に従事。
 2002年から株式会社小松製作所にて、風力発電関連新規事業開発に従事、開発・設計・生産技術・営業を担当。
 その後、2004年に研究開発ベンチャー設立、CTO 兼ナノインプリント事業責任者。特許情報分析を活用した戦略的な技術開発・事業開発の手法を独自に開発し、実践。
 2008年にTechnoProducer株式会社設立、取締役就任(現 代表取締役)。
 「企業内発明塾」活動を通じ、特許情報、投資家向け情報、投資家動向、M&A動向などの分析から、新規事業・新規研究開発テーマの創出、投資先・提携先・M&A候補の探索などの支援を行っている。

詳細は、以下URLリンク先をご参照下さい。
Http://www.techno-producer.com/teacher/kusuura.html

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2017年2月3日(金) 12:30-16:30
●会場 [東京・東新宿]新宿文化センター4階 第1会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・撮影行為は固くお断り致します。
●講義中のパソコン・携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナー開催にあたって

 TechnoProducer株式会社および「発明塾」にて収集、蓄積している、「未来を創造し」「投資機会を探索する」ために役立つ各種情報の中から、ヘルスケア・遠隔医療分野の未来、当該分野でのデータビジネスとビジネスモデルを考える上で参考になると考えられる、最先端かつ多くの気づきが得られる「エッジ情報」を、厳選してご紹介するセミナーです。
 未来のあるべき姿や「儲かる」ビジネスモデルを検討し、投資機会を探索するために、発明塾では「エッジ情報」と呼ばれる、最先端かつ多くの気づきが得られる情報を重視し、また、活用しています。

参加者の方が、

◎ ヘルスケア・遠隔医療分野の未来の姿は、たとえばどのようなものになると考えられるか
◎ 上記において、貴社としての事業機会がどこにあるか
◎ ヘルスケア・遠隔医療分野におけるデータ活用、いわゆる、データビジネスについて

そのビジネスモデルをどのように考えればよいかについて議論するきっかけにしていただけるような情報、および、「発明塾」で得られた気づきを紹介させていただくものとなります。

今回は特に、以下の点に注目します。

◎ モバイルヘルスケア・遠隔医療分野のプラットフォームを提供している
  企業、および、そのビジネスモデルや目指している姿について

◎ 心臓、脳機能、呼吸器などについての、各種バイタルデータ収集用デバイスの最新動向、
  および、今後のトレンドに関する考察

◎ 医療分野のデータビジネスで大きな収益を上げている急成長企業の例、そこから得られる気づき

プログラム

1.イントロダクション
 1)エッジ情報とは
 2)エッジ情報にもとづく「問い」(KSQ:Key Success Question)*
 3)情報収集・経営層への報告における「あるある」と注意点
 4)遠隔医療/モバイルヘルスケアの未来を示す「重要なキーワード」は?

2.「コネクティビティ−」と、これからの医療ヘルスケア
 1)これからの医療ヘルスケアにおける「コネクティビティー」とは
 2)注目企業Qualcomm Life の「2Net」とは
 3)Qualcomm Life と HillRom を比較すると、流れが見えてくる
   ―技術やアライアンス、M&A比較など
 4)その他注目企業の紹介
 5)あらゆる領域で「IoT・AI」を提供する Optim の動向からわかること
 6)「医療IoT」「医療ビッグデータ」で、「何がどう儲かる」のか

3.遠隔医療/モバイルヘルスケアにおける「エッジ企業」動向から、予想される「未来」を問う
 1)心臓血管系
 2)脳(脳血管、脳機能)
 3)筋骨格系(脊椎、関節)
 4)末梢血管系
 5)呼吸器系
 6)他(視力)

【本パートでは】

・デバイスなど技術的な話から、取れるデータや活用シーン、知財・ビジネス戦略まで。
 様々な企業事例を挙げながら、講師の視点で紹介、解説します。
・様々な情報を基に「何が読み取れ」、「どこに事業機会がありそうか」
 講師の気づきや仮説をそこに至るまでの経緯も含めお話しします。

4.医療/ヘルスケア分野における「データBiz」を考える
 1)「データ」でなぜ儲かるか
 2)「データ」利用を知り尽くした企業の例に学ぶ
 3)医療データBizの今後の展開を示す資料
 4)「データ」を用いた儲かるBizモデルの考え方

<質疑応答・個別質問・名刺交換>

* TechnoProducer株式会社の登録商標です。

セミナー番号:AC170234

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

超親水・超撥水

2017年 医薬品GMP監査

失敗から学ぶ植物工場

治験薬の品質管理

二軸押出機

MW 臨床試験関連用語集

ウェアラブルセンシング

2017 車載カメラ徹底解説

基礎からの統計学

細胞培養

最新 UV硬化

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.