混合物(M)SDS作成の留意点・作成事例

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
4月
5月
6月〜

化学・電気系 その他各分野
4月
5月
6月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
ヘルスケア系ヘルスケア系化学・電気系化学・電気系
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


お申込は下記ボタンをクリック

 <入門> 混合物(M)SDS作成
         留意点・作成事例


著者

東洋紡績株式会社 加地 篤 先生

<ご経歴>
 75.3  京都大学 大学院 工学研究科 高分子化学専攻卒業
 75.4  東洋紡績株式会社 入社 総合研究所勤務
 91.6  東京工業大学 工学博士(論文)
 03.4〜 東洋紡績株式会社 環境・安全部
 03〜07 福井大学大学院 工学研究科 客員教授
 09.4〜 東洋紡績株式会社 環境・安全部、品質保証室

<主な研究・業務・活動等>
 ・高分子合成、有機分析 高分子化学構造解析(NMR)
 ・製品安全評価(PS/PL)、化学物質安全性試験(化審法対応等)、
 ・化学物質管理・MSDS作成・監修等

 ・環境省事業:化学物質アドバイザー (徳島県化学物質意見交換会(2010)派遣など)

発刊・体裁・価格

発刊  2011年10月21日  定価  7,350円(税込)
体裁  A4判変形 56ページ  

ISBN 978-4-905545-04-0(書籍)
ISBN 978-4-905545-05-7(PDF版)


※複写・配布、無断転載は固くお断り致します。
※本書はメール便(ヤマト運輸)による発送となります

電子レポートの特徴
      <画像をクリックすると拡大します>

著者の声

 化学物質の毒性やGHS/MSDSの専門家ではないが、自社製品のMSDSを作成する必要のある方を対象に、GHS対応MSDS作成のために必要な事柄を具体的な例で説明した。
 GHSの有害性項目について紹介し、混合物の場合の各項目の分類方法と分類に基づいたMSDSを作製した。
 GHS対応MSDSはこうすればできるというアウトラインがつかめる。
 GHS文書やガイドラインは量が多くて・・と思っている方にとって、「入門要素」「全体像把握」「具体的記載例」を吸収できる一冊である。

ポイント


 ■混合物の各項目の分類方法・一覧
 ■混合物の計算 JIS・GHS・CLPの違いと注意点
 ■樹脂の溶液を例に挙げた混合物のMSDS作成事例
 ■筆者がMSDS作成時によく利用する関連情報URL集と用語集付き!
  直接リンクできるCD版がオススメです!
  ⇒「実際にMSDSを作成する企業の立場」から書き下ろした一冊!

 ・危険有害性の要約記載例
 ・組成及び成分情報記載例
 ・応急措置の記載例
 ・火災/漏出時の措置の記載例
 ・取扱い及び保管上の注意の記載例
 ・暴露防止及び保護措置の記載例
 ・物理的及び化学的性質の記載例
 ・安定性及び反応性の記載例
 ・有害性情報の記載例
 ・環境影響情報の記載例
 ・営業秘密記載例
 ・廃棄/輸送の注意の記載例
 ・適用法令の記載例
 ・その他の情報の記載例




→掲載見本

目次

1.(M)SDSの概要
 1.1 関連法規制について
 1.2 (M)SDSの構成
2. GHS
 2.1 GHSの概要
 2.2 GHS/JIS/CLPについて
 2.3 GHSによる分類
  2.3.1 物理的化学的危険性
  2.3.2 健康有害性
  2.3.3 環境に対する有害性
 2.4 混合物の考え方
  2.4.1 急性毒性
  2.4.2 刺激性
  2.4.3 生殖細胞変異原性/発がん性/生殖毒性
  2.4.4 標的臓器毒性(単回曝露、反復曝露)
  2.4.5 吸引性呼吸器有害性
  2.4.6 水生環境有害性(急性、長期的影響)
3.(M)SDSの作成
 3.1 作成手順
  3.1.1 製品の化学物質の特定
  3.1.2 事前確認
  3.1.3 GHS分類
  3.1.4 原案作成
  3.1.5 作成案のチェック
  3.1.6 (M)SDSのデータベース
 3.2 微量成分、営業秘密の取扱い
  3.2.1 微量成分
  3.2.2 営業秘密
 3.3 混合物の(M)SDS記載事項
  3.3.1 ページヘッド
  3.3.2 第1節 化学物質等及び会社情報
  3.3.3 第2節 危険有害性の要約
  3.3.4 第3節 組成及び成分情報
  3.3.5 第4節 応急措置
  3.3.6 第5節 火災時の措置
  3.3.7 第6節 漏出時の措置
  3.3.8 第7節 取扱い及び保管上の注意
  3.3.9 第8節 暴露防止及び保護措置
  3.3.10 第9節 物理的及び化学的性質
  3.3.11 第10節 安定性及び反応性
  3.3.12 第11節 有害性情報
  3.3.13 第12節 環境影響情報
  3.3.14 第13節 廃棄上の注意
  3.3.15 第14節 輸送上の注意
  3.3.16 第15節 適用法令
  3.3.17 第16節 その他の情報
4. 情報の入手
 4.1 化学物質の名称
 4.2 有害性情報
 4.3 法規制情報
 4.4 GHS/JIS
あとがき

MSDS作成関連情報アクセス

用語集

番号:BC111003

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

欧米主要国の保険・薬価制度

医薬品 倉庫・輸送の品質管理

粉砕の実務

脳・生理計測と感性評価

超親水・超撥水

2017年 医薬品GMP監査

失敗から学ぶ植物工場

治験薬の品質管理

二軸押出機

MW 臨床試験関連用語集

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.