通信教育講座:プレゼンテーション資料作成入門〜技術者・研究者向け〜

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
8月
9月
10月
11月〜

化学・電気系 その他各分野
8月
9月
10月
11月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


通信教育講座:プレゼンテーション資料作成入門〜技術者・研究者向け〜

★各所でプレゼンテーション経験豊富な講師が贈る、プレゼン資料の作り方入門講座。
★プレゼン本来の目的である『自分の考えを相手に伝え、それを相手が理解する』そして『相手に具体的な行動を起こしてもらう』事を意識した内容構成!3ヵ月でプレゼン資料作成の武器を手に入れる!

<技術者・研究者向け>

心に刺さる
プレゼンテーション資料作成入門

講師

共創企画 代表 中條 博則 先生

講師紹介

 1976年3月 信州大学工学部電子工学科卒
 1976年4月 株式会社東芝入社 音響事業部配属 ポータブル機器回路設計
 1989年10月 ビデオ事業部 商品企画
 1991年1月 新規事業推進部 アップルMMP PJ営業技術、販促
 1994年4月 ストレージデバイス事業部 光ディスク設計部管理職
 2002年4月 セミコンダクター社 カメラモジュール開発主幹
 2014年1月 東芝 定年退職
 2014年2月 共創企画 開業
現在に至る

中條氏ご執筆 カメラ関連の書籍も好評発刊中です!

2016 カメラモジュール徹底解説
2016 車載カメラ徹底解説
WLO(Wafer Level Optics)徹底解説 スマホ〜車載〜IoTまで

開講日・受講料

●開講日 2016年11月30日(水) (申込締切 2016年11月25日)

●受講料(税込(消費税8%)):
 1名 36,720円
 2名同時申込の場合 49,680円
 3名同時申込の場合 55,080円
 4名以上同時申込の場合、1名につき、18,360円


■ 通信教育講座受講の主な流れについて →

講座開講にあたって

★受講に際して必要なソフト
 『PowerPoint 2016 / 2013/ 2010/ 2007』に対応しております。こちらの入ったPCをご準備ください。

★受講に際しての必要な前提知識
PowerPointの初歩的な操作・運用スキル
*本講座では原則としてPowerPointそのものの解説は含まれておりません。予めご了承くださいませ。

★受講対象者
 ・これからプレゼンテーションを行う予定のある初心者の方
 ・効果的なプレゼンテーション資料が作成できずお困りの方
 ・プレゼンテーション経験はあるが、どうも相手に考えが伝わっていないとお悩みの方
 ・その他、本テーマに興味のあるプレゼンテーション初級者〜中級者レベルの方など

★講座のダイジェスト:

【第1講】
 ◎なぜ日本人はプレゼンが苦手と言われるのか?日本人に合ったプレゼンとは?
 ◎プレゼンの目的を明確に。目的とは何を押さえておけば良いか?
 ◎プレゼンのゴール(成功)は相手の行動を喚起する事。成功への考え方とは?
 ◎いきなり完璧なスライドを作ろうとしない!魅力的な資料・シナリオを作るための当日までの準備フロー
 ◎資料作りに必要なデータを効率よく集める方法は?コストを掛けずに集めるには。
 ◎様々な分析ツールの特徴、向いているシーンとは?
 ◎ただデータをグラフにしただけでは見えてこない!
  「Information」を「Intelligence」にするデータ分析手法とは?
 ◎講師のデータ分析事例、スライドへの落とし込み


【第2講】
 ◎資料は1回使いきりではない!後々まで使え熟成していく「秘伝のたれ式」資料作成法とは?
 ◎魅力的なプレゼンに仕上げるために!「必要な無駄」と「本当の無駄」とは?
 ◎一見非効率な、PowerPointの描画機能でのグラフ作成で見えてくるものとは?
 ◎せっかく作るならばキレイな資料を!知っておきたい配色の調和。
 ◎誰でも見やすい!Color Barrier Freeに配慮した資料作りとは?
 ◎資料作りをワンランクアップさせる!PowerPointのおススメ便利ツールの紹介
 ◎資料作りの総仕上げ!作成したスライドをシナリオに仕立てる。


【第3講】
 ◎アニメーションはこう使う!アニメーションのメリット・デメリット。有効な場面とは?
 ◎アニメーションの設定操作はどうすればいいの?
  スライド切り替え時と、スライド内オブジェクトのアニメーション設定。
 ◎なんでもアニメーションにすれば良い訳ではない!事例を交えた「相手目線」に立ったアニメーションの使い方。
 ◎動画・静止画を取り込んで、よりアトラクディブなスライドに!
 ◎いよいよ実践!相手の心に刺さるプレゼン技術とは?事前準備も大切。必要な情報は?
 ◎スティーブジョブズから学ぶこと!ジョブズになりきる必要はないが、参考になる点とは。
 ◎時間を守るという事も、重要なプレゼンスキル!スマートなタイムマネジメントとは?
 ◎スライドを印刷し資料として配る際の注意点とは?

学習プログラム
 第1講 : 効果的プレゼンテーション資料作成の基本

1.はじめに
 1-1.まずプレゼンテーションの目的を明確にする
 1-2.プレゼンテーションの目指すゴール、そして、その実現方法とは
 1-3.効果的プレゼンテーション資料とは
  1-3-1.5W2Hに配慮したシナリオ作り
  1-3-2.「バタフライ効果」を念頭においたシナリオ作り

2.プレゼンテーション資料作成の準備
 2-1.Dataの収集方法
  2-1-1.Dataおよび加工方法の事例
 2-2.Dataの分析手法、さまざまな分析ツール
  2-2-1.傾向分析ツールを使ったスライド作成例
  2-2-2.要因分析ツールを使ったスライド作成例
  2-2-3.差異分析ツールを使ったスライド作成例
  2-2-4.因果分析ツールを使ったスライド作成例(I)
  ★Coffee Break:【商品企画の重要性】
  2-2-5.因果分析ツールを使ったスライド作成例(II)
  2-2-6.もれ分析ツールを使ったスライド作成例
  2-2-7.勝敗分析ツールを使ったスライド作成例

3.おわりに

<参考文献>

<第1講・演習問題>

第2講 : 効果的プレゼンテーション資料作成の実践

3.「秘伝のたれ式」、継続利用可能な資料作成方法
 3-1.PowerPointの描画機能を使ったグラフ作成方法
  3-1-1.PowerPointを使った対数表作成方法
 3-2.見た目が綺麗な資料作成のポイント
  3-2-1.PowerPointの便利機能の事例
  ★Coffee Break:【秘伝のたれは腐らない】
 3-3.Color Barrier Freeを考慮した配色とは
  3-3-1.あまり知られていない多様な色覚特性
  3-3-2.Color Barrier Freeに配慮した色使いとは
 3-4.スライドを印刷物に転用するための色使いとは

4.「スライド一覧」機能を利用した作成資料のシナリオへの落とし込み
 4-1.完成度がProgressiveに高まるプレゼンテーション資料作成方法

<参考文献>

<第2講・演習問題>

第3講 : 効果的プレゼンテーションの行い方

5.PowerPointのアニメーションの活用方法
 5-1.画面の切り替え時のアニメーション設定
 5-2.オブジェクトのアニメーション機能の設定
  5-2-1.ボタンを順番に表示させていくアニメーションの作成方法
  5-2-2.表示ボタンを順番に目立たせていくアニメーションの作成方法
  5-2-3.表示ボタンを順番に消していくアニメーションの作成方法
  5-2-4.動くオブジェクトによるアニメーションの作成方法
 5-3.スライド内の他のページへのハイパーリンクの仕方
 5-4.動画・静止画の取り込み
 5-5.オブジェクトクリックで他のオブジェクトを表示・非表示させる方法
  ★Coffee Bresk: PowerPointでこんなこと

6.印象に残るプレゼンテーションの行い方
 6-1.プレゼンテーションの準備
 6-2.あなたもスティーブ・ジョブズに?Free Walking Presentation Goods
 6-3.よどみない話術より、分かりやすい内容が重要
 6-4.プレゼンテーション時間厳守方法

7. 配布資料の作り方

8.おわりに

<参考文献>

<第3講・演習問題>


【補講】DBP資料を蘇らせる「Eco-Slide プレゼンテーション」の薦め

補1.DBP(Death By PowerPoint)とは?
補2.DBP(Death By PowerPoint)を防止するための“常識”と弊害
補3.既存資料を蘇らせるEco-Slideプレゼンテーション
補4. Eco-Slideの効用

おわりに

<参考文献>

セミナー番号:CP161102

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

塗膜をよくするテクニック

医薬品GMP監査員必携

データインテグリティ要件と解説

リチウムイオン二次電池

製品品質照査

量子ドット材料

GMP文書

人工知能関連の法的実務

抗菌・防カビ・抗ウイルス

欧米主要国の保険・薬価制度

2017車載カメラ【改定版】

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.