細胞培養・スフェロイド化技術 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
1月
2月
3月
4月〜

化学・電気系 その他各分野
1月
2月
3月
4月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
ヘルスケア系ヘルスケア系化学・電気系化学・電気系
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


細胞培養・スフェロイド化技術 セミナー

細胞培養・スフェロイド化 (1月23日)のみ参加↓

ハイドロゲル (1月19日)、細胞培養・スフェロイド化 (1月23日)両日参加↓

★今後の進展に期待が大きい細胞スフェロイド化、3次元培養技術!
 細胞のパターニングを可能とする材料基板・表面技術や、細胞機能向上のメカニズム等について解説!

生体機能発現に向けた>

細胞培養

・スフェロイド化技術

(2次元/3次元)とその界面制御法

講師

東京理科大学 理学部 第一部応用化学科 教授 博士(理学)  大塚 英典 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

→このセミナーを知人に紹介する

1月19日 『バイオマテリアルに向けたハイドロゲルの特性制御と応用技術』とセットで受講が可能です。
講義内容はこちら→


<その他関連セミナー>

1月18日 三次元培養の現状と課題から組織工学(Tissue Engineering)へ

日時・会場・受講料

●日時 2017年1月23日(月) 10:30-16:30
※お部屋が変更となりました(1/16)
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階 第2グループ活動室 → 第1グループ活動室
 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料
『細胞培養・スフェロイド化 (1月23日)』のみのお申込みの場合
  1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円

『ハイドロゲル (1月19日)』と合わせてお申込みの場合
   (同じ会社の違う方でも可。※二日目の参加者を備考欄に記載下さい。)
  1名65,880円(税込(消費税8%)、資料・昼食(23日のみ)付
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき55,080円 ⇒割引は全ての受講者が両日参加の場合に限ります
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・撮影行為は固くお断り致します。
●講義中のパソコン・携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

 近年、生体分子、タンパク質の構造等、生物の有する特異な機能に関する研究が推進されている。
 特に創薬・診断分野では、コンビナトリアルケミストリーやハイスループットスクリーニング(HTS)さらにゲノム情報の利用といった観点から、DNA array、Protein arrayを中心としたバイオチップテクノロジーはナノテクノロジーとの融合において非常に期待されている。
 また、疾患関連遺伝子産物とそれらが関与するいかなる細胞内タンパク質群の機能変化が、いつ・どこで・どのようにして正常の細胞活動を破壊させるのか、その機構を組織・細胞レベルで網羅的に整理し、DNA/Protein array解析のみでは解決できない情報を得ることを目的に、Cell arrayさらにはtissue array研究も近年盛んに取り組まれている。
 そのアレイの応用は病態発現メカニズム解明と合理的な創薬・腫瘍マーカー・治療法・予防法の開発、環境・食品検査など幅広い分野で用いられることが期待されている。
 このように微細空間を制御した細胞培養など、空間的に細胞を配列制御し3次元培養することができれば、これまで動物実験を主体としてきた化学物質スクリーニング法を代替するハイスループットな代替動物実験への展開も可能となる。
 さらに,細胞を培養する環境を制御することは細胞の接着挙動、増殖および分化に対しての基本的な決定因子の理解や再生医療の工学的な設計にきわめて有効である。
 特に、ヘテロな細胞同士が協調、共存しあって組織としての機能を発現するという視点で、機能発現のための細胞社会の形成が肝である。
 そこで、今後の進展に期待が大きい細胞のスフェロイド化、3次元培養、共培養による細胞社会の構築とその界面設計・制御技術について述べる。

○受講対象:
 ・医薬、化粧品開発に携わっている方、材料の安全性試験に携わっている方
 ・新規参入分野に医療分野を検討されている方、細胞の長期かつ分化培養方法にお困りの方

○受講後、習得できること:
 ・細胞の生体内機能を維持できる培養指針、制御因子に関する理解
 ・分化状態を維持可能な培養基材に関する理解
 ・細胞機能計測に対する実験手法に対する理解

セミナー内容

1.細胞培養と基質材料表面
 1)細胞接着の原理
 2)細胞接着と機能状態

2.細胞工学用材料と金属、無機、高分子材料
 1)過去の研究紹介

3.様々な汎用培養容器の紹介
 1)3次元培養の重要性
 2)新薬スクリーニングにおける3次元培養の必要性
 3)ドラッグデリバリーシステムなど薬物投与法開発における3次元培養の価値

4.細胞工学用材料と高分子〜特性及び長短所等〜
 1)合成高分子
 2)天然高分子
 3)生分解性高分子
 4)分子中に官能基を有するハイブリッド型高分子

5.細胞のパターン化培養を可能とする材料基板
 1)高分子の表面修飾方法
 2)表面物性と細胞接着
 3)細胞接着しない表面
 4)非接着性表面のパターニングと細胞接着の制御
 5)細胞のスフェロイド化

6.異種細胞で形成する共培養効果

 1)細胞機能を向上するメカニズム
 2)過去の事例

7.3次元培養システム
 1)ハイドロゲルの材料
 2)ハイドロゲルファイバーの作成
 3)ハイドロゲルファイバーを用いた分化誘導培養
 4)ハイドロゲルファイバーへの強度機能ハイブリッド
 5)ハイドロゲルファイバー内での細胞遊走とスフェロイド化
 6)ハイドロゲルファイバーを用いた3次元組織の構築と再生医療

  <質疑応答>

細胞培養・スフェロイド化 (1月23日)のみ参加↓

ハイドロゲル (1月19日)、細胞培養・スフェロイド化 (1月23日)両日参加↓

セミナー番号:AC170176

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

超親水・超撥水

2017年 医薬品GMP監査

失敗から学ぶ植物工場

治験薬の品質管理

二軸押出機

MW 臨床試験関連用語集

ウェアラブルセンシング

2017 車載カメラ徹底解説

基礎からの統計学

細胞培養

最新 UV硬化

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.