フィルムの分析評価技術:書籍

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
11月
12月
1月
2月〜

化学・電気系 その他各分野
11月
12月
1月
2月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


出版物

★IR、FT−IR、熱、X線、形態、表面・・・、各種分析と前処理技術!
★バリア性、応力、付着力、延伸、ぬれ、光学、電気的・・・、各種特性評価!
★包装用フィルム、電子材料用フィルム、光学フィルム・・・、経験に基づいた分析事例!

フィルムの分析評価技術

発刊・体裁・価格

発刊  2003年12月  定価  66,000円 + 税
体裁  B5判 371ページ  ISBN 4-901677-20-9  詳細、申込方法はこちらを参照

→配布用PDFパンフレットを見る

 

執筆者

●谷川 征男   東洋製罐グループ綜合研究所 主席研究員
●赤尾 賢一   日本分光(株) 開発部 応用技術1課 係長  
●大久保 信明 セイコーインスツルメンツ(株)科学機器事業部 応用技術部 主任
●松野 信也   旭化成(株) 基盤技術研究所 主幹研究員 理学博士
●佐藤 利文   東京工芸大学 工学部 画像工学科 助教授 工学博士
●永井 一清   明治大学 理工学部 工業化学科 助教授 工学博士
●市村 博司   神奈川工科大学 応用化学科 非常勤講師 工学博士
●石原 英昭   京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科
           先端ファイブロ科学専攻 教授 工学博士
●角田 光雄   文化女子大学 服装学部 教授 理学博士
●原口 雅宣   徳島大学 工学部 光応用工学科 助教授 工学博士
●渡邊 英紀   東京都立大学 大学院 工学研究科 電気工学専攻
           助教授 工学博士
●伊藤 義文   (株)メイワパックス 技術開発本部 取締役本部長 工学博士
●落合 周吉   (株)エス・ティ・ジャパン 研究開発部 取締役部長 理学博士
●葛良 忠彦   包装科学研究所 主席研究員 工学博士
●藤 徹      (株)トーツヤ・エコー 技術部 取締役 部長
●倉地 育夫   コニカテクノロジーセンター(株) 基盤技術研究所
           主幹研究員 工学博士
●小長谷 重次 東洋紡績(株)研究企画部 主幹
            (金沢大学地域共同研究センター 客員教授) 工学博士
●守田 幸信   王子タック(株) テープ事業部 販売部長 
           (※旧王子トービ(株) 代表取締役)
●加納 義久   古河電気工業(株)環境・エネルギー研究所
           ナノテクセンター 主席研究員 ナノテクチーム長 工学博士
●福田 雅之   帝人デュポンフィルム(株) 開発センター 開発企画室 
●田中 章    富士通化成(株) 技術開発本部 本部長 理学博士
●川月 喜弘   姫路工業大学 大学院 工学研究科 助教授 工学博士

目次

第1節 化学構造解析
    第1項 IR分析 
    [東洋製罐グループ綜合研究所 主席研究員 谷川 征男]
        1 フィルム形態の工業材料
         2 膜の形態分類と化成品の形成
         3 IRスペクトルの測定原理とIRスペクトル特性吸収帯
          3.1 赤外線吸収
          3.2 スペクトル
          3.3 IRスペクトル分析の特徴
          3.4 測定法各論
             3.4.1 IR測定共通法
            3.4.2 フィルム形態とIR測定
            3.4.3 透過法
            3.4.4 ATR法
          3.5 高分子材料とIRスペクトル解析
          3.6 無機物のIR同定
         4 ポリマー識別のための赤外線吸収スペクトル解析
          4.1 干渉縞(フリンジ)の問題
          4.2 試料の光異常分散現象
          4.3 微小点測定法
          4.4 2次元顕微IR測定
         5 IRの原理特性が生かされた特殊な測定
          5.1 ポリエチレン系ポリマーの短鎖分岐  
          5.2 重合度とIRスペクトル変化   
          5.3 成分混合と組成定量
          5.4 IRによるポリマーの構造解析
            5.4.1 立体規則性 
             5.4.2 各種ポリマーの結晶性バンド
             5.4.3 エチレン・プロピレン・/
                 EPDM共重合体中のPP、エチレン含有率定量
            5.4.4 スチレン・ブタジエン・/アクリロニトリル系共重合体
             5.5.5 エチレン系ポリマーの表面酸化処理
         6 市販ライブラリー
          6.1 IRスペクトルDB商品
    第2項 FT−IR 
    [日本分光(株) 開発部 応用技術1課 係長 赤尾 賢一]
        はじめに
        1 赤外分光法の基礎
        2 FTIRの測定原理
        3 各種透過法による試料の測定
         3.1 KBr錠剤法
         3.2 薄膜法(キャストフィルム、圧・熱延フィルム、ミクロトーム)
         3.3 ペースト法(ヌジョール法)
         3.4 液膜法
         3.5 溶液法
        4 各種反射法による試料の測定
         4.1 全反射法(ATR法:Attenuated total reflection)
         4.2 拡散反射法(DR法:Diffuse reflection)
         4.3 正反射測定法(RF:Reflection )
         4.4 高感度反射法(GAR:Grazing Angle refleaction)
        5 顕微FTIRによる試料の測定
        おわりに
第2節 熱分析 
      [セイコーインスツルメンツ(株)科学機器事業部 
                          幕帳応用技術課 主任 大久保 信明] 
    はじめに       
    第1項 DSC          
        1 DSCの原理          
         2 DSCの応用           
          2.1 DSCによる融解およびガラス転移の測定           
          2.2 DSCによる比熱容量測定       
    第2項 TG/DTA(熱重量測定/示差熱分析)         
        1 TG/DTAの原理         
         2 TG/DTAの応用           
          2.1 ポリマーの熱分解測定           
          2.2 ゴムの熱分解測定           
          2.3 TGによる反応速度論解析       
    第3項 TMA(熱機械分析)         
        1 TMAの原理         
         2 TMAの応用          
          2.1 TMAによるフィルムの伸張・収縮挙動の観察
          2.2 TAMによる膨張率およびガラス転移の測定           
          2.3 TMAによる軟化温度の測定       
    第4項 DMA          
         1 DMAの原理          
         2 DMAの応用           
          2.1 ポリエチレンのDMA測定           
          2.2 ポリ塩化ビニルのDMA測定           
          2.3 ポリエチレンテレフタレートのDMA測定       
    第5項 TG複合システム(発生ガス分析)         
        1 TG複合システムと発生ガス分析          
         2 TG複合システムの応用例           
          2.1 TG/FT−IRによるABS樹脂の熱分解          
          2.2 TG/GC−MSによる食品用ラッピング材の分析       
    第6項 湿度制御熱分析          
        1 湿度制御熱分析について          
         2 湿度制御熱分析の応用例          
          2.1 湿度制御TMAによる
              光ディスク基板用ポリマー素材の吸湿膨張測定         
          2.2 湿度制御DMAによるナイロンフィルムの吸湿特性の評価   
    おわりに
第3節 X線による解析
      [旭化成(株) 基盤技術研究所 主幹研究員 理学博士  松野 信也]  
    第1項 結晶構造、結晶性および結晶配向の解析          
        1 結晶構造、結晶性の評価           
          1.1 無機結晶と高分子の違い          
          1.2 結晶によるX線回折           
          1.3 結晶化度および結晶子サイズの解析           
          1.4 結晶配向の解析       
    第2項 ナノ構造の解析          
        1 小角散乱によるナノ構造の解析          
         2 X線反射率および反射小角散乱によるナノ構造の解析       
          2.1 X線反射率測定による膜厚、密度および界面ラフネスの解析
          2.2 反射小角散乱測定によるポア分布の解析    
第4節 形態解析/表面解析
      [東京工芸大学 工学部 画像工学科 助教授 工学博士 佐藤 利文] 
    第1項 SEM(走査型電子顕微鏡)         
        1 SEMによる薄膜評価         
         2 SEMとAFM       
    第2項 TEM(透過型電子顕微鏡)         
         1 TMAによる薄膜評価           
          1.1 TEM評価技術の進展           
          1.2 透過型電子顕微鏡(TEM)観察用試料          
          1.3 イオンミリング法による断面観察用試料作製         
         2 薄膜の断面評価          
          2.1 明視野像と暗視野像           
          2.2 積層膜、超格子膜の断面観察      
    第3項 EPMA(XMA)          
        1 EPMA装置          
         2 EPMAによる薄膜評価

第2章 フィルムの各種特性評価
 
第1節 ガスバリア性評価
      [明治大学 理工学部 工業化学科 助教授 工学博士 永井 一清]   
    第1項 ガスバリアフィルムの基礎         
        1 ガスバリアフィルムについて          
         2 ガス透過メカニズム
    第2項 ガスバリア性の測定と評価
        1 測定方法の分類
         2 差圧法
         3 等圧法(モコン法など)
         4 測定上の注意点
第2節 フィルムの機械的性質
      [神奈川工科大学 応用化学科 非常勤講師 工学博士 市村 博司]
    はじめに
    第1項 内部応力
         1 熱応力
         2 真応力
    第2項 硬度
        1 フィルム硬度測定の困難さ
         2 複合硬度からフィルム硬度の分離
         3 1/10 則の解析
    第3項 付着力
        1 付着のメカニズム
         2 スクラッチ試験
         3 付着力 と硬度の関係
    第4項 摩耗特性
    おわりに
第3節 フィルムの製膜・延伸過程における現象の分析評価
      [京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科 先端ファイブロ科学専攻 教授 工学博士 石原 英昭]
    はじめに                  
    第1項 製膜過程における現象
    第2項 延伸過程における現象
第4節 濡れ性 
      [文化女子大学 服装学部 教授 理学博士 角田 光雄]
    第1項 表面張力の測定
        1 表面張力について
         2 液体の表面張力の測定
          2.1 常温(室温)付近での測定
          2.2 高温における測定
         3 液体の表面張力の時間的変化(動的表面張力)
          3.1 表面張力の時間的変化が1秒以内のような早い場合の測定
          3.2 表面張力の時間的変化が遅い場合
         4 固体の表面張力
    第2項 界面張力の測定
         1 界面張力について
         2 液体と液体の界面張力の測定
         3 固体と液体の界面張力
    第3項 フィルムの表面張力
    第4項 ぬれと浸透性
         1 ぬれと実際問題
         2 ぬれとはなにか、そしてぬれの尺度は
         3 ぬれ、接触角の測定
第5節 光学特性評価 
      [徳島大学 工学部 光応用工学科 助教授 工学博士 原口 雅宣]
    第1項 フィルム
    第2項 フィルム試料での反射と透過
         1 単層膜の場合
         2 多層膜
         3 違方性の考慮       
    第3項 反射・透過測定
         1 測定上の問題点
         2 異方性があるフィルムの光学定数決定例
    第4項 赤外測定   
第6節 電気的特性評価 
      [東京都立大学 大学院 工学研究科 電気工学専攻 
                                助教授 工学博士 渡邊 英紀]
    はじめに 
    第1項 電気絶縁性
        1 絶縁抵抗の測定
         2 表面抵抗及び体積抵抗の測定
    第2項 誘電特性
        1 誘電特性測定の原理
         2 測定方法の選択
          2.1 基本事項
          2.2 測定回路の方式
            2.2.1 交流ブリッジ
            2.2.2 共振回路
         3 測定装置及び器具
          3.1 電極
             3.1.1 三端子電極
             3.1.2 二端子電極
             3.1.3 固定電極
             3.1.4 電極セル(電極容器)
             3.1.5 マイクロメータ電極
          3.2 測定装置
             3.2.1 低周波用測定装置
             3.2.2 高周波用測定装置
             3.2.3 標準器類
         4 誘電特性測定における誤差要因
          4.1 電極に関わる誤差要因
             4.1.1 浮遊インピーダンス
             4.1.2 縁端効果
          4.2 試験片に関わる誤差要因
             4.2.1 電極表面と試験片表面間の空隙
             4.2.2 試験片の状態調節
          4.3 インピーダンス測定器にかかわる誤差要因
         5 フィルム試料に適した誘電特性測定装置
           ―高精度・広帯域誘電特性測定装置
         6 GHz帯の誘電特性測定
    第3項 帯電性
        1 帯電列
         2 帯電現象の測定法
          2.1 表面抵抗測定
          2.2 帯電電圧の減衰測定
          2.3 摩擦帯電及び接触帯電性の測定
          2.4 その他

第3章 経験に基づいたフィルムの分析事例
   
第1節 包装用フィルムの分析
    第1項 アルミ蒸着フィルム 
         [ (株)メイワパックス 技術開発本部 
                          取締役 本部長 工学博士 伊藤 義文]
         1 アルミ蒸着フィルムのバリヤー性
          1.1 基材フィルムとバリヤー性
          1.2 蒸着膜厚とバリヤー性
          1.3 真空度とバリヤー性
          1.4 ラミネートとバリヤー性
          1.5 コーティングとバリヤー性
         2 アルミニウム蒸着フィルムの応用
          2.1 用途別構成例
          2.2 冷凍食品
          2.3 嗜好食品(日本茶等)
          2.4 液体食品やワサビ等香辛料
          2.5 冷菓
          2.6 液体洗剤
    第2項 PPフィルム 
         [ (株)エス・ティ・ジャパン 研究開発部 
                             取締役部長 理学博士 落合 周吉]
        はじめに
         1 赤外分光法
          1.1 透過法
          1.2 ATR法
         2 ラマン分光法
        おわりに
    第3項 PETフィルム 
         [包装科学研究所 主席研究員 工学博士 葛良 忠彦]
        はじめに
         1 PETの構造
          1.1 固体構造
          1.2 結晶化度
          1.3 分子配向
         2 PETフィルムの特性と構造
          2.1 光学的特性
          2.2 力学的特性
          2.3 熱的特性
          2.4 バリヤー性
         3 PET固体構造の解析
          3.1 X線回折による結晶構造解析
          3.2 電子顕微鏡による固体構造解析
         4 PETフィルムの分子配向評価
          4.1 X線回折による分子配向評価
          4.2 複屈折率測定による分子配向評価
         5 PETフィルムの表面特性評価
          5.1 接触角測定による表面特性評価
          5.2 原子間力顕微鏡による表面粗度測定
第2節 電子材料用フィルムの分析
    第1項 帯電防止フィルム 
         [(株)トーツヤ・エコー 技術部 取締役 部長 藤 徹]
       はじめに
         1 帯電のメカニズム
        2 帯電防止フィルムの分類
         2.1 帯電防止技術別
         2.2 素材別           
         2.3 用途別          
        3 使用原材料関係           
         3.1 プラスチックフィルム・シート           
         3.2 塗料、インキ、接着剤等
         3.3 紙資材関係
        4 直接帯電防止技術
         4.1 練り込み技術
         4.2 コーティング技術
         4.3 ボンディップについて
         4.4 実例とその効果
        5 間接帯電防止技術
         5.1 除電システム
         5.2 設備別
         5.3 実例とその効果
        6 静電気に関する基礎まめ知識
        7 静電気測定技術関係
         7.1 静電気測定
         7.2 表面抵抗値測定
        8 まとめと今後の方向性
         8.1 練り込みタイプ
         8.2 コーティングタイプ
         8.3 除電タイプ
         8.4 複合タイプ
        おわりに
   第2項 酸化第二スズゾルを用いた帯電防止フィルム 
        [コニカテクノロジーセンター(株)基盤技術研究所 
                             主幹研究員 工学博士 倉地 育夫]
       はじめに
        1 SnO2ゾルに含まれる粒子の結晶性と導電性
        2 感材の帯電防止性能評価技術
        3 PET用帯電防止処理下引きのバインダー検討
        おわりに
   第3項 導電性フィルム 
        [ 東洋紡績(株) 研究企画部 主幹 
      (金沢大学地域共同研究センター 客員教授) 工学博士 小長谷 重次]
       はじめに
        1 導電剤の種類
         1.1 イオン伝導型
         1.2 電子伝導型
        2 各種導電材を用いた導電フィルムの基本的特性
        3 導電性高分子を用いた導電フィルムの構成とその特性
         3.1 導電性高分子の導電剤への応用
         3.2 導電性高分子を用いた導電性フィルム
         3.3 導電性高分子複合PETシート
            3.3.1 製法
            3.3.2 特性
            3.3.3 導電層の分析
        おわりに
   第4項  透明導電性フィルム 
        [王子タック(株) テープ事業部 販売部長 
                    (※旧王子トービ(株) 代表取締役) 守田 幸信] 
       はじめに
        1 透明導電性フィルムの種類と用途
         1.1 透明導電性膜の種類と成膜方法
         1.2 透明導電性フィルムに用いられる基材フィルム
         1.3 透明導電性フィルムの用途と必要特性
        2 主要特性の測定方法
         2.1 透明導電性フィルムにおける導電膜の膜厚測定
         2.2 電気特性(表面抵抗、比抵抗)
         2.3 光学特性(透過率、反射率、散乱特性、膜厚干渉)
         2.4 加工安定性・経時安定性
        3 その他の特殊な物性と測定・分析手段
         3.1 エッチング特性
         3.2 抵抗の均一性、直線性(リニアリティー)
         3.3 導電膜と基材フィルムの密着性
         3.4 導電膜の傷・クラック
         3.5 透明導電性膜表面に対する塗工剤の密着性
         3.6 カールと寸法変化
       おわりに
   第5項 半導体製造プロセス用粘着テープの分析事例 
        [古河電気工業(株) 環境・エネルギー研究所 ナノテクセンター 主席研究員                                ナノテクチーム長 工学博士 加納 義久]
        1 半導体製造プロセスと使用されるUVテープの接着性/剥離性
        2 半導体ウエハ上への表面汚染の分析方法
        3 表面汚染の改善
   第6項 インクジェットフィルム 
        [帝人デュポンフィルム(株) 開発センター 開発企画室 福田 雅之] 
        はじめに
        1 ポリエステル記録媒体の利点 −他の素材との比較−
         1.1 顧客の記録媒体に対する嗜好性調査
            1.1.1 インクジェットプリンター
            1.1.2 インクジェット記録媒体
            1.1.3 顧客の嗜好性
         1.2 画像の嗜好に関わる要因分析
            1.2.2 白さ
            1.2.3 光沢
        2 ポリエステルフィルムの特性
         2.1 耐熱寸法安定性
         2.2 耐候性
        3 インクジェットインキ吸収層の種類
         3.1 タイプA(樹脂膨潤型)
         3.2 タイプB(空隙形成型)
         3.3 タイプC(樹脂膨潤と空隙形成の併用型)
        4 ポリエステルフィルムの製造プロセス
        5 ポリエステルフィルムの表面改質
        おわりに
第3節 光学フィルムの分析
    第1項 ARフィルム 
         [富士通化成(株) 技術開発本部 本部長 理学博士 田中 章]
    第2項 偏光フイルム 
         [姫路工業大学 大学院 工学研究科 助教授 工学博士 川月 喜弘]
        1 構造と作成方法
         2 光学特性の評価
         3 色相特性の評価
         4 耐久性
         5 新しいタイプの偏光フイルム
          5.1 バインダーポリマーを用いない偏光フイルム
          5.2 反射型偏光および散乱型偏光フイルム

番号:BC031201

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

LC-MS/MS定量分析

機械学習・人工知能

高分子添加剤

2018カメラモジュール

GCPシステム監査

塗膜をよくするテクニック

医薬品GMP監査員必携

データインテグリティ要件と解説

リチウムイオン二次電池

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.