PIC/S 書籍

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
11月
12月
1月
2月〜

化学・電気系 その他各分野
11月
12月
1月
2月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


出版物

PIC/S GMPガイドの特色および最新情報を記載した待望の書籍が発刊!

<最新>PIC/S動向および GMPガイドの理解と査察対応

〜概要・加盟国状況、サイトマスターファイル作成方法、CSV、今後の展開〜

発刊・体裁・価格

発刊  2011年5月  定価  38,000円 + 税


体裁  B5判 158ページ  ISBN 978-4-904080-82-5

詳細、申込方法はこちらを参照

→配布用PDFパンフレットを見る




<講演会受講者およびアンケートから集めた要望を商品化!>
■PIC/S(EU)GMPの特色とは?
■日本が加盟する意義、今後の展開などに興味がある
■サイトマスターファイルにおいて仮想工場を設定し、具体的な報告書作成を知りたい!
■PIC/Sに関する査察・CSV関連を重点的に取り上げて欲しい


<ポイント>
◎PIC/Sの最新動向・・・欧州・北米、アジア、オセアニア、ASEAN地域、日本など。
◎PIC/S GMPガイドの特色とは?グローバルスタンダードとされる根拠と解説!
◎日本がPIC/Sに加盟するメリットおよび解決すべき課題を含めた加盟に到るまでのプロセスとは?
◎サイトマスターファイルの作成方法の留意点を仮想工場を設定し、実際の作成方法の理解を深める!
◎PIC/S査察における留意点とは?
 −査察に頻度、品質管理、指摘事項とは?
◎査察決定後からの準備および査察報告書への対応方法とは?
 −事前提出資料、査察手順、査察報告書作成など。
◎コンピューター化システムに関するPIC/Sガイダンスの概要とは?
 −構成と特徴から適用範囲など詳細に解説!
 −査察の考察、チェックリストと備忘録とは?
◎PIC/Sの今後の展開とは・・・加盟国拡大のメリット、将来的な問題、EMAとの関係とは?

執筆者一覧(敬称略)

●松村 行栄(エーザイ(株)) 
●大槻 宣道(マルホ(株)) 
●山田 哲(持田製薬(株)) 
●立石 伸男(中外製薬株)
●荻原 健一((株)野村総合研究所) 
●宮木 晃(上武大学)
●人見 英明(合同会社 ヒトミライフサイエンス研究所) 

目次


第1章 PIC/S概要

第1節 PIC/Sの歴史
  1.医薬品査察協定(PIC: Pharmaceutical Inspection Convention)
  2.医薬品査察協同スキーム(PIC Scheme: Pharmaceutical Inspection Cooperation Scheme)

第2節 PIC/Sの目的、役割と利点
  1.PIC/Sの役割
  2.PIC/Sの利点

第2章 PIC/Sの最新動向
  1.欧州及び北米の状況
   1.1 欧州
   1.2 北米
  2.アジア、オセアニアの状況
   2.1 ASEAN地域
   2.2 ASEAN以外の地域
  3.日本

第3章 PIC/S GMPガイド

第1節 EU GMPとPIC/S GMPガイドとの関係

第2節 EU GMPとPIC/S GMPガイドの特色

第3節 日本がPIC/S に加盟するメリット

第4節 日本がPIC/S に加盟するまでのプロセス

第5節 EU GMP に対する改定の概要

第6節 PIC/S GMPガイド第1章のポイントの解説

第7節 PIC/S GMPガイド第1章の旧要件から改訂された箇所の要約および和訳

第8節 PIC/S GMPガイドAnnex 1の旧要件から改訂された箇所の要約および和訳

第4章 サイトマスターファイル・添付資料作成と申請手続きでの留意点
    〜仮想工場を設定して、申請資料例の作成〜

1.薬事法について
2.PMDAにおけるGMP関連調査業務(医薬品)
3.海外製造所の認定についての留意点及び状況
4.サイトマスターファイルの作成要領
5.サイトマスターファイルの作成例

第5章 PIC/S査察の実施方法

第1節 PIC/S GMPガイド/EU-GMPガイドにおける査察での留意事項
1.TGA/PIC/S基準に関する質疑応答集
2.査察に関する一般的考察
 2.1 査察のタイプ
 2.2 欠陥の定義
 2.3 その他
3.査察頻度
4.査察官の活動に関する品質管理
5.指摘事項
 (1)英国医薬品庁(MHRA)
 (2)FDA
 (3)EMA
 (4)オーストラリア政府医薬品行政局(TGA)

第2節 査察日決定後からの準備
1.事前提出資料
2.査察手順
 2.1 査察の計画
 2.2 査察の発表
 2.3 開始ミーティング
 2.4 プラントツアー
 2.5 文書の照査
 2.6 委託製造及び分析
 2.7 苦情及び回収
 2.8 自己点検
 2.9 終了ミーティング
 2.10 査察報告書

第3節 査察後の要点および査察報告書への対応方法
1.査察報告書の作成手順
2.査察報告書の草案への回答

第6章 コンピュータ化システムに関するPIC/Sガイダンスの概要
1.構成と特徴
2.目的
3. 適用範囲
4.序文
5.コンピュータ化システムの実装
6.コンピュータシステムの構造と機能
7.計画(プランニング)とライフサイクルマネジメント
8.マネジメントと責任
9.ユーザー要求仕様(URS)
10.機能仕様書(FS)
11.サプライヤ、ソフトウェア開発者及び品質管理
12.重要なQMSとソフトウェア規格の特質
13.テスト
14.バリデーション方針と優先順位
15.ソフトウェア製品分類別のGAMPバリデーション方法
16.回顧的バリデーション
17.変更管理
18.変更管理及びエラー報告システム
19.バックアップを含むシステムセキュリティ
20.データ変更一監査証跡/重要データの入力
21.電子記録及び電子署名
22.人(PERSONNEL)
23.査察の考察
24.チェックリストと備忘録

第7章 PIC/Sの今後の展開
1.PIC/S GMPが世界的標準へ
2.PIC/S加盟国拡大のメリット 
 2.1 PIC/Sの意義(加盟国の義務)
 2.2 PIC/Sの活動内容
 2.3 加盟当局のメリット
3.PIC/Sの今後
 3.1 将来的問題
 3.2 EMAとの関係
4.日本加盟のメリット

番号:BA110502

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

LC-MS/MS定量分析

機械学習・人工知能

高分子添加剤

2018カメラモジュール

GCPシステム監査

塗膜をよくするテクニック

医薬品GMP監査員必携

データインテグリティ要件と解説

リチウムイオン二次電池

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.