ゲノム編集 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
1月
2月
3月
4月〜

化学・電気系 その他各分野
1月
2月
3月
4月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
ヘルスケア系ヘルスケア系化学・電気系化学・電気系
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


ゲノム編集 セミナー


*その他 植物工場・アグリビジネス 関連セミナー、書籍一覧はこちら:

ゲノム編集ツールの選択から、ノックアウト・ノックインを行うまでに必要な知識・情報までを全て習得!受講後すぐにゲノム編集実験を開始できます!
★生物種・細胞種に応じたゲノム編集の実際手順を、様々な事例をもとに解説します。

明日からできるゲノム編集入門

〜知っておきたい基礎知識からその導入手順、ハイスループットスクリーニングへの応用まで〜

講師

サーモフィッシャーサイエンティフィック(株) ライフサイエンス事業本部 プロダクトスペシャリスト  北村 亮 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

1月30日 「ゲノム編集」超入門セミナー

日時・会場・受講料

●日時 2017年1月26日(木) 10:30-16:30
●会場 [神奈川・川崎]川崎市産業振興会館10階第1会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・撮影行為は固くお断り致します。
●講義中のパソコン・携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

 ゲノム編集の基本メカニズムは、ゲノムDNAの特異的な配列を切断し、その修復の過程でノックアウトやノックインが起こるというものです。
 このシンプルなメカニズムに対し、細胞に導入するゲノム編集ツールは代表的なものでもZFN, TALEN, CRISPR-Cas9と複数存在し、派生的な手法も含めると非常に多くの選択肢が存在します。
 画期的な技術であるが故に技術革新も早く、ツールや手法の選択肢の多さがゲノム編集を始める際のハードルとなっています。
 本講座ではツールの選択からノックアウト、ノックインを行うまでに必要な知識、情報を全て習得頂けるため、受講後すぐにでもゲノム編集実験を開始できます。
 基礎知識の習得から、生物種・細胞種などに応じた最適な手法および、その実際の導入手順やすすめ方・実験工程の評価・効率化法、ハイスループットスクリーニング等について、様々な具体例をもとに解説します。
 是非皆様の御実験にご活用ください。

○受講対象:
 ・これから細胞、動植物等でのゲノム編集を始める方
 ・既にゲノム編集を行っていて、ノックアウト、ノックインの効率が低くお困りの方
 ・CRISPR-Cas9によるノックアウトスクリーニングを検討している方

○受講後、習得できること:
 ・TALEN、CRISPR-Cas9によるゲノム編集の基礎知識
 ・ゲノム編集の応用事例
 ・CRISPR-Cas9によるゲノム編集に必要な試薬、技術、装置等
 ・CRISPR-Cas9による培養細胞でのノックアウトおよびノックイン手法
 ・レンチウイルスCRISPRを使用したノックアウトスクリーニング手法

セミナー内容

1.ゲノム編集の基礎知識
 1)ゲノム編集の応用例
 2)ゲノム編集とは
 3)ゲノム編集ツールの種類・特徴とその原理及び長短所

  a)Zinc Finger Nucleases, ZFN
  b)TALEN
  c)CRISPR-Cas9
 4)ゲノム編集の注意事項

2.CRISPR-Cas9によるゲノム編集
 1)CRISPR-Cas9のフォーマットによる違い

  a)ベクター法
  b)RNA法
  c)プロテイン法
  d)ウイルス法
 2)CRISPR-Cas9によるノックアウト細胞株作製の手順
  a)必要試薬
  b)ターゲットデザイン
  c)導入方法
  d)切断効率の評価
  e)シングルセルクローニング
  f)シークエンスの確認
 3)CRISPR-Cas9によるノックイン細胞株作製の手順
  a)ノックアウトとの違い
  b)Donor DNAの種類
  c)Donor DNAのデザイン
  d)Donor DNAの準備の仕方
  e)ノックイン効率の評価
  f)ノックイン効率を改善する方法

3.CRISPR-Cas9によるゲノム編集の実際手順と様々な事例
 1)生物種・細胞種に応じたツール及び手法の選び方・進め方のポイント
 2)医療応用

  a)再生医療(iPS細胞、ES細胞)
  b)抗体改変
 3)動物
  a)動物受精卵でのゲノム編集
  b)疾患モデル細胞・モデル動物の作製
 4)植物
  a)アグロバクテリウムによるゲノム編集
  b)Cas9 proteinによるゲノム編集
 5)微生物
  a)微生物でのCRISPRの使用例

4. Lentivirus CRISPRによるノックアウトスクリーニング
  a)ノックダウンスクリーニングとノックアウトスクリーニングの違い
  b)Pooled CRISPR Libraryの使用方法と特徴
  c) Arrayed CRISPR Libraryの使用方法と特徴

5. オフターゲット対策
  a)オフターゲットとは
  b)オフターゲットの解析方法
  b)オフターゲットの影響を回避する方法

6. その他のCRISPR-Cas9ツール
  a)Nickase
  b)dCas9

  <質疑応答>

セミナー番号:AC170180

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

超親水・超撥水

2017年 医薬品GMP監査

失敗から学ぶ植物工場

治験薬の品質管理

二軸押出機

MW 臨床試験関連用語集

ウェアラブルセンシング

2017 車載カメラ徹底解説

基礎からの統計学

細胞培養

最新 UV硬化

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.