CLP規則対応のラベル・MSDS作成−GHSとの比較・差異の理解と作成の実務 書籍

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
10月
11月
12月
2018年1月〜

化学・電気系 その他各分野
10月
11月
12月
2018年1月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


出版物

*その他 化学物質関連セミナー開催予定はこちら:
   ・REACH、CLP、MSDS、GHS他、最新動向を反映。

★CLP規則をしっかり理解しましょう!また、GHS・JISとの違いも理解しよう!
★今回は、初版(2011年4月)発行後に公布されたCLP規則の第2次改訂および第3次改訂についても触れている。また、国内では、JIS Z 7253:2012が新たにラベルおよびSDSを統合したとして2012年3月に発行されているが、この新しいJISとの相違についても触れている。

<2012年度改訂版>

CLP規則対応のラベル・SDS作成
−GHSとの比較・差異の理解と作成の実務−


著者

AGC旭硝子株式会社 博士(工学) 岡部 正明 先生  

【ご専門】
化学物質に関するリスクコミュニケーション、環境リスクマネジメント

【ご経歴】
1983年 AGC旭硝子株式会社入社  2002年 英国レスター大学MBA
2006年 英国スタッフォードシャー大学大学院環境学修士
2007年 技術士(環境部門)  2008年 技術士(総合技術監理部門)
2009年 横浜国立大学環境情報学府 博士(工学)
現在  AGC旭硝子株式会社CSR室勤務

発刊・体裁・価格


発刊  2012年9月27日  定価  38,000円 + 税
体裁  B5判ソフトカバー 257ページ  ISBN 978-4-905545-70-5

詳細、申込方法はこちらを参照


→配布用PDFパンフレットを見る



著者より

 2009年1月に欧州連合(EU)でCLP規制(Regulation on Classification, Labelling and Packaging of substances and mixtures)が発効した。CLP規制とは、欧州における化学品の分類、表示及び包装に関する新しい規制である。単一の物質については、2010年12月1日が移行の期限となっており、その後混合物についても順次適用されることになっている。欧州域内では、ラベルおよびSDSについてCLP規制に記載内容を合わせる必要がある。本書では、ラベルおよびSDSについての基本的な知識がある方を対象とし、CLP規則に準拠したGHSの分類及びラベルおよびSDSの作成について解説する。

 今回は、本書の初版の後に公布されたCLP規則の第2次改訂および第3次改訂についても触れている。また、国内では、JIS Z 7253:2012が新たにラベルおよびSDSを統合したとして2012年3月に発行されているが、この新しいJISとの相違についても触れている。
 本書が読者の皆様にとって、CLP規則に準じたラベルおよびSDSの理解に少しでも役に立てば幸甚である。

こんなことが理解出来ます!

★CLP規則の概要・内容、定義、分類、区分

★CLP規則に則したラベルおよびSDS作成のポイント

★CLP第2次改訂および第3次改訂のポイント

★混合物の分類についての「つなぎの原則」

★JIS Z 7253:2012との比較

目次

第1章 CLP規則とは
 1.CLP規則の概要
  1.1 REACHとの関係
  1.2 REACH 附属書Uの改訂の内容
  1.3 CLP規則の物質の移行スケジュール
 2.CLP改訂第二次ATPの主な内容
  2.1 CLP規則の前文とその解説
  2.2 CLP規則の本文の内容
   T. 一般的事項
   U. 危険有害性分類
   V. 表示書式による危険有害性伝達
   W. 包装
   X. 物質の分類と表示の調和と表示のインベントリー
   Y. 所管と執行
   Z. 共通事項と最終条項
  2.3 CLP規則附属書T〜Zの内容

第2章 CLPで使用される言葉の定義
 1.危険有害性クラス
 2.危険有害性区分
 3.危険有害性絵表示
 4.注意喚起語
 5.危険有害性説明
 6.注意書き
 7.物質
 8.混合物
 9.成型品
 10.成型品の生産者
 11.ポリマー
 12.モノマー
 13.登録者
 14.製造
 15.製造者
 16.輸入
 17.輸入者
 18.販売
 19.川下使用者
 20.流通業者
 21.中間体
 22.単離されない中間体
 23.欧州化学品庁
 24.権限当局
 25.使用
 26.供給者
 27.合金
 28.UN RTDG
 29.通知者
 30.科学的研究開発
 31.カットオフ値
 32.濃度限界
 33.区別
 34.Mファクター
 35.包装
 36.包装材
 37.中間包装材

第3章 CLPによる分類
 1.火薬類
 2.可燃性/引火性ガス
 3.可燃性/引火性エアゾール
 4.支燃性/酸化性ガス
 5.高圧ガス
 6.引火性液体
 7.引火性固体
 8.自己反応性物質および混合物
 9.自然発火性液体
 10.自然発火性固体
 11.自己発熱性化学品
 12.水反応可燃性化学品
 13.酸化性液体
 14.酸化性固体
 15.有機過酸化物
 16.金属腐食性物質
 17.急性毒性
 18.皮膚腐食性/刺激性
 19.眼に対する重篤な損傷性/眼刺激性
 20.呼吸器感作性または皮膚感作性
 21.生殖細胞変異原生
 22.発がん性
 23.生殖毒性
 24.特定標的臓器/全身毒性(単回ばく露)
 25.特定標的臓器/全身毒性(反復ばく露)
 26.吸引性呼吸器有害性
 27.水生環境有害性
 28.オゾン層破壊物質

第4章 CLP規則に対応したSDSの作成のポイント
 1.CLP規則とGHSの分類区分の違い
 2.引火性液体
 3.急性毒性
 4.皮膚腐食性/刺激性
 5.眼に対する重篤な損傷性/刺激性
 6.吸引性呼吸器有害性
 7.水生環境急性有害性
 8.CLP規則とGHS対応のSDSの注意点
 9.CLP規則のカットオフ値
 10.新規にSDSの作成が必要になるもの
 11.危険有害性説明
 12.注意書き
 13.補足ラベル要素
 14.包装等に関する特別規則

第5章 つなぎの原則
 1.つなぎの原則
 2.希釈1
 3.希釈2
 4.製造バッチ
 5.毒性の高い混合物の濃縮
 6.ひとつの毒性区分内での内挿
 7.本質的に類似した混合物
 8.エアゾール

第6章 混合物のSDS作成演習
 1.急性毒性(解説)
 2.皮膚腐食性/刺激性(解説)
 3.引火性液体(演習)
 4.急性毒性(経口)(演習)
 5.急性毒性(吸入)(演習)
 6.皮膚腐食性/刺激性(演習)
 7.眼に対する重篤な損傷性/刺激性(演習)
 8.その他の有害性(演習)

第7章 混合物のSDS作成演習回答例(第6章の回答)
 1.引火性液体
 2.急性毒性
 3.皮膚刺激性/刺激性
 4.眼に対する重篤な損傷性/刺激性
 5.その他の有害性
 6.解説

第8章 参考1 JIS Z7253 (ラベル部分)について
 1.JIS Z7253 (ラベル部分)について
 2.危険有害性を表す絵表示
 3.注意喚起語
 4.危険有害性情報
 5.注意書き
 6.製品の名称
 7.供給者名
 8.その他国内法令
 9.危険有害性情報の優先順位

第9章 参考2 JIS Z7253 (SDS部分)について
 1.JIS Z7253 (SDS部分)について
 2.化学物質等及び会社情報
 3.危険有害性の要約
 4.組成及び成分情報
 5.応急措置
 6.火災時の措置
 7.漏出時の措置
 8.取扱い及び保管上の注意
 9.ばくろ防止措置及び保護措置
 10.物理的及び化学的性質
 11.安定性及び反応性
 12.有害性情報
 13.環境影響情報
 14.廃棄上の注意
 15.輸送上の注意
 16.適用法令
 17.その他の情報
 18.SDSへの記載内容

参考文献

番号:BC120902

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

機械学習・人工知能

高分子添加剤

2018カメラモジュール

GCPシステム監査

塗膜をよくするテクニック

WLO技術・応用・市場

医薬品GMP監査員必携

データインテグリティ要件と解説

リチウムイオン二次電池

製品品質照査

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.