PET樹脂のフィルム特性およびPETボトル製造法・適用事例

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
11月
12月
1月
2月〜

化学・電気系 その他各分野
11月
12月
1月
2月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


出版物

●合わせて100枚以上の図や写真を用いてPET樹脂およびPETボトルの最新動向を解説。
●バリアコーティング、パッシブバリア、アクティブバリアの製造法・適用例も学べる。

PET樹脂フィルム特性およびPETボトル製造法・適用例

著者

包装科学研究所 主席研究員 葛良 忠彦 先生

発刊・体裁・価格


発刊  2013年2月26日  定価  22,000円 + 税
体裁  B5判ソフトカバー 158ページ  ISBN 978-4-86502-004-5
詳細、申込方法はこちらを参照

→配布用PDFパンフレットを見る



本書のポイント

<こんなことが理解できる>
◎PETの構造・特性
 高分子固体構造、結晶化度、分子配向、
 バリア性、光学特性、力学特性、ヒートシール性 …etc

◎PETフィルムの配向・表面特性評価手法
 X線回折、複屈折率測定、
 接触角測定法、XPS(ESCA)法、原子間力顕微鏡法

◎PETフィルム・シートの製造法
 Tダイ法、インフレーション法、フィルム延伸法

◎PETフィルム2次加工手法
 樹脂コーティング、金属・無機膜コーティング、ヒートシール性付与、
 帯電防止性付与、耐熱性PETフィルム、熱収縮性PETフィルム …etc

◎PETボトルの製造法と各適用例

◎PETボトル成形機の動向

◎バリアコーティングPETボトルやパッシブバリアPETボトルの製造法と適用例

◎アクティブバリア技術とPETボトルへの適用例
 

目次

1.PET樹脂とは

2.PET製品の市場

3.PETの製造法

4.PETの構造
  4.1 高分子の固体構造 
  4.2 PETの固体構造
  4.3 結晶化度
  4.4 分子配向

5.PETの特性と構造
  5.1 光学的特性
  5.2 力学的特性
  5.3 熱的特性
  5.4 バリア性
  5.5 化学的性質
  5.6 電気的性質
  5.7 ヒートシール性

6.PET固体構造の解析
  6.1 X線回折による結晶構造解析
  6.2 電子顕微鏡による固体構造解析

7.PETフィルムの分子配向評価
  7.1 X線回折による分子配向評価
  7.2 複屈折率測定による分子配向評価

8.PETフィルムの表面特性評価
  8.1 接触角測定による表面特性評価
  8.2 XPS(ESCA)による表面特性評価
  8.3 原子間力顕微鏡による表面粗度測定

9.PETフィルム・シートの製造法
  9.1 Tダイ法
  9.2 インフレーション法
  9.3 フィルム延伸法
  9.4 シートの製造方法

10.PETフィルムの2次加工
  10.1 PETフィルムへの樹脂コーティング
   10.1.1樹脂コートバリアフィルム
    (a)PVDCコートフィルム
    (b)アクリル酸系樹脂コートフィルム
   10.1.2ナノコンポジット系樹脂樹脂コートフィルム
    (a)セービックス
    (b)クラリスタ
  10.2 PETフィルムへの金属・無機膜コーティング
   10.2.1物理蒸着法(PVD法)
    (a)真空蒸着法
    (b)スパッタリング
    (c)イオンプレーティング法
   10.2.2化学蒸着法(CVD法)
   10.2.3アルミニウム蒸着フィルム
   10.2.4シリカ・アルミナコートフィルム
   10.2.5有機EL・太陽電池用バリアフィルムの技術動向
  10.3 PETフィルムへのヒートシール性の付与
  10.4 PETフィルムへの帯電防止性の付与
  10.5 耐熱性PETフィルム
  10.6 熱収縮性PETフィルム
   10.6.1熱収縮の原理
   10.6.2収縮フィルムの製造法
   10.6.3収縮フィルムの種類と特性および用途
  10.7 ラミネーション方法
   10.7.1ドライラミネーション
   10.7.2押出ラミネーション
   10.7.3ヒートラミネーション
   10.7.4共押出ラミネーション
  10.8 シートの熱成形
   10.8.1PETシート成形容器
   10.8.2シート熱成形法

11.PETボトルの製造技術
  11.1 ブロー成形法の種類と特徴
   11.1.1ブロー成形の原理
   11.1.2ブロー成形法の分類
   11.1.3押出ブロー成形法
   11.1.4射出ブロー成形法
   11.1.5延伸ブロー成形法
   11.1.6多層ブロー成形法
  11.2 PETボトル射出ブロー成形技術
   11.2.1ホットパリソン法
   11.2.2コールドパリソン法
  11.3 PETボトル成形機の進歩
  11.4 PETボトルの種類とその成形法および特徴
   11.4.1耐圧PETボトル
   11.4.2耐熱PETボトル
   11.4.3耐熱圧PETボトル
   11.4.4アセプティックPETボトル
  11.5 多層PETボトルの種類とその成形法および特徴
   11.5.1共射出多層ブロー成形装置
   11.5.2多層パッシブバリアPETボトル
   11.5.3多層アクティブバリアPETボトル
   11.5.4ポリグリコール酸(PGA)系多層PETボトル
  11.6 圧縮成形によるプリフォーム成形

12.ポリエチレンナフタレート(PEN)ボトル

13.透明ハイバリアコーティングPETボトル
  13.1 有機コーティングボトル
  13.2 シリカコーティングボトル
  13.3 カーボン系コーティングボトル(ACTIS,DLCコーティング)

14.PETボトルの新潮流

15.PETボトルのリサイクリング技術
  15.1 PETボトルのマテリアルリサイクリング
  15.2 PETボトルのケミカルリサイクリング

番号:BA130202

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

LC-MS/MS定量分析

機械学習・人工知能

高分子添加剤

2018カメラモジュール

GCPシステム監査

塗膜をよくするテクニック

医薬品GMP監査員必携

データインテグリティ要件と解説

リチウムイオン二次電池

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.