判例に見る中国特許訴訟の全貌−中国の知財実情と主要判例の徹底解説集−

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
10月
11月
12月
1月〜

化学・電気系 その他各分野
10月
11月
12月
1月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 GmpeopleGmpeople 月刊 化学物質管理Gmpeople
ヘルスケア系ヘルスケア系化学・電気系化学・電気系
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


出版物

お申込は下記ボタンをクリック


判例に見る中国特許訴訟の全貌

−中国の知財実情と主要判例の徹底解説集−


著者

河野特許事務所 所長 河野 英仁 氏

発刊・体裁・価格

発刊  2012年10月16日  定価  6,000円 + 税
体裁  A4判変 80ページ オールカラー

書籍 または PDF(CDROM)版にて提供(申込時にご選択下さい)

ISBN 978-4-905545-84-2(書籍)
ISBN 978-4-905545-85-9(PDF)

※複写・配布、無断転載は固くお断り致します。
※本書はメール便(ヤマト運輸)による発送となります。

本書のポイント

□中国の知財訴訟事情と、九つ(日本企業当事者含む)の象徴的な判例/判決のポイントを和訳・解説。

□単に訴訟概要のみならず、第一人者である著者が、訴訟から見えてくる中国知財の傾向や留意点を分かりやすく分析!

□中国の裁判所が外国や日本の知財権を保護するのか?
 判決前の訴訟情報等も踏まえた、中国知財の今を掴める一冊!


○中国における訴訟戦略
○補正範囲の解釈と補正方式・新たな指針
○最高人民法院の判決傾向
○先使用権:中国において先使用権を主張するためには? 
        医薬品分野において先使用権が認められた事例

目次


→掲載見本

はじめに

第1章 パラメータ特許のサポート要件
〜ローディア事件と富士化水事件にみる中国のサポート要件〜


 ローディア化学公司v.知識産権局特許復審委員会

1. 概要
2. 背景
(1) 発明特許の内容
(2) 無効宣告の請求
(3) 明細書の記載
3. 高級人民法院での争点:どの程度まで記載すればサポート要件を具備するか?
4. 北京市高級人民法院の判断
5. 結論
6. コメント

第2章 実用新型特許の創造性
〜組み合わせが考慮される技術領域は発明特許よりも狭い〜


重慶万馳オートバイ部品有限公司v.知識産権局特許復審委員会

1. 概要
2. 背景
(1) 実用新型特許の内容
(2) 審判および訴訟の経緯
3. 高級人民法院での争点:異なる技術分野に対応する事項が開示されている場合に、どのように創造性を判断すべきか
4. 北京市高級人民法院の判断
(1) 一致点・相違点の認定
5. 結論
6. コメント

第3章 最高人民法院による補正の範囲の解釈
〜最高人民法院による補正に対する新たな指針〜


鄭亜俐v.セイコーエプソン株式会社

1. 概要
2. 背景
(1) 特許の内容
(2) 審判および訴訟の経緯
(3) 北京市高級人民法院での判断
3. 最高人民法院での争点
争点1:第2審における「メモリ装置」の解釈が妥当か否か
争点2:請求項中の「メモリ装置」に関する補正が専利法第33条の規定に違反するか否か
4. 最高人民法院の判断
争点1
(1)「メモリ装置」の記載箇所
(2)「メモリ装置」用語の含意
(3) 意見書における原告の主張をどのように解釈するか
争点2
(1) 専利法第33条の立法趣旨
(2)「原明細書及び請求項に記載の範囲」の解釈
(3) 本件における「メモリ装置」に関する補正が専利法第33条の規定に反するか否かの具体的判断
5. 結論
6. コメント
(1) 審査基準とは異なる解釈
(2) 補正制限の緩和傾向

第4章 最高人民法院による訂正の解釈
〜最高人民法院による補正に対する新たな指針〜


知識産権局特許復審委員会v.上海家化医薬科技有限公司

1. 概要
2. 背景
(1) 特許の内容
(2) 無効審判の請求
(3) 訴訟の経緯
3. 最高人民法院での争点:無効宣告請求過程における補正が妥当か否か
4. 最高人民法院の判断
(1) 明細書の記載内容
(2) 特許後の補正形式に関する制限
5. 結論
6. コメント

第5章 中国における均等論の解釈
〜均等論の解釈と環境技術に対する差止の拒否〜


深セン市斯瑞曼精細化工有限公司v.深セン市康泰藍水処理設備有限公司

1. 概要
2. 背景
(1) 特許の内容
(2) 被告らの行為
(3) 広東省深セン市中級人民法院への提訴
(4) 被告の無効審判請求
(5) 中級人民法院の判断
3. 高級人民法院での争点
争点1:均等侵害が成立するか否か?
争点2:被告Yは善意の使用者であり損害賠償責任を負わないか?
4. 高級人民法院の判断
争点1
(1)イ号製品と請求項1に係る発明との対比
(2)中級人民法院の判断
(3)高級人民法院の判断
争点2
5. 結論
6. コメント
(1) 均等侵害が成立しやすい点に注意
(2) 公共の利益を考慮した差し止め請求の否定

第6章 中国大手電気メーカ同士の訴訟 2011年度十大事件の一つ
〜エアコン制御方法特許権侵害訴訟事件〜


珠海格力電器股?有限公司v.広東美的制冷設備有限公司

1. 概要
2. 背景
(1) 特許の内容
(2) 訴訟の経緯
3. 高級人民法院での争点
争点1:被告は方法特許の使用者といえるか否か
争点2:被疑侵害品は本件特許請求項2の全ての技術特徴と同一または均等の技術特徴を含むか否か
争点3:損害賠償額の算定が妥当か否か
4. 最高人民法院の判断
5. 結論
6. コメント

第7章 現有技術の抗弁
〜現有技術抗弁における実質的相違の解釈〜


区徳健v.トスカ株式会社

1. 概要
2. 背景
(1) 発明特許の内容
(2) イ号製品
(3) 訴訟の経緯
3. 高級人民法院での争点:被告の現有技術の抗弁が成立するか否か
4. 北京市高級人民法院の判断
(1)現有技術の抗弁に関する司法解釈
(2)米国特許の内容
(3)米国特許とイ号製品との対比
5. 結論
6. コメント

第8章 中国における間接侵害
〜一部品を欠く場合の侵害認定〜


約克広州空調冷凍設備有限公司v.張委三

1. 概要
2. 背景
(1) 特許の内容
(2) 訴訟の経緯
3. 高級人民法院での争点:構成要件の一つを欠く場合に特許権侵害が成立するか否か?
4. 高級人民法院の判断
5. 結論
6. コメント

第9章 中国における先使用権抗弁の成立要件
〜どのような証拠が先使用権の抗弁主張のために必要か〜


江西銀濤薬業有限公司v.陝西漢王薬業有限公司

1. 概要
2. 背景
(1) 特許の内容
(2) 訴訟の経緯
3. 最高人民法院での争点:医薬品の生産許可申請を行っているが生産許可を得ていない状況で先使用権が認められるか否か
4. 最高人民法院の判断
5. 結論
6. コメント

第10章 現在進行中の訴訟情報 iPhoneアプリに対する特許訴訟
〜音声処理技術に関する特許訴訟〜


上海智臻ネットワーク科技有限公司v.Apple

1. 概要
2. 特許の内容
3. Apple(被告)の製品と訴訟の提起
4. 日本企業の注意点

おわりに

番号:BC121004

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

雑誌 GMPeople

ウェアラブルセンシング

基礎からの統計学

細胞培養

最新 UV硬化

CDISC

凍結乾燥

人工知能・機械学習・深層学習

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要プライバシーポリシー通信販売法の定めによる表示リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.